convocation-4119260__340

高騰中につき急げ!

英語Terakoyaです。

 

夏休みの予定がなかなかはっきりしない次男の予定を待っていました。

できるだけ早く!

 

夏発冬戻りのアメリカ便はめちゃくちゃ高いのです

8月は夏休み、

そして12月は今度はクリスマス休暇、ということでまたこれがすごい!

一日違うだけで5、6万円とか平気で違います

 

当初見ていたチケット、次男から予定確定の連絡を見て、チェックすると、たった四日ほどしか経っていないのにプラス7万円

いや、これ前後にずらすしかないでしょ?

8月はずらせないので12月。とういわけで、普通に戻ってこれる日からさらに四日先延ばしの日に。

こんだけ差額があれば、たとえ、エアビーで取った部屋に泊まったって余ります。

 

しかし、東京に着くので、そこから上海への片道を取らねば。。。。

もうこれはLCCしかない!が、まだ早すぎました

 

1月発の6月戻りの方はハイシーズンではないのでまだマシなのですが、8−12月は毎年顔がひきつります。

でも!

”あ〜、もう今回が8-12月を取るのは最後なんだ”

と改めて気づきました。ホッとします。。。。。

 

が、ポストを見ると、大学から一枚の手紙が

なんだかんだとexcuseが書いてあり

結局

3.44パーセントのtuition&feeの値上げ!

3.44%と言っても、分母が大きすぎるので、かなりの額です

 

でも、これは、去年から見たもので、毎年値上げになっているので、

初年度から見たらどんなだけ高くなっているのか!

怖くて確認したくもないです。。。

 

本当にアメリカの大学は、元が信じられないくらいの学費なのに、そこからさらに毎年値上げ、親は息も絶え絶えです。。。。

 

複数の大学からの合格通知をもらったときに、中には、毎年の授業料の値上げをすでにはっきり書いてあるところもありました。

目が点になるような数字がそこには。。。。

 

 

日に日に高騰するチケットを取ってやれやれだけど、あと2ヶ月したら次は1−6月分の、

次男のアメリカ便の予約は、私たちが取るのは最後

その時の戻りは、主人と二人、卒業式に参列して、一緒に戻ってくるかなあ〜

 

密かに楽しみです、あの帽子投げるやつ(^_-)

 

さて、そのためにもまずは節約節約

 

節約に勤しむのは、いつも母ばかり。。。。

次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第5回

日時:4月26日 PM13:00-14:30(Beijing Time)*今回は午後です

場所:オンラインで開催(zoomでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(4月25日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

*第2回の様子・感想はこちらから

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

pexels-photo-1181248

もういや!また降りかかって来た”あの”問題・・・

英語Terakoyaです。

 

海外留学、何が面倒かって、お金の送金。

あまり詳しくない、というのもあるのですが、最近、いろんなツールがありすぎて余計にわからない。

 

金融機関からアメリカの銀行に送金する場合、郵便局の手数料が一番お得。

ただ、アメリカ側の受け取り銀行が手数料を取ったりするので、それを見越して多めに送金しないと、5ドルたりません、と大学から言われたりする

生活費は彼のアメリカの口座に送金し、足りなければクレジットカードで補充。

 

今回シドニーは、正味4ヶ月半なので、次男がこの前日本の銀行のデビットカードを作ったというので、それと、アメリカの口座、プラスクレジットカードで大丈夫やろう、と主人と私。(念のため、もう一つツールを持たせています)

ところが、なぜかシドニーでも銀行口座を作った模様。

留学先の手続きはもちろん彼に任せていたので、私たちはノータッチ。

今回ドミトリーに支払いでまた悩む。。。。

1.最初にdepositを払いました。これは渡航前

2.渡航後今度はinitial fee(これ、謎。なのに高い!)

3.domitory feeを2週間ごとに払う

という3段階のめんどくさい仕組み

アメリカの大学は半期を一括して学費と振り込むのでこんな面倒なこと一切なし!

 

そこで、この2週間ごとの支払いをどうするか?ということになったわけです。

候補

bank transfer

credit card

overseas money transfer

flywire

学校からのメールを見るとbank accountからの送金、クレジットカード、海外送金、とある。

 

flywireはないの?

これ、大学の学費送金になどによく使われるサイトで、手数料も銀行送金よりかなりお得なもので、今季の学費支払いからこれを使っています。

パソコンでできるのでとても便利!

でも、flywireでそのアカウント名は出てこなかったから、これはだめ。

 

対応案

1.日本の銀行に入金して、デビットカード

2.クレジットカードの使用限度額をこの期間だけ引き上げてそれではらう

3.郵便局から大学のアカウントに送金

 

1.は調べるとやはり手数料が上乗せ。

3は人にお願いしていて、雛形を、アメリカの大学口座宛、と銀行口座宛のものは渡してあるのですが、新しい口座宛のものは渡していないので、一から窓口でやってもらうのは心苦しい。

結論

2なら、マイルもたまるし、限度額の引き上げで対応できるから、これが一番いいだろう!

