衰えてないな😁

英語Terakoyaです。

私のお肌?体力?

だといいですが。次男の食欲です。

かなりの食いしん坊なので、アメリカ行ったらすぐに10キロなんか軽く増えそう、と心配していたのですが

勉強がハードなのと、寮のご飯が美味しくないのと、大学内のジムやプールで運動できるのとで

太らずに戻ってまいりました。

が、

“日本に帰ってきて、ご飯美味しすぎてちょっと太ったわ。来月上海に行くから食べる満々。、ちょっとそれまでに減らしとかないとやばいな”

ラーメン食べたい!と母と3人で。

いきなり二玉の大!IMG_3921

このほか、唐揚げ、ギョーザ

しかし、それではおさまらず、

“これも頼んでいい?”

とチャーシューミニ丼をさすので、だめ!と阻止したのですが

“なんでも欲しいものすきなだけたべたらいいから”

と孫が可愛くて仕方ない母の一言により

かれのお腹の中に、ミニ丼、収められました。

相変わらずよう食べるわ—-😵

現在東大寺近くの和風カフェで、ほとんどが中国人か欧米人という客層の中で忙しく働いて
そのままゲストハウスの夜勤、

なんていうハードなバイト生活をしている彼

だけど、しっかり食べるの通り越してる気もするけど💧

ま、あと少しで二十歳、まだまだ若いですから、大胆に行動して、大胆に食べてもよい!でしょうか?

心臓が止まりそうでした😂

英語Terakoyaです。

岡山へ合流した次男

“大学から来てたよ”

と、来季の学費請求書をとりだしました。

もうそれを開けるだけでもドキドキ。

だって、アメリカの大学の学費(州立はどうか知りませんが),毎年2-5%の値上がりするのです。何十万円の単位ですから😭

そして、ドキドキの私の目に飛び込んできたその数字は……

えっ????

ドキドキなんて通り越して心臓が止まりそうになる数字!!!!!、

一瞬にしてパニック😂

“え?奨学金って、4年間だったやよね?
奨学金支給継続の条件のGPAも問題なくとってるよね?(頑張って、Dean’s list にfall &spring semesterとも載りました)

なんで、Scholarship の表記がないん?”

騒ぎまくる私を冷静に見ながら

“これやったら、二年生から大学行けへんやん.
とにかく、自分のportal site見てみるわ”

と次男。

すると、彼のsite にきていた請求書では
ちゃんとscholarshipsが差し引いてある金額でした。

どれだけ安堵したことか。

そして、その金額も去年とほとんど同じでさらに安堵

Accounting officeとFinancial aid officeへ、連絡しといて、親が心臓発作を起こしそうでした、と

という私に

“そこまで笑笑”

と次男。

いやあ、本当に、真っ青になりました💧💧💧

日本は生きづらいですか?

英語Terakoyaです。

次男、一日半かけてアメリカから日本へ到着。

最後羽田から伊丹のトランジットもあったという💦

「伊丹ついた。ご飯はおいしいけど、なんか息苦しい感じ」

とひさびさの日本の感想。

そこからさらに移動して近鉄に乗る時には

「大きな荷物3つも持って、パーカーとスエットきてるからかしらんけど、じろじろみられるし、なんか生きづらいかんじ。めちゃ、テンション上がるかと思ったけど。

上海住んでそのままアメリカいったから、自由な感じでずっといたからなんかなあ、、、」

と自分でも意外な感想となったようです。

まあまあ、そういわずに、夢に見る前に、食べた過ぎて眠れなくなった日本食(彼の場合はこれプラス中華)を堪能してください(^_-)-☆

そして早速バイトに応募メールを送っている模様です

 

え、帰国できない??!!!

