え、帰国できない??!!!

英語Terakoyaです。

きのうでfreshmanの最後のテストを終えた次男、こちらの時間の朝、空港へむかい日本へ一時帰国の予定。

「いま、空港へ向かってる」
の次のメッセージ、
ビザがないと(カナダに)入国できないといわれた
(カナダでトランジット便)
え????
カナダでビザがいるなんてよもや思わず確認すらしていなかった。。。

もう会社へ行こうとしていた主人に、焦っていうと
「このまえ東欧にいったときも、ビザがいるとか言われて、結局向こうの勘違いやったやんか。
また他の国籍にでもまちがえられとんちゃうんか?」
といいながら
さっさと会社へ

「トランジットでいるの?」
といいつつ、
急いでネットで確認すると、

”去年から、
カナダ入国ビザが免除されている国籍も、eTAなるものが必要となりました。
オンライン申請でeTA取得料は7ドル。
通常電子申請で数分後でapproveされますが、関係書類を求められた場合、
数日かかることがあります

なので、航空券を予約する前に、申請取得をお勧めします”

とあるではないですか!

いやもう、出発まで一時間ですが💦💦💦

「とにかく今から申請するわ」

としばらく待つ間ドキドキ、関係書類を要求されたら終わりやわ↓

と。。。

じつは、かれはいまスマホがありません。なので、画面提示を言われてもできない、そしてPcは空港wifiでつないでいるので30分したらきれる!といっている!

だからとにかく番号を控えなさい、などやり取りしながら待つ・・・

スマホがないことに関してはまた後日

「approvedされたから今からもいっかい並ぶわ!」

搭乗口からメールをもらって、主人に報告

「いつもなにかあるなあ」

とのんきにいつも高みの見物、私がいっつも処理

 

いやいや、やられましたね、今回は。全く考えもしなかったこの事態。

トロントで深夜からの15時間のトランジット。空港内で寝てもらおうかとも思ったのですが2回乗り継いで、1日半もかけてかえるので、やはりシャワーぐらい、と思い、空港のラウンジを予約しよう、と思ったら

間際過ぎてnot available…

とにかく、一度らうんじまでいってみて、空いている時間から利用したら?というところまでで、後は本人に任せます~

今朝も太極拳に体験の方が見えるので、早く行かなきゃと焦っていたのですが、何とか間に合いました。

つ、つかれた。。。

乗り継ぎのあるときは、必ず、調べないといけないですね

 

Bravo~!! これがわが子でなければ・・・

IMG_3494英語Terakoyaです。

次男、大学のコンサートのトリでピアノを演奏をしたようです。

ひさびさに彼の舞台でのperformanceを見ました。

何度か弾こうとトライしかけては、むずかしくてやめていた

ChopinのEtude in C sharp minor, Op.10,No.4

今期は大学のピアノ科教授のレッスンを取りました。

高3の秋から一年以上レッスンを受けてなくて、久々のレッスン。やはり、大学の教授なので要求することも高く、ひさびさに注意を多く受けることになれるまで最初は、ちょっぴりブルーになっていた模様ですが

 

いやあ~、この仕上がり!やはり大学教授のレッスンは違うということがよ~くわかりました♡

わが子ながら、ちょっと鳥肌(すいません、親ばか許してください)

この演奏をみた友人が

「わ、これは惚れてしまうわ~♡」

 

本人はダブルメジャーで音楽ももちろんとりたい。

でも、同じダブルメジャーで、経済と国際関係、などであれば、ベーシックな部分での共通科目があるので4年卒業も可能、

だけど音楽だとまるっきり科目選択がちがって、かぶるのが少なく、つまり履修科目が多くなるので、4年卒業はかなりハード、ということ

でも、4年以上学費を払い続けるのは無理です。。。

でもでも、こんな演奏を見てしまったら、マイナーではなく、やはりメジャーでとらせてあげたい、とってほしい、

しかし先立つものが(-_-;)(-_-;)

 

こうなったらやはり、どんなに大変でも、がんばってもらうしかないな( ̄▽ ̄)

まあ、メジャーや音楽をどうするかは、本人が決めることなので、私はこうして時々演奏を聞かせてもらえればいいです。

 

といいながら、子供の可能性を広げてやるためにも、帰国したら絶対仕事だわ!と思うのでした

 

男子はいくつになっても手がかかる!