 

すると、次男が謎のことを言い出す

「クレジットカードはオーストラリアの銀行に限る、とあるから、こっちの銀行に送金して」

いうてることがようわからん?クレジットカードでそんなん関係ないやん

「英語読めるやろ?書いてあるし!」

とさらに強気で来る次男

The payment option???

いや、よーく見ると

The paysmart option

 

なんだこれ?でもまあ、おそらくpaypalとか最近日本で始まったpaypayとかの類だろう。。。

「英語読める?paysmartってあるけど。クレジットカード違うよ!」

それに対して反応なし

 

というわけで、限度額の電話を入れることに。これ、本人しかダメなんです。

私は知っています、なぜなら過去にも応急措置としてやったことがあるから

 

忘れもしない、あれは彼がfreshmanの時の最初の冬休み

 

本当はロスの友達の家に遊びに行って、それからNYで年越し、といっていたのが、ロスがダメになり、じゃ、各自で過ごす、となった時、

オーストリアなど東欧三ヶ国へ一人3週間行くことに。

銀行口座が心配だったから、何度も残額を確認していたのに、大丈夫!と。

そして、出発前日、お金を下ろそうとしたら、

「残高ないよNo way!」

と言われて、よくよく通帳を見たら、ゼロを一つ見誤っていた

 

いや、明日送って、ていっても、多分銀行送金だと1週間はかかる。その時にはデビットカード持っていなかったので

何があるかわからないから、じゃあ、カードの上限引き上げしかすぐにはできない!

とまあ、かなりやきもきさされましたので。

 

彼は、いっつもそう

長男は長男で、電気代払い忘れて帰ったら電気が止まっていて、急いでコンビニ払いに行った、というのが、私が知っているだけで2度ほど

(日本は便利で、払ったらすぐ回復するそうです、こんなこと、知りたくもなかったけど

なんてこった!の我が家の息子たちです

 

次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第2回

日時:3月14日 AM10:00~11:30(Beijing Time)

場所:オンラインで開催(zoomでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(3月13日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

オンラインですので一時帰国中の方もご参加いただけますよ

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

pexels-photo-1007657

どうなる?最後の夏休み😂

英語Terakoyaです。

 

さて、次男がシドニーに行ったら次の母の心配。

アメリカ戻り便いつとるの?8月上旬、アメリカ便超高いのです、みんな留学先に行くからか?と思うぐらい。

実際、この時期、それらしい若者を浦東空港でたくさん見ます。

 

実は、夏は、またまた今度は季節が逆の南米で、ボランティアワークをしようとしている彼。

その書類審査、skype面接、そしてperformance videoも送って、

”合格”

そして、その選考結果を知らせるメールの最初に、

”メールを読む前にまずはこのビデオを見て”

とあり、見ると

スタッフの人たちが

”Congratualtions!”

と陽気に旗か何か振りながら楽器を鳴らしているビデオ

さすが南米ちょうど上海滞在中に届いたので、私も見れたというわけです。

が、これは喜んでばかりはいられないのです。。。。

 

実は、このボランティアプログラムに参加するには、参加料が必要で、それがまあけっこうな額なんです。

こんなに出すんなら、サマースクールでcreditとったほうがいいわ、というぐらい、高い。

 

ただ、彼の大学は、ボランティアなどで海外に行く場合、学校にアプライして、学校の審査が通れば、scholarshipをもらうことができます。

「多分、もらえると思うけど、その額がどれくらいになるかは、4月半ばにならないとわからない。。」

プログラム料金の払込の期限ギリギリのよう。

友人で、中東だったかな?難民キャンプにボランティアに行った子は、飛行機代やらなんやら全額出してもらったそうです。

高い、高い学費出してるんだから、s chola shipしっかり出してほしいものです。

 

出してもらえなかったら、それは断念するので(私たちもそこまで出せません、子供は一人じゃないので)、そうなると、上海で15日以上滞在できるビザを取るのか、日本に帰るのか、になるでしょう。

5月なんて、エアチケットは恐ろしいプライスになっている。。。

彼のおかげで、私、知らないうちに、Ctripのプラチナ会員になっていました

どんな特典があるのか、調べたいと思います、喜んでいいのかどうか

 

次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第2回

日時:3月13日 AM10:00~11:30(Beijing Time)

場所:オンラインで開催(zoomでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(3月13日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

オンラインですので一時帰国中の方もご参加いただけますよ

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

pexels-photo-776615

さて、いよいよ3月就活解禁らしいですね^^;

英語Terakoyaです。

3月、就活解禁!

