またまたCtripとExpediaとにらめっこ

英語Terakoyaです。

先日Peachと春秋のサイトをにらめっこして長男の来海のチケットをとったばかりなのに、
今度はCtripとExpediaとにらめっこ

自分たちが乗るんならいいのですが、今度はまたまた次男

この夏休みの予定がなかなか立たず、こんな時になってしまったので、またまたチケット値上がり。

サマーコースを取る予定で調べていたものの、やはりかかる費用のわりにそこまで単位数にならない、
とか、とにかく割高すぎ。

がっつり単位が稼げて半年早く卒業できるならとる価値もあるのですが、もしダブルディグリーにしたら、
どのみち早めの卒業は無理、

でも折角私立で、年間一律の学費でたくさん学べる、というメリットは最大限にいかしたいし
(州立は一単位いくら、という設定らしいです)

ということなどなど、諸要素を考え併せて、結局サマーはやめに。

もちろん、こんな間際になってなので、トランジット便でかえってもらいます。
それも2回とか。

本人「どこトランジットするか教えて」

こら!そこでまたちょっと観光とか?ないない、夜中滞在のものになると思うから~

空港で寝てもらいましょう。ちょうど来ている長男に、トランジットの時夜どうした?
と聞いたら
「空港で寝てた」
といっていますし(^_-)-☆

3か月しっかり日本でバイトして、冬の予定外にかかったヨーロッパ一人旅の分、少しでも返してもらいましょ!

深夜の請求書に青ざめる

英語Terakoyaです。

もう寝ようかと、うとうとしかけているところへ着信音。

見ると次男から。

なんだこれ?学費の請求書?なぜ?

1月に日本から送金してもらったはず。あの方が間違えるはずはないけど

え、え、どこ行ったの、学費???

顔面蒼白

あの大金が誤送金???

どんなに焦っても、真夜中、電話できるはずもなし。朝まで待つしかなない

fall semesterの請求書類とSpring semesterのものと突き合わせて確認したり。

ひとしきりドタバタしたあと、落ち着いて請求書をもう一度見る

?Amount due 10ドル?!

一月ちゃんと入金になっている、が、請求額より10ドル少ない

 

⚡️

アメリカ側の銀行で手数料が差し引かれることがある、と郵貯の人が前言ってた!

私は請求書の額面通りの入金をお願いして、差し引かれるかもしれない手数料のことまで考えてなかった

 

あー、これでlate fee なんて発生した日には

とにかく今晩は眠れない、と心臓が凍りつきそうになった、私の早とちりでした

 

え、なぜマイアミに????オハイオではなかったの?

英語Terakoyaです。

ただいまspring break中の次男。

オハイオに友達に会いに行ってくる、との事前報告。

夜行バスのようなものでいったら、あまり治安がよくないせいか、バス停ごとにポリスがいって、ちょっと怖い雰囲気だった、と。

そしてとんと連絡がないので、

「どうしてるの?」

と送って、やっと返事が来たと思ったら

「マイアミにいる」

??????
imageimage
実はこのブレイク中に、カリフォルニアに行きたい、と最初はいっていたのです。

理由を聞くと、そこ行く前にいますべきことがあるよね?と話し、とりあえずそれを断念させた経緯があったのですが、なのにマイアミ???

なんでも

友人がマイアミに家をもってて、パパがエアラインの株主だから飛行機代かから無いからただでいけるから、といってくれて、

”おかねかからない”

と庶民のわが子はご厚意に甘えさせていただいている模様。

ところがわが子だけでなく他にも数人いるらしい。。。

「いっそ、ここにtransferしたいくらい」

だと。

私も30年前に行きましたが💦あんな常夏のとこにいたら、勉学には身がはいりませんね。寒いくらいがシャンとしてよろしい!

とにかくこのブレイク終わったら、freshman終了まであと2か月。頑張ってくれ~!

(しかし、アメリカの大学、やたらと休みが多い。夏休みは3か月、冬休みは1か月、そして10月と3月にそれぞれ1週間ほどの休み。。。。長期休みは寮が閉まるから留学生は困るのだ💨)

大学のsummer session in U.S.A

英語Terakoyaです。

もうすぐspring breakに入る次男。

summer session をもうずいぶん前から探しているようですが、いこうとしているところのcourse feeが高すぎる!というか、domitoryがcourse feeに迫るほどの高さでびっくり!

course feeとdomitory合わせて、え!今の大学のdomitory一年分じゃん!

速攻却下です💨

早く単位をとって早く大学を卒業するためでもあるsummer sessionですが、これでは本末転倒。

まだこれから詳細が発表のところもありますし、学費が抑え目なところならsummerもそうであることを願い。。。

控え目、と言っても年5万ドルするところに比べて4万2千ドル、とか、まあ、もう控えめというレベルではないのですが。。。

大学入学後は、わたしはサポートはやめようと思って居るのですが、何気にみたところのがよさそうだったので、ついつい提案💦

とにかく行くなら行くで早く日程を決めないと、日本行きのチケットがどんどん高くなるのだから。

spring breakの間にきめてもらわないと。

しかし、なんでアメリカってこんなに高いの???

アメリカのホストマザーと

英語Terakoyaです。

winter breakで次男が上海に戻ってきたときに、ホストマザーにお土産と手紙を渡しました。

ホストマザーと言っても、彼は寮に住んでいるので、毎月定期的に地元のご家庭とお付き合いをさせてもらうプログラムに入っていて、彼のホストファミリーのママさんです。

FBから友達申請が来たので、メッセージを返して、しばしのチャット。

とても良い方だと次男から聞いていましたが、本当に暖かい方でした。

遠く離れたアメリカの次男のそばに居る人とこうやってつながれるということは私にとってもとても心強いことです。

いつでもなんでもあったら、言ってきて頂戴ね、ともいってくださいました。

来年の3月には行こうと思っているので、その時にはぜひお会いしてもっとたくさん知りあえたらと思います。

また一つ楽しみが増えました♡