英語Terakoyaです。

来月帰国したらひさびさにTOEFL iBTを受験する次男。

TOEFLのアカウントですが、中国だけは、別サイトになります。

なので、上海にいた時は、中国のサイトと、一般のサイトと両方にアカウントを持っていました。

今回日本のアカウントのログインができなくて、新しぃパスワードを作らねばならなく、新しぃのつくったら教えて!といっておいたの、

なんだかんだと一向に作らず。

いやいや、いくら日本だからといっても、受験までに一か月切ったらさすがにやばいだろう、

と、仕方なく私が作りなおしてログイン。

*中国の場合は、4,5か月前に申し込んでおかないと、1か月前なんて絶対空きがありませんから(;’∀’)とにかく、中国サイトからTOEFLに申し込むのは本当、色々と大変でした。

日本のサイトも、マイページからログインしないと、詳しい会場や空き情報はわかりません。

そしたら。。。。

 

なんと。。。。。

 

その日は、もう近畿一カ所しかなし!!Σ(゚д゚lll)ガーン

 

TOEFLが大学の推薦条件やらに使われるのが一般的になってきたので受験者も増えてるんでしょうね。だったらもう少し安くしてほしぃ受験料、ホント高い😢😢😢

230ドル。。。。

 

ただ、特急使えば、大阪へ行くのと変わら無い時間で行けるので、それで申し込むことに。大阪受験は6月の分しか空いてなかったので、アメリカから帰ってすぐに受けた方がええんちゃうん?ということで。

「朝は仕方ないけど、帰りは急行でのんびりかえってや!」

「はーい」

あっという間のfreshmanでしたねえ~

あと2週間ほどで一時帰国。

ちょっと、今度もちゃんと、書類に大学からサインもらいなさいよ!でないとまた、前回みたいに、寸での所で(アメリカに)再入国できなくなるよ!

と、メールに赤文字で入れておきました。

ほんと、男子は、いつまでたっても手がかかります。。。

 

我が家のも一人の男子

晴れて、扶養家族から外れた長男に、主人が再三、

「健康保険証を(父の)会社へ送るように」

といっているのに、なかなか送らない。(なれない通勤と研修の日々でくたくたなのはわかるが、これはもう3月末から言うておること)

とうとう、会社から

「いつ頃送付していただけますか?」

と確認が来たらしい。はよ送らんかい!

 

本当に、男はいくつになっても手がかかりますね💦💦

日本に着くまでのことしか考えてなかった😓

英語Terakoyaです。

5月上旬にはの学年末テストも終わり、日本に3か月みっちり帰国する次男。

年末年始のヨーロッパ一人旅やら、今回やらかした大失態のせいで、彼にはしっかりバイトして借金(親への)を返しなさい!

ときつくいってあります。もちろん、いろんな経験を長い休み中にしたいということもあって、ただいまインターンシップを探し中。

さらに、色々考えているようなので、この機会にiBTを受けておく予定です。どんだけ伸びたかなぁ~

とそれはいいとして。。。。

サマースクールにいくとかどうとか、なかなか夏休みの帰国予定が決まらず、チケット予約をしたのは帰国の2か月前。ということで、ちょっとの差でチケットが売り切れて。。。

時間はたっぷりあるのだから、少しでも安いチケットを、と苦労してとりました。(乗り換え2回です、戻ってくるときは

乗換の場所やら時間は注意したのですが、日本到着に関してはあんまり見てなかった。。。

そしたら

今回は、我が家の誰も使ったことのない

伊丹空港にそれも夜10過ぎにつく、ということを昨日次男との電話で再認識。

”関空からバスがよかった~”といわれて、思いだしました。

が、近鉄と連絡する阿倍野(3月末、飛行機乗り遅れそうになって必死に駆け巡った場所です)、上本町、というか全部の目的地がそうなのですが、夜9時過ぎが最終。

かなりの荷物になる予想なので、地下鉄など乗りついてでは大変そう。。。それに

伊丹にそんな時間について、近鉄特急最終に間に合うか?というのも微妙。。。

関空から帰るにしてもリムジン最終は21時台のはず。

 

空港周辺でホテル探して、翌日リムジンに乗るのが一番確実そう。。。

ということで、

じゃらんのポイントもctripのポイントもあったぞ!

