アカテナンゴ1

命の危険を感じた。。。

英語Terakoyaです。

ただいまお騒がせ次男滞在で、毎日騒々しい。。。

家に着いたらすぐに

「しばらくピアノ弾いてなかったからピアノひきたい~」と

すぐにピアノを弾きだしたと思ったら

「このピアノ音悪い!調律してる?」

「秋にしたけど30分で終わる”なんちゃって調律”だからしかたないよ」

 

そして私の顔を見た瞬間、南米でのことを怒涛のように話しだす(しゃべりだしたらとまらないうちの息子二人とも)、そしてその話をきいてまたまた背筋の凍る私・・・・

この前のL.Aの話しで凍ったばかりなのにまたかよ!

 

グアテマラでアカテナンゴという標高3900mほどの山に登ったのは聞いていました。*富士山が3776mであることを考えるとわかりますね、いかに高いか

夜に火山から溶岩が出ている美しさには感激した、と。

ところが、ここまで高い山とは思ってなかったようで、軽装備

途中泊のテントは凍死寸前に寒かったとか。

 

のぼる道、すぐ横は何もない断崖絶壁、少しでもよろけたら

”これ、死ぬやん”

と死を意識した、と

”なんでこんなところ登らせんねん?”

と思ったけど、そこに行ってしまったら、とにかく登るしか選択肢はないですからね。。。。

強風も吹いていて、しっかり足を踏みしめて登らないと、よろけたら、そしてしんどくてもとまってしまったら、一巻の終わり、そう思って、必死に登ったそうです。

後から聞いて冷や汗もんの体験ばかりですが、五感で色んな体験を若いうちにして

それを今後の自分の仕事や生き方に、反映させていってくれたら、と思います。

が!

旅行は計画的に!!お願いしますよ!

 

 

アカテナンゴ sunriseアカテナンゴ2

彼のこのゆきあたりばったりの旅行の様子を聞いて、アメリカでのプランは彼に任せてはいけない、と危機感を持った母でした。

これからtrip advisorのサイトなど参考にしながら、ある程度こちらでプランを組まねば、です(~_~;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です