ショックなこと、悔しいことがあった時

英語Terakoyaです。

 

そんなときは、

わあーっ!と泣いて、大好きなものをいっぱい食べて、そして寝る!

涙は思いを浄化するものだから。

 

そして、寝て起きたら、過ぎてしまったことをもう思わない。

そこはどうにもかわらない。

かわらないところに「たら、れば」で考えることは無意味。

だったら・・・・

時間もったいないんで

 

”これからどうしたらいいのか?”

そう、

変えられる、これからを変えることにフォーカス!

その悔しい思いを悔しいままに終わらせないように、どうするか、そこへ思考をもっていきましょう!

 

結局、悔しいこと、つらいこと、大変なことは、

その人をステップアップさせるために

おこってくるのだとおもいます。

だから、試練なのかもしれないけど、

「あ、成長の機会きた!」

ぐらいの気持ちの切り替えで、前向けるような人間に

わが子を育てていきたいと思います。

 

もちろん、性格もバラバラだから、一様にはいかないけど、

その子なりのやり方で、できると思うのです。

 

私自身、こんな風に考えれるようになったのは、本当にいろんな経験をしていまやっとなので、

そんなたやすいことではないこともわかっています。

 

でも、子供たちが成長する過程で

「そういえば、お母さんが、こんなこといってたな、こういうことか」

って思ってくれるときがくるといいな、

と思っています。

 

”悔しいを悔しぃままでおわらせない、自分の成長につなげていく

これです😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です