中国語学習者が減っている理由って(*_*)

英語Terakoyaです。

中国語の学校の校長と話した時です。

「最近、日本人や韓国人の奥さんたち、中国語を勉強する人が減っていて、生徒がとても減ってるのよ」

と。へえ~、そうなんだ~

「みんな、中国語を勉強するより、運動したり、趣味をする方がいいみたいで」

とも。ほお~、確かに、習い事している人おおいもんなあ~

太極拳でも、終わるとすぐに次の習い事へ行く人達もいるもの、すごいパワーだ!

校長いわく

「中国語を使う必要性が減ってきたからだとおもう。」

そうよね、スマホ一つあれば、食事や食材、その他日用品まで瞬時に配達してくれるし、

お店の予約や、クリーニングの宅配も、クリック一つでできちゃう便利さなのでね~

 

しゃべる必要なし💦

「2,3年で国に帰ったら、もう中国語は使わないんだからね」

と寂しそうに校長。

「いや、今、いろんなところで、中国語できる人材、日本では必要になってきてるのよ~、観光客増加につき」

と私。

でも、これって、結局接客レベルまでできなくてはいけないので、相当時間やらないと身につかないレベル

まあ、そんなこんな原因で減っている模様。。。。

 

で、ちょっと調べてみた(暇人か?)

世界のもっとも話者が多い言語(第2言語話者も含む)

堂々の一位!

1.中国語 10億5100万人

2.  英語    8億4000万人

だそうです。。。。(いろんな統計があると思うので参考までに)

だから、中国語できたほうが、旅行するときに便利?

この二つできたら、大概の所で暮らせるんじゃない?(誰が暮らすんだ???)

 

どんなに中国語学習者が減ろうが、私はほそぼそと続けたいと思います。。。

校長頑張れ!!(って、私は通ってないけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です