英語Terakoyaです。

きのうでfreshmanの最後のテストを終えた次男、こちらの時間の朝、空港へむかい日本へ一時帰国の予定。

「いま、空港へ向かってる」
の次のメッセージ、
ビザがないと(カナダに)入国できないといわれた
(カナダでトランジット便)
え????
カナダでビザがいるなんてよもや思わず確認すらしていなかった。。。

もう会社へ行こうとしていた主人に、焦っていうと
「このまえ東欧にいったときも、ビザがいるとか言われて、結局向こうの勘違いやったやんか。
また他の国籍にでもまちがえられとんちゃうんか?」
といいながら
さっさと会社へ

「トランジットでいるの?」
といいつつ、
急いでネットで確認すると、

”去年から、
カナダ入国ビザが免除されている国籍も、eTAなるものが必要となりました。
オンライン申請でeTA取得料は7ドル。
通常電子申請で数分後でapproveされますが、関係書類を求められた場合、
数日かかることがあります

なので、航空券を予約する前に、申請取得をお勧めします”

とあるではないですか!

いやもう、出発まで一時間ですが💦💦💦

「とにかく今から申請するわ」

としばらく待つ間ドキドキ、関係書類を要求されたら終わりやわ↓

と。。。

じつは、かれはいまスマホがありません。なので、画面提示を言われてもできない、そしてPcは空港wifiでつないでいるので30分したらきれる!といっている!

だからとにかく番号を控えなさい、などやり取りしながら待つ・・・

スマホがないことに関してはまた後日

「approvedされたから今からもいっかい並ぶわ!」

搭乗口からメールをもらって、主人に報告

「いつもなにかあるなあ」

とのんきにいつも高みの見物、私がいっつも処理

 

いやいや、やられましたね、今回は。全く考えもしなかったこの事態。

トロントで深夜からの15時間のトランジット。空港内で寝てもらおうかとも思ったのですが2回乗り継いで、1日半もかけてかえるので、やはりシャワーぐらい、と思い、空港のラウンジを予約しよう、と思ったら

間際過ぎてnot available…

とにかく、一度らうんじまでいってみて、空いている時間から利用したら?というところまでで、後は本人に任せます~

今朝も太極拳に体験の方が見えるので、早く行かなきゃと焦っていたのですが、何とか間に合いました。

つ、つかれた。。。

乗り継ぎのあるときは、必ず、調べないといけないですね

 

Bravo~!! これがわが子でなければ・・・

IMG_3494英語Terakoyaです。

次男、大学のコンサートのトリでピアノを演奏をしたようです。

ひさびさに彼の舞台でのperformanceを見ました。

何度か弾こうとトライしかけては、むずかしくてやめていた

ChopinのEtude in C sharp minor, Op.10,No.4

今期は大学のピアノ科教授のレッスンを取りました。

高3の秋から一年以上レッスンを受けてなくて、久々のレッスン。やはり、大学の教授なので要求することも高く、ひさびさに注意を多く受けることになれるまで最初は、ちょっぴりブルーになっていた模様ですが

 

いやあ~、この仕上がり!やはり大学教授のレッスンは違うということがよ~くわかりました♡

わが子ながら、ちょっと鳥肌(すいません、親ばか許してください)

この演奏をみた友人が

「わ、これは惚れてしまうわ~♡」

 

本人はダブルメジャーで音楽ももちろんとりたい。

でも、同じダブルメジャーで、経済と国際関係、などであれば、ベーシックな部分での共通科目があるので4年卒業も可能、

だけど音楽だとまるっきり科目選択がちがって、かぶるのが少なく、つまり履修科目が多くなるので、4年卒業はかなりハード、ということ

でも、4年以上学費を払い続けるのは無理です。。。

でもでも、こんな演奏を見てしまったら、マイナーではなく、やはりメジャーでとらせてあげたい、とってほしい、

しかし先立つものが(-_-;)(-_-;)

 

こうなったらやはり、どんなに大変でも、がんばってもらうしかないな( ̄▽ ̄)

まあ、メジャーや音楽をどうするかは、本人が決めることなので、私はこうして時々演奏を聞かせてもらえればいいです。

 

といいながら、子供の可能性を広げてやるためにも、帰国したら絶対仕事だわ!と思うのでした