もう夏頃から、次男の日本の友人たちは、インターンシップやOBOG訪問、早いところは説明会に、エントリーシートやSPIも始まっているようです。

「なんか、日本の大学、3年からもう就活、就活のための大学みたいなん、いらんわ」

と次男。

まあね、あなたは、人と横並びに

”今これやりなさい”

というのは無理よね〜、

最も、大学後半は就活優先、という日本の大学が嫌、というのもアメリカへ行った一因の一つではあります。

 

アメリカの大学では、がっつり、思う存分自分のやりたいことを学べているようですから、よかったのでしょう。

 

日本企業に就職するとしても、留学組に合わせて、秋採用などがあるので、今から慌ててやる必要はないかもしれません。

おそらく、秋のボスキャリ行ってみるわ〜、と言っているので、具体的にはその辺から意識して動くのかな?

 

ボスキャリも、日本企業が多いので、そこで決めたいなら、事前に進めて、その場で内定、というのも多いようです。

が、彼はなにぶん、去年の夏のインターンシップが結構トラウマになっていて

「日本の会社無理」

そして、まあ、普通、社会人になったら言いますよね

「ああ、また明日から会社か、嫌やなあ」(あしたから会社か!楽しみで仕方ない、なんていうのは、聞いたことありません

姉、兄がこういうのを聞いているので

「なんか仕事したくないわあ〜」

おいおい、あんた、ちゃんと働いてよねもう、これ以上知らんし。

 

日本のように、一斉就活解禁なんて国の方が珍しいわけで、

彼の周りのアメリカ人は、卒業したらしばらく旅行する、とか特に就活、って躍起になってやってるような人が少ないらしい。。。。

唯一、最近、中国人を凌ぐ勢いで、一大勢力になりつつあるインド人は、

”意識高い系”

が多いようで、在学中から、起業したり、いろんな取り組みをして、それをSNSでガンガン発信しているらしいです。

 

次男の場合、高校に入る頃までは、よく学び、よく遊ぶ、普通の学生だったのですが、

「この子、うちの昭和的な教育で押さえつけたら、嫌になって、どっか行ってしまいそうやなあ、と思って、いつも見てます。

この子、二十歳になった時、日本に居てるんかなあ?て、昨日、夜フト思いました。」

と、5年間も担任してくださった先生から、面談のときに言われました。

 

そして、その言葉通り、というか、先生の予想より早く高2で日本を出たわけですが。

 

頭の中が、他の子と違って”アート”な部分がどんどん増えてる気がする。。。

 

だから、私の中でも、彼が一般企業に黙っておとなしく収まるイメージを描きづらい。でもまずはそこから始めてもらいたいが

 

起業するにしても、まずは普通の会社で、経験を積んでから、というのが従来の考え。(かれが 起業すると言っているわけではないですよ)

でも、時代は凄い勢いで変化していて、過去の常識が通用しなくなっているのも事実。

中国も、在学中から、または卒業したら起業する人がとても増えていると聞きます。

 

社会人経験を積んだら、大学院に行って、MBAをとりたい、と言っていますが、

とにかく卒業までは親が面倒はみるけどそこからあとは一切援助はしないよ!

自分の裁量でやっていってもらわねば、そこだけはっきり伝えて、あとは卒業まで親の役目を果たすだけです。

とは言っても、かれの先が、一番読めないのも事実です。。。。

 

姉兄も

「〇〇(次男)一体何やりたいの?」

と言ってますもん笑
次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第2回

日時:3月13日 AM10:00~11:30(Beijing Time)

場所:オンラインで開催(zoomでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(3月13日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

オンラインですので一時帰国中の方もご参加いただけますよ

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

photo-1527234639945-70d78416bd7d

子供のブログを覗いてみた😎

英語Terakoyaです。

 

次男、複数の留学ブログサイトで記事を書いています。時々覗きます笑

今度は、大学生活紹介動画が採用されたとかで、

「振込の申請用紙をコピーして、それにサインしてスキャンしてPDFで送るんやけど、できる?」

と言ってきました。

私「え、そんなにもらえるの?お母さんも、留学生のふりして書こうかな(笑)」

次男「あんだけリサーチしてたし、書けるんちゃう?」

と不謹慎な会話

しかし、サーバー手数料払ってる私の消費ブログとは大違い・・・

 

実は、記事依頼などをいただくこともあるのですが、テーマを決められてそれについて書いてください、とか期限があるのは、私には向いてないというか、書いてて楽しくないので、やっていません

 

話は逸れましたが、これから留学を考えている読者に向けて書いている彼の文を読むと、普段彼の口から聞いているのとは、また違った感じで受け止められて、とても新鮮です。

 

今度は、これから半年行く国での体験も書いて行くのでしょうか?

母も一読者として楽しみに待つこととします。

 

 

<上海Terakoya  コミュニティ 第1回>

日時:2月26日午前中

場所:2号線沿いの地下鉄駅からアクセス良いところを考えています。詳しくは、メールにて、ご連絡させて頂きます。

*申し込み締め切り 2月24日

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

 

何か質問がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村