contract

退去手続き😠どんだけ?

英語Terakoyaです。

 

退去手続き、なんとオーナー、わざわざオーストラリアから帰国して立ち会う

ということで、元の家へ。

私は入居の時にはあってないし、不動産屋の話を聞く限りいい印象なし。

 

だって、どんなにあげても相場的には3000元ですよ。

という不動産屋をふりきって、何が何でも5000元と言い続けたと聞いているので

😤旦那さん、ねちねち細かい、奥さんかなり、ガンガンくる、というかんじのようです。

それが次が見つからないのか、今頃になって3000でいいと言い出してるような。

 

入居の時でもここまで綿密に見ないでしょ?というほど細部まで、

其れこそネットにつながるかどうかまで、すべての機器が作動するか、

傷はどうか、などなど

ありとあらゆるところをチエック、引き出しの中一つ一つまで

遅れてきたにも関わらずそのチエックが及ぶこと1時間10分ほど

 

ほとんど上海語でやりとりしているからわから無いものの、時々わかる部分もあり、

不動産屋が一生懸命こちらの見方をしてくれてるのがわかる。

挙句の果てには

DVDが突然壊れて、修理依頼をしたけれど、治らない、といわれてそのままなのを説明すると、

face timeでオーストラリアにいるであろうご主人に、現物見せてなにやらいろいろ確認。

どんだけ???

故意に傷つけたり、壊したり、汚したりしませんから

修理できない、ということで新しのを購入してくれない方がどうなのよ?ですが。

どれもこれも年季が入ってたし。ちゃんと備品リストに入っているものなのに。

このオーナー、結構そういうものがほかにもありましたから。だから諦めて自分たちで買ったり。。。

さらに、サインする段階でもなんだかんだ言っていて、サインするだけでも10分かかる。

逆に、私たち自身も、賃貸物件として貸すからには、自分たちが住んでいた時と同じようにはいかない、ということを意識しなければいけないな、とも思いました。

とにかく、たまらなく不快な1時間20分でした

 

でも、今や明るい採光のある新居が我が家です。もう、今までの家とはさらばじゃあ~

新しい家で、新しぃ目標に向かって、また頑張ります!

時間があれば太極拳に途中からでも参加したい、と思ってやる気満々の服装で行ったのですが、終わる時間をゆうに過ぎていました

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です