259AF3CE-4A73-4A4E-A24A-70858D95B246

また今日も眠れないのか、もういい加減にして!母倒れそう

英語Terakoyaです。

トロント行き飛行機の遅延、荷物の遅延、バスの遅延でほとんど寝れなかった私。

特に荷物、ナイアガラにいる間に届かなかったら、と考えると。。。

無事荷物が届き、トロント観光も予定通り、スムーズに回り、ここではコンドミニアムに滞在、

金融街のど真ん中にある48階の部屋から見る夜景はとてもきれい、しかもlake viewも!

あ~、今日こそは安心して眠れる♡

 

が、とんでもないことに。。。

あまりの寒さに、夜の夜景はパスする、と言ったら

「じゃ、こっちの大学に行ってる子にあってくる!」

と夕食の後でかけていきました。トロントはとても落ち着いた上品な都会ですし、中心部なので治安も良し。

10時過ぎに帰ってきたかと思うと、

「さっきカバン持ってなくて、友達に財布あづけたままかえってきた!今からもらいにいってくる!」

とまたすぐ飛びだしていきました。

すぐ帰ってくるのかと思ったら、帰ってこない、一時間近くたつのに帰ってこない

メッセージを送っても既読になら無い・・・

つのる心配。。。

今回のカナダでは、飛行機の遅延で空港でwifiを借りることができず、結局wifi ナシで過ごしたので、彼とのコンタクト手段はwifi環境下でしかないんです。

もし、1時や2時になってもかえってこなかったら、警察に言わないといけないだろうけど、電話もないし、エントランスのセキュリティに泣きつくしかないよな・・・・

それで~、とその後をシュミレーションしだす。。。。

長い長い時間が過ぎました。。。

そして

。。。

。。。

帰ってきました、飛び出して2時間後、夜の12時半すぎ!

 

「連絡くれた時、友達けっこう遠くまで帰ってて、行くのに時間かかった。帰りはuberで帰ってきたけど」

雷を落とす私に

「ごめん、お母さん心配してるやろうな、と思ったけど、wifiなかったし、連絡できへんかった」

「友達の電話借りるとか、いくらでも手段はあったよな?」

「そうだけど、ごめん・・・・」

 

ぇぇ、私は悪夢再びで、思いだしましたよ、あれは2年前。

上海に、彼の仲良し二人が日本から来てくれました。外灘にいって、もう帰ってくるか、と思って待つものの、一向に帰らず、電話も繋がら無い・・・

心当たりの場所へ主人が探しに行く・・・

最悪を想定して、二人のご両親にどうやってお詫びをしたらいいのか、などなど、心臓が凍り付く思いで数時間を過ごし、

帰ってきたのは、真夜中2時過ぎ。

普段温厚な主人がさすがに怒りましたよ

「お母さんが、どんだけ心配したと思うてんねん!」

 

彼は出て行ったら鉄砲玉のようなところがあり、こうやってハラハラさせられることがあったのですが、

まさかカナダにきてまでやられるとは思いませんでした

 

楽しぃ旅行中のハズなのに、この時すでに、多発するトラブルのために、私は胃を壊しかけていました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です