49B6D2F7-E0A7-4B36-A858-377E19EDE424

長女VS次女 1


英語Terakoyaです。

長男VS次男があったら、女子版も!?

ところが・・・

三つ違いの坊主と違って、この二人は10歳違い

数年前までは、子供と大人、ぐらいな違いで、比較することすら無理。

 

末っ子も高校生になったので敢えて考えてみました(笑)

坊主二人が180度違う対照的な二人なのに比べて、

女子二人は、年齢の差、ということを外しても、全く違う二人。

ただそれは男子二人が正反対なのとは、また違います。

 

まず長女

小さい頃は、なんでもひとにゆずってしまうような、

こちらがみていて、”もう少し前に出たらいいのに”と

いつももどかしく思うほどの

おとなしい子。

(そうはいっても、私も小学生の頃は、そういう子だったので、人のことは

いえませんがね)

第一子ということもあって、私も新米ママで余裕なく、

自分の理想を押し付けて(笑)いたところもあり、

彼女もそれにこたえ、優等生的。

でも自分の意見は言えない。。。

が、彼女が、変わることになったきっかけが、小学校低学年で起こった!

 

同じクラスの後ろの席の子が、かなりの意地悪で、

朝学校に行ったら、

「これ、ランドセルから出して、机にいれて!」

と命令してきたそう。

「なんで?」

と聞くと

「それはあなたの仕事だから」

といった!はあ~???

小学校一年、入学早々、こんなこと言う子いるのか?

もちろん、辛くて、怖くて、(たぶん)泣きながらそのことを話してきたと思います。

 

その時に、

”自分がまちがってないなら、ちゃんと自分の意見を言えないといけない。

そうしないと、自分が困る場面がこの先たくさん出てくるから。

ちゃんとそれを言える勇気を持ちなさい”

と話したのを覚えています。

 

それでも怖いので、不安がる長女に、

友達にも一緒に言ってもらうことを提案して、何とか相手には伝えたようでした。

 

と、書いていると、その時に、腹立たしさや、私自身も

この先の長女のことに漠然とした不安を抱いた、あの時の気持ちがよみがえってきます。

もう、19年前ですが。。。

 

そして、その時以来、彼女は変わり始めました。。。。

もちろん、何かあるたびに、私も声掛けをしていきましたが、

それを行動に出すか出さないかは、彼女自身ですからね。

 

小学校高学年、中学、とどんどん積極的になっていきました。

が、、、

 

やはり、子供というものは、どこかで変わってくるもので、また次なる

変貌期を迎えました。

 

と長くなったのでまた続きは今度

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です