と検索。

同じホテルでもctripの方が300円安い!だけど、じゃらんのポイントの方がたくさんあるから、

とせこい計算をついついしてしまいます。

でも、親がこんなに細かく節約を考えていても、当の本人の金銭感覚なさすぎて、、、

どうもアーティスト系って、そういうところがずれている、というのを年々感じています、、、が、口うるさく言ってその辺の観念はかえていかなければ

話は戻って。。。。

インターンシップも、やはり圧倒的に東京の方が多く、関西でとなると数が限られるようです。

以前なら長男の下宿から、も可能でしたが、彼も社会人、寮生活なので、東京に常宿はナシなので。長女も寮ですし。

しかし、一年目、あっという間に経ったようです。

といっても、サマーコースに参加したから7月から行きましたが、実際大学が始まったのは8月中旬、それが5月頭におわるのですから、冬休みや、fall break, spring breakなど考えると、正味、7か月半ぐらいですね、それであの学費とは、信じられないアメリカの学費。。

インターンシップが決まれば、単なるバイトよりいい経験になると思いますが、来年は、アメリカでやったら?と思う母でした。

(大学でもインターンシップの案内はあるそうですが、freshmanに対しての案件は少ないとかなんとか。。。)

とまあ、一時帰国してくるとなると、それはそれでまたざわざわしてきますね。

ただ私たちは夏に一時帰国の予定はいまのところないので、会えるかどうか未定。

「上海もいきたい!大学の友達(上海人)と、上海で遊ぶ約束したから」

あほか

「大学であそんだらよろしい!こなくてよし!」

こういうところから意識を変えていかねばなりません。。。

(ここまで厳しく言うには、それなりの理由があるのですが、まだ書く気にはなれません。。)

が、よくよく聞くと、次の冬休み一か月はアメリカで過ごすつもりだから、と。となると、一年以上会えないのか。。。。

と心が揺れるんですよね~、しかも来年は成人式。。。でも、末っ子,受験です💦

そうなんです、二人社会人になっても、まだ我が家には扶養家族が二人いるのでした。

あんなにperfectな子だったのに・・・だれがこんなになると予想した?

英語Terakoyaです。

次男、またまた大変なことを・・・

昔は、親の私が言うのも何ですが、

「この子できすぎやろ」

と思うほど、何も言うことがなかったのです。しいていえば、上の姉兄に遠慮して何でもゆずってしまうところが、将来心配だったぐらい

誰に対しても優しいし、勉強しなさい、なんていったこともなかった。ピアノも本当に好きでよく練習した、練習しなさい、なんていったこともなかった。。。スポーツもできる・・・

全く手がかから無いだけではなく、私が迷っていたりしたら

「そういうことなら、やったほうがいいよ。もし、ダメでも、やったことは無駄にならないから」

と言って、背中を押してくれたのはまだ小学校4年生だった。。。

「この子、神?」

とその時は思いましたよ。。。ほんと。。。。

 

 

だれがこんな風になるとおもっただろうか・・

昨年年末年始のヨーロッパ3週間一人旅でもかなり奔走させられたけど、またしても。。。

いや、もちろん、何事も集中して取り組むし、優しぃのもかわらない、、、

だけど、やらかすレベルがちょっと、大きすぎるのです。。。

アメリカに進学して、グローバルになるのはいいけど、やらかすレベルまででかくならなくていいですから⤵

世界のどこいにても、ネットを通じて、様子がすぐわかり、連絡が取れる世の中でなかったらどうなっていたのだろう、

とぞっとするばかりです。。。

そして、私は今日も白髪染め。

この前までは、長男にいつもハラハラさせられ、いろんな苦労もあって白髪が多くなっていたのですが、

今は、そのハラハラは次男に引き継がれた模様で、つまり

私の白髪はますます増えるのでした😢

次男のやらかしたことについてはまた今度。

まだ書く気になれないので。。。💦💦💦

 

さて、次男の事をよ~くしっている美容師さんにいっぱいきいてもらってこよ!っと。

予約メールでそれを愚痴ると

「なかなか落ち着けませんね(笑)」

と返信がきました(笑)