airplane ticket

今月あなたに会う予定はございませんでしたが😢姉さん、また事件です!

英語Terakoyaです。

長女長男が来ての、久々の家族5人(一人欠席(笑))で、食事に出かけようとしたとき、まるで自らの存在をアピールするかのように、次男からチャットが。。。

???!!!!!!!!

年明けから滞在予定にしていたエクアドルの友達の家が、急にダメになった、と。

えー!

事情はきいたけど。。。

だから、のこり20日間ほどを、シカゴまで戻って、安い宿見つけてすごすか、、、、と。

何でも、大学のドミトリーは、冬休み前の申請で、一応問い合わせてみたけど、だめなそう、ホストマザーにも聞いてみたが、家族で過ごすので自宅にいない、ということ。

え、まさかの上海?

なんだか去年のヨーロッパからの上海の時と同じではないか??

ところが、そうなるとノービザで滞在することができる15日を超えないように到着出発日を調整しなければならない。

と、頭の中は一気に調整が入ったのですが、そこへ、一抹の不安がいきなりでてきた。。。

「書類にサインは貰って出国したんだろうか???」

今までは出国する時に必ず確認していたのだけど、今回は、自分のテストが終わって心が落ち着かない時だったので、確認なんてわすれたー

もし、これにサインをもらって出国していなければ、あれですよ、再入国できないという恐怖の書類ですよー

ドキドキで返事を待つ➡大丈夫、とのこと。この時点ですでに消耗気味の母

 

 

何度とっても乗り継ぎairチケットの予約って、ドキドキするんです。。。。

 

「○○(長女)△△(長男)はいつ日本帰るん?」

「○日。」

「えー、あえへんやん!」

「あなた、今回そのために上海に戻るんじゃないよね?どういう状態かわかってるよね?」

 

主人がぼそりと

「お父さん、なんぼ働いても、全部子供らの飛行機代に消えていくやんか・・・」

おっしゃる通りです。。。

 

しかし、実はもう一つ大事なことをこの時点では思いもしていませんでした💦

 

奴が動くと必ず何かが起こる

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です