lighthouse

自分の人生、子供の人生

英語Terakoyaです。

この年末年始は、長女、長男、次男にあったわけですが。。。。

それぞれの様子を聞きながら。。。。

色々心配することは尽きないのですが、でも。。。。

3人共皆成人です。

 

もう、それぞれの人生を歩んでいるんです。

親としてできることはしてきたつもりだし、これから、今おかれている状況の中で、

日々何を選択して生きていくか、

いいかえると、日々の小さな選択が明日を作っていくわけで、それは各人の意志なのです。

親的には、

もっとこうすればいいのに、などなど思うことは尽きませんが、

彼らの人生なのですよね。

 

私が今この年だからこそ、”こうしたらいいのに”と思うのであって、20代の彼らにはそう感じる経験がまだない、あるいは、

やはり、それぞれの考え方がありますから、私がいいと思うことが、彼らにとって、”いい”と思うことではないのかも知れません。

くちをさみたくなるところはぐっと我慢して、ただただ

”見守る”

友人が、素敵なことを言いました

”親って,灯台のようなものだね”

って。

彼らの足元照らしてやる、あるいは、こっちだよ、と時には導いてやる。

見守り、相談を受けた時、相談に乗る。

私たち親子は今、とおくに離れているので、顔を合わせる機会が少ないです。

でも、やはり会って顔を見ないと、SNSのメッセージだけではわからないことが、たくさんあります。

だから、やはり、年に何回かは、皆で集まる、そうしたいなぁ~、と思いました。

 

健康な体があれば、なんだってできます。

健康管理に気を付けて、自分の人生、自分で考え、自分で感じて、歩んでくれることを応援しています。

そして、そんな彼らに恥じないように、また、自分も自分の人生を大事に歩みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です