DAA37268-FB5D-460D-AA49-4C19902B26B5

数十年に一度の大雨を経験して

英語Terakoyaです。

 

今回の大雨。

ずっと地元に住んでいるお年寄りでも、

”こんな雨は初めてだ”

という、大雨。

 

なんで、地元を離れて何十年、さらにいま日本に住んでいないわたしが

この状況に遭遇したのか?

 

さらには台風による欠航にもあい、でも帰国したのは母のオペがあるからですが

身近にここまでの災害を感じたのは、阪神大震災以来です。

 

ちょうど父の命日の直前ということもあり、実家にお線香をあげに戻り、実家の無事も確認できました。

⚠️実家はとても田舎で、町内の一番上にあり、だだっ広い家に夜中に一人はかなり怖く、叔父の家に滞在したのです。

 

こんな大きな災害を経験し、でも、変わらぬ母や叔父叔母の愛情を感じ、

なんだかとても心を揺さぶられる一時帰国となりました。

きっとら変わらずそこにあるものと、かわらずそこにある筈のものが一瞬にして失われてしまうことの

間に、言葉に表せない何かを感じたからでしょう…

 

 

我が家は、いま、日本、中国、アメリカと離れ離れに暮らしています。

 

アメリカは今までにない規模の山火事が常習化しているようです。

 

幸いにも次男のある州はその害はなく、冬寒すぎるだけー次男に言わせれば、それが災害だ、とーですし、

関東に住んでいる上の二人のことは、地震のあるたび心配です。

 

だから、

 

 

家族が離れていても無事で生活していることが、当たり前ではなく、

実に有難いことなのだ、

と心底感じ入りました。

 

被害に遭われた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々が、すこしでもはやく元の生活に戻れるよう願っています。

 

PS. 上海に降りたちホッとしたところへ、わたしを英語講師として採用、育ててくださったスクールのマネージャーさんが

“ご実家大丈夫ですか?”

と、わざわざメールをくださいました。

もうやめて四年も経つのに覚えていてくださってこうやってメールをくださることにも感激しました。

改めてよい方に拾って育ててもらったんだなあ、と思いました。

なんだか気持ちが凹んでる時に、こういう心遣いは、余計泣けますね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です