piano

ピアノ再開しました

英語Terakoyaです。

受験前、いや、正確には中2の12月の発表会いらい、ピアノはお休みしていました。もうこののママ辞めるのかなぁ、とも思っていたのですが、

受験が終わったらやりたい、ということで、引っ越し先の近くに、友人が先生を紹介してくださり、入学から一か月たって、少しおちついてきたところで再開となりました。

先生は3人目。それぞれの先生、全く違うタイプで、今の先生は10年以上こちらで、日本人以外の生徒さんがほとんど、という方。

次男も弾いていた、ベートーベンの”悲愴”が、かっこいいから弾きたい、とそれの練習をぼちぼちと。

中2で弾いていた、ショパンンの”軍隊ポロネーズ”を弾いたところ、先生が

「これ、6月の発表会で弾いてくれない?」

えー?????

高校最初の定期テストは週末を挟んであるのですが、発表会,もろ、その週末(~_~;)

 

要領のいい子なら、それも可能でしょうが、末っ子、かなり要領わるし。人よりも時間をかけなければいけない…。そんな余裕あるとは思えない。。。。

が、本人

「出たいです!」

えー????

「もう弾けてるんだから、当日、ちょっと弾きに来てくれる感じでいいから。ドレス着てね」

え???ドレス???

いえいえ、もう、このサイズのドレスはないですよ、音大めざすような人なら、ドレスきて、もありかもしれないですけど

「ないです、制服で」

「えー、制服で軍隊ポロネーズはないでしょう。ドレスですよ~」

と先生かなりのテンション。。。

 

ちょうど主人が日本出張、ぽちすれば間に合わないこともないけど、やはり試着して買いたいし、ドレスというより、ちょっとしたフォーマルな席でもきれるようなものを また今度一次帰国した時に、買おうかな、

ちゃんとピアノの練習していればですけどね( ̄▽ ̄)

なんたって、次男との決定的違いは、

”とにかく練習しない”

ですからね。。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です