1985AAA9-F735-46CF-8467-7519254151E4

衝撃!こっそり見てしまった夫の….

英語Terakoyaです。

「これが研修の資料や」
とおいて、1週間の出張へ出かけてしまった夫。

時間があるので何気に見た、資料の中には、なんと衝撃の記述の数々が!

 

これからやりたい仕事をだーっと書き出している欄

1位こそ、自分の仕事?だけれど

2位以下のそれも上位のpriorityのたかいもの

・外国人に日本を紹介する事業

・塾の経営

・語学スクールの設立

などなど、ちょちょ、ちょっと待って!

 

これ、誰がやるの?ってあなたの仕事じゃなくて、私が主体的にやる内容ではないのー???

一言言わせてもらってもいいでしょうか?

これまで、私は、主人が仕事だけに専念できるように

子供4人分の教育、受験(留学含む)、保険なども含む家計管理、そして旅行に行くといえば、全ての手配とスケジューリングをしてきました。日本にいるときは、それを仕事をしながら、7年もの単身赴任の彼不在の中、本当に一人でやってきたのです。

なのに、この歳になって、主体になって働けと???

友人に話したら

「ご主人の愛よ、愛

どこが???

 

少なくとも、塾の経営や、語学スクール系は、もう結構です。それを主体として働くのは、きつい。。。。

もっと広く色々なことを、自分の好きな範囲でやりたいのに、セカンドステージ、主力になって、というのは全く別のこと

もちろん、資格試験の取得や、スキルアップもしてきながら、

「老後は任せて」

とは言ってたけど、主力になるつもりはさらさらございません。

 

あくまでも、サブで、自分の経験やスキルを活かせる仕事を、楽しみながらやりたいのです。子育てが終わったら、それをやりたいのに〜

 

ええ、彼の気持ちはわかりましたよ、でも、それならば、こちらの要望もちゃんと聞いてもらう必要があります😎

しっかりと、こちらの要望も聞いてもらう方向で行きましょうね〜

win winの関係で😉

 

とまあ、とにかく驚きましたが、

彼が長年営業として培ってきた営業力と私の経験を合わせて、二人で楽しくできることがあるなら、最高です

 

末っ子が大学入学するのを子育ての一応の終わりとするなら、そのときはもうそこまできてますからね。

一つ一つのideaを検証して行く必要がありますね。

子供は順次独立して行くので、そこから先は二人の生活が、○十年。協力しあって楽しくセカンドステージ送れるように、準備準備

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です