ツアーに参加して勉強になりました

英語Terakoyaです。

こういうツアーに参加すると、思わずガイドさんに注目してしまいます。ガイドデビューを目論んでいる私としては(笑)

観光客目線で、どういうガイディングが良いのか、を。

正直、歴史などを長々と説明されても、何と無く聞き流して、ちょっと飽きてきたりする。

 

他の観光客見ても、長々とガイドが歴史説明などしているときは、聞いてない人多し。

それよりも、目に入るものに、「あれなに?」「どうしてそうなの?」という疑問に答えてくれる方がより、楽しみが深まる気がします。

あとは適度なユーモアですよね。今回は、我が家にしては珍しく〜年末、しかも6人一個隊ということを考えて〜、このあと二つのツアーに参加したので、

3人3様のガイドを見ることができ、なかなか参考になりました。

 

そして、早速それを、元生徒さんにもフィードバック。

 

彼女は4月から東大寺近くの日本庭園の定点ボランティアガイドをします。

その学校の先生からいただいたい原稿がとにかく長い!15ページもある!

実際、これをスラスラ話せるわけではないので、30分のガイド時間を考えたら、本当に必要なところだけをピックアップする必要あり。

どれがキーワードか?

 

30分、観光客が飽きない要するには、どうしたらいいか?など私になりに思うこともアドバイス。

 

全国通訳案内士の資格を取ると、最近増えている、ガイドと観光客のマッチングサイトのようなところから

”登録してください”とよくメールがきます。

 

そこで、他のガイドさんのガイドツアーなどの内容を見せてもらったりしていますが、たくさんある中から選んでもらうのは、かなりのオリジナリティを出していかないと難しいんだろうな、と眺めています。

 

この道、○十年などという方も多くいる中で、他にはないプラン。。。う〜ん。。。

 

訪日外国人観光客が急増、ついに3000万人を突破したいま、ガイド不足が言われています。ある意味、いい時期ではありますが、

色々と考えて、準備が必要だと思われます。。。。

少なくとも海外に住んでる間は、ハードル高いでしょうねえ。。。。でも、考えて、調べることはできる。。。。

 

今やれることからやってみよう、と思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です