cry

それはある日突然に・・・

英語Terakoyaです。

急に左上腕部がひどく傷みだし、服の脱ぎ着すら痛くてできない

前に体を倒しただけでもその部分が締め付けられるように傷む…どんどん痛みの頻度が増す。。。

以前40肩になったことはあるけれど、それとは明らかに違う

一晩空けて、パソコンの前に座ったら、

左てをパソコンのキーボードの上に持ってくるのに、右手を添えてもってこないとできない始末、

顔は猫のように片手で洗い、脱ぎ着はままならず、ブローもかたほうしかできない、で完全に要介護状態

最初は”何で急に?”とわからなかったほど。。。

 

でもよくよく考えると

”え、あれ?”というようなショックな原因が・・・・

 

2週間ぶりにDVDで30分運動した翌日、左上腕部にかるい筋肉痛、とてもかるいものがあったのですが、

軽い筋肉痛なら、動かした方が、シャキッとするし、と思い、翌日もやったのです。

そうしたらその翌日この始末。。。。

 

つまり、それは筋肉痛ではなかったのですよね、なにかしら筋を損傷していたのに、そのうえにまたやったものだから。。。。

病院で

「肉離れでしょうね。ほかの症状をみてもレントゲンをとるまででもないですね。」

と腕をつるサポーターを装着されました

 

気分は若いつもりでも、体は確実に年をとっていて、こんなことになってしまうんだ、というのを

非常な痛みをもって思い知らされました。痛いし、悲しすぎる。。。。

 

サポーター姿をファミリーLINEに投稿すると

「太極拳の剣の振りまわしすぎやろ、それしかかんがえられない」by 長女

「デブやん!」by 長男

→どういうこと?ときくと、彼もサッカーをやっていたころ、しょっちゅう、肉離れを起こしていたのですが、だいたい肉離れを起こす時って、デブッテるときがおおかった、ということらしい。サッカーの場合は、足ですから、そりゃ、体重が負担、というのもわかるけど

いやいや、また肉離れ?って、そのたびに病院に連れていくは母、ちょっと迷惑気味に言っていましたが、こんなに痛いものとはしらなかった、ごめんよ~、と今とても申し訳なく思っています。

「中華の食べ過ぎちゃうん?」by 次男→全く意味不明のコメント、食べ過ぎはあんたやろ!

とまあ、わけのわからぬ姉兄のコメントに

「ふっ」と馬鹿にした笑いを浮かべた末っ子。

もう、私の手となり、本当によくしてくれました。

家事はもとより、髪もかわしてくれるし、服を着るのも手伝ってくれるし、ホントやさしい

朝早起きして、自分のお弁当も作り、主人の朝ごはんの用意までしてくれました。しかも、いつも起こさないと起きないのに、逆に私を起こしにきたほど。

(夜中も寝がえりの時に痛くて目が覚める始末で、睡眠不足気味)

「ホンマ、介護やん、これ!」

といいながら、かいがいしく私のお世話をしてくれました。

将来、看護師を目指す彼女、やはり、素質あり!とみましたよ

ありがとうね~

 

治るのに、しばらくかかるそうです。。。。ああ、悲しぃ。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です