病院で拷問にあう。。。

英語Terakoyaです。

肩、背中、腕の痛みと凝りに耐えられず、初めての電気鍼治療へ。

一度では効果がなく(太極拳の老师も、一度じゃ効果ないから、4,5回行けばよくなる、といっていた)

2回目。。。。先生は、台湾人の気さくな、でもちゃんと説明してくれる中医のドクター

まずは電気鍼。前回は弱めの電気だったのか何も感じなかったけど、今回はぴくぴく、チクチクする程度までアップ。けど、これは大丈夫

前回より時間延長(~_~;)

次、強い空気圧をつぼや患部へ連打。これ、結構きつい!圧がすごいので。部屋の外からその音を聞くと、道路を掘削するあの音と同じ!

(うちの前の道も、ずーっと昼夜を問わず工事中で、毎日聞いているぁの音だ!)

前回より、連打する範囲広し。

 

そして最後かっぴんぐ!

一度だけやったことあるけど、その時は、こんな状態ではなく、●肩の症状だったので、そんな痛い思いではなく。。。

「痛いですが」

と前おきされたけど

ギャー、やめてー、痛い、痛い、痛すぎる!

と心で叫びましたよ。

「大丈夫ですか?」

「いたいです・・・」

というのが精一杯。でも、痛くても早く治ら無いといけないので我慢し続ける

「我慢強いですね」

「子供4人産んでますから・・・」-なんてジョークが言えたのは施術後のこと。

 

写真を撮りましょうか?といわれたけど、すごそうなので、断る

終わったのは一時間半後。。。うつ伏せになり、ひたすら拷問を受けていた気分。。。

「ひどい状態?」

と聞くと

「う~ん、ひどいねえ」とドクター

 

他の方の写真を例で見せてくれて、最初はこうで、何日後にはこうよ、と。

効果は男性の方がでやすいので、男性なら3,4回、女性は5,6回受けれるとよくなるよ、と。

その写真も結構だけど

「これよりひどい?」

「ひどい。もっと黒くなってる。。。。でも、これは体の内部の毒というより、 悪い”気”だから、こういう治療して、排出していけば大丈夫だから」

とにっこり。そしてココアをもってきてくれる。

ココアなんて久しぶりに飲んだけど、この、激しい疲労感の体には糖分補給は必須だったかも💦

今日は冷たいものは飲んじゃダメ、热水をおおめにのんで、早く休んで。でも、シップは3日は貼ってはダメ

ぇ~、夜寝る前のシップが唯一の救いなのに~

 

体の全面はなんともないけど、背面は滅多打ちにされた気分で、ヘロヘロと買物をして帰り、とにかく休みました。

まさかここまで攻められるとも思っていなかったので、友人と約束をしていたのですが、それも断りました

 

ここまで悪い気受けてダメージ受けたこと。…きっと、ストレスがひどい状況での自分の気持ちのあり方を見直せ、どこに気持ちをフォーカスしたらいいのか、それを理解して、できるようにしなさい、ということだと思います。

そうでも思わないと、一方的にstress受けただけで終わってしまいますからね。

そんなん嫌だ!

”中医”

日本でもあるだろうけど、本場中国での治療

これもまた”中国でしか体験できない経験”ですよね

でも、こんな治療も全部中国語で受けれるようになったことが、ちょっぴりうれしくもあり、痛い中にも、うれしさもあって、ちょっと救われます

次は1週間後!今日よりは痛くありませんように。

実は、このドクター、次男が中高5年間担任していただいた、私の大好きな先生に雰囲気がそっくりで、だからほっとするし、なんだか会うのが嬉しぃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です