尾行?の後は、地下鉄職員とwechatを交換するの巻 (1)

英語Terakoyaです。

 

いつものようにアピタでお買い物をして地下鉄の駅に向かう道中、前方に

見覚えのある方が!

が、隣には女性!

帰任される先生だ。。。次男もお世話になった先生だったので、最後一言お礼を言いたかったなあ、という私の気持ちが通じたのか?

だけど隣には赤いコートを着た女性が。。。

単身赴任で来てはったよなあ〜、と色々考える私(上海に4年半も住んでいると、いろいろ目にしますので

 

末っ子にチャット

私「お子さんかもしれん」

娘「女の子はおらんで」

私「

娘「奥さんかもしれんやろ、引越しの手伝いにきてるとか」

私「え、でも赤いコートきてる。。。(年齢的にあまりきないかも、という意味)」

娘「声かけなさい!」

私「でも、、、、」

娘「思い切ってかけなさい」

でもかけれぬまま、抜かせぬまま、後ろを歩く。。。

が、予想外に、先生、真面目に、肩からかけてる小さなバックを荷物検査に通した

つまり、止まった、、、目があう可能性が出てきた

ええい、声をかけよ!お礼を言わないと後悔する!

と思い切って声をかけました。

赤いコートがお似合いの気さくな奥様でした

そこでしこたま立ち話をして、とにかくお礼が言え、お別れの言葉も言えて、よかったよかった、

すっかり遅くなった、はよ帰ろ、と家のある駅まで戻りました。

ところが早く帰るどころか、の事態に・・・・

長くなったので続きは明日

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です