え?!寝坊した!?フライト間に合う?

英語Terakoyaです。

今回上の二人は仕事納めからの、現地集合。

が、長男から、喉痛いし、吐き気もある、とチャット。

朝六時前には家を出ないといけない計算。一瞬、体調悪いし大丈夫かな?電話しようか?とも思ったけれど、まあ、と放置。

そして翌日なぜか目が早くさめると、

“これJALともANAとも書いてないけどどっち?”

 

と当日朝に長女よりチャット。

NHはJALですが

(母は何度も予約確認書を送ったが?ま、見てないな⤵︎)

 

彼女は高校までは国際線に乗っていたけど、そのころは予約票みたいなのをカウンターで見せていた時代

いまや、パスポート見せればいいだけだし、それにとにかく慣れていない笑

はじめて海外旅行に行く様な発言、やめてください…..

するとお次は、

“寝坊した”

と長男。

長女の電話で飛び起きたらしい。つまり、それが無ければ恐らくアウトだった

1時間半前ぐらいに着いたらしいけど、意外なことに、幸いにも年末だというのにカウンターは混んでいなかった様で。

(おかしいな、昨日行った観光地に、日本人たくさんいたけどなあ…)

時差二時間、朝4時半過ぎから指示を出し対応に追われる母でした(笑)

 

気になるのは.、滞在先もかなり寒くなり最高気温が11度なんて日もあるから、着るもの考えて、と言っておいたのに

 

“荷物めちゃ軽い”

という長男の言葉です。寝ぼけて飛び出して…

 

まあ、着けばあとはどうにかなりますから

やはり、我が家はどこに行くにも珍道中

 

しっかりしてくれ

 

我が家の長男長女

 

P.S.この一連のやりとりを見た次男、一言

 

“わろた”

そりゃ、トランジット、何回すんの?というぐらいのフライト

空港泊、あさ五時チェックイン、なんていうのも普通にやってる彼から見たらね😓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です