イミグレでの見たことない光景と不可解な質問

英語Terakoyaです。

浦東空港に着いたのは夜の9時半ごろ。

国慶節最終日、どうせイミグレ並ぶよな〜

といったら、まさかの見たことのない光景がそこに!

中国人の方は人います、がforeignerの方へ行ったら、まさかの

待ってる人ゼロ”

状態で、目をこすったほど!

そしてイミグレのお姉さん、

中国語で「中国語話せる?」というので

おこがましくも「うん」と答えると

「出身どこ?」と謎の質問。

あーた、その赤い私のパスポートを手にしながら、なんてこと聞くの?

「日本」

すると「日本。。。」(ふ〜ん、という空気を漂わせる)

で終わり。

何やってん!

というか、あんたイミグレの人間やろ、英語で喋らんかい!

 

末っ子はといえば、「お兄さん、満面の笑みでやってくれたで」

そして荷物を取りに。。。。

なっかなか荷物が出てこなかったけど、さすが一番後にチェックインしただけあって、出てき出したらすぐに出てきました。

 

夜7時過ぎの便だと、日曜日の半日以上は過ごした後でフライトだし、この時間、こんなにガラガラなら、これから、これもありかも〜

 

とにかく、今回も駆け抜けて、最後、乗せてもらえない、という冷や汗かきながら,今回の一時帰国も終了。

facebookの春日大社の投稿を見た友人が

「帰ってるん?いつまで?」

とメッセージ。そりゃ昼ごろ春日大社から投稿してたら、おると思うよねえ〜

「ごめん、もう、上海ついた」

今度またゆっくりね〜(^_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です