自分を信じるって・・・・?

英語Terakoyaです。

色々なメルマガを取っています。

毎回どれも読むわけでなく、ふっと気になったものを読む、という感じです。

そんな中

「自分を信じる」

について書いてある記事がありました。

自分を信じなければいけない、いや、信じなくてもいい、とか

結論はそんなこと関係ない、という内容でしたが。

ふと、

「自分を信じるって、どういうこと?」

と思ってしまいました。

自分を信じようとか、意識したことって、良く考えると、あんまりないような

”人を信じる”というのはわかるのですが。

 

この頃は、潜在意識を活用して、なんていう話もよ~く見聞きしますし、そのための講座の告知などもよく目にします。(かなりの高額ですが)

自分を信じるも信じないも、

自分が自ら選んでとってきた行動の結果が今であって、これからも、自分の行動の結果で現実が展開していくのだと思います。

(”自分を信じる”ということが私にはピンとこないので、こういう理解にしかなりません。頭悪いのか?!(-_-;))

ただ意識しているのは、

やってみたいという気持ちがあれば、

”いや、それ、ちょっと大それてるから無理でしょ”

とみずからふたをしてしまわずに、できるだけ

それを実現する方向に、気持ちと行動を向かわせること。

 

恰好よく言えば、常に”前を向いていること”

しかし、現実は、

よっしゃ!と思ってやってみたものの、うまくいかないこともたくさん、

というか、まずはうまくいかないことから始まる、といったほうがいいくらい

(私の場合は)

もう、そういう手痛い洗礼には大分慣れてきましたけど

 

やるだけやって、他の手段をおもいつかなければ、それはしばらくほっておく。

そして別の角度から、別のことをやってみる。

とまあ、なにかしらそれに関することをしていくうちに、

うまくすれば、あれとこれがおもわぬことでつながって、おもいもしない展開が生まれるかもしれない

し、

生まれないかもしれない↓(生まれたらラッキーぐらいのことですからね)

 

そんな人なので、上の子供たちから

「お母さん、いったい、今何やってるの?」

とよく言われていました。

今は上海でおとなしくしていますよ( ̄▽ ̄)

だけど、ここでしかできない体験したり、ここでもできる準備をしたり、潜伏状態?

 

ただただ、意識しているのは

子供に見られても恥ずかしくない背中を見せているか?

ということですね。

もちろん、時には

「あかんやろ、こんなんじゃ」

と思うことも多々ありますが、その都度、修正していくように心掛けています。

 

先日、長女とチャットした時に、私の夢を語ったところ

「もう、普通に生きて」

といわれてしまいました。

十分普通に、いえいえ、周りと比べると、かな~り地味に生活しているんですけど。。。。

 

ま、いくつになっても、夢をもつことはいいことですよね?

自分を信じる信じないではなく、自分の思いに忠実に生きていきたいなぁ~、と思います。

 

まとまりのない、単なるつぶやきでした

すすめられるがままに

IMG_3643英語Terakoyaです。

この前、いつもの果物屋さんに行って、一つメロンを買ったら、顔なじみのおばさんが

「これ、とても甘いから、もっと買うといいよ」

というので

「食べてみて甘かったら、今度買うわ」

というと

「甘いから。」

とナイフ持ち出し、かなり大きな一切れを切り渡され💦

とても甘くて、そこまでされると買わないわけにもいかず、じゃ、もう一個、というと

やたらと大きな一個を手渡されました。帰り際に老板が入荷したばかりのライチを

「食べる?」

と一つくれました。

あ~、もうライチの季節かあ、末っ子の大好物だし、今度買おう!と思い、

そしてまたまた買いに。

 

すると、今度は、この形はぶちゃいくだけど、においも味も、白桃に近いおいしい桃も並んでいて、ちょっとお高いのだけど

初物だし!と思い、ライチと桃を買いました。リンゴは定番。

ライチと桃を食べながら

「う~ん、なんだか贅沢だけどおいしいねえ~」

といただきました。毎食毎食、フルーツが食べれる今の季節、いいですね🎶

 

母の日に息子より叱られる

英語Terakoyaです。

母の日に叱られる?

実は。。。

土曜日、出かけていて、そのまま晩御飯を食べに行ったときのこと。

主人が

「アピタいってそれからどうした?」

というではありませんか。私はてっきり家で勉強しているものと思っていたので

「え、どういうこと?なんであぴたなんて行ってるの?!」

と驚きと疑念が湧いてきてしつこく、なんでなんで、と聞きました。

 

すると、

「もう、お父さん!ほんまいらんわ、何で言うの!?」

 

とめちゃくちゃぶーたれる末っ子。主人もしまった!という顔をしていたのですが

時すでに遅し。。。

「なんもない」

なんて言われても私が納得するはずはなし。私に二人して隠し事!?

結局「お母さんの花を買いにいっただけだし。。」と思いきりすねながら末っ子。

「二人ともいらんわ、お父さんはしゃべるし、お母さんはしつこいし!」

そして、翌朝、母の日に、このお花を渡してくれました。
IMG_3616母の日には、いつも晩御飯を作ってくれるので、お花のプレゼントは想像してなかったので、嬉しさもひとしお。

それを、次男にメールで話すと(*スマホがない状態が継続しているため、とても不便です。LINEやWe chatのありがたさを感じる日々です。無料電話もできないし😢)

「ええええええ!そんな可愛いことしたのに、もーなにしてんねん二人で(笑)」

と怒られてしまいました。

ちなみに次男は

「上海行ったときにご晩御飯でもつくるわ」

と。長男は

「初任給で色々そろえたらなくなって母の日に何もできそうにない。ごめんなさい。お金たまったら何かしらの形にして返す」

とメッセージ。いやいやその気持ちだけでうれしいよ♡

長女?

「母の日だね」

と一言。彼女の場合、あまりこういう日に関係なく、一時帰国であった時に、ポン!と

「はいこれ!」

という感じです。一番、そういうのが照れくさいタイプかな。

私は母に電話して

「あと一週間待って~!旅行行くのには間に合うから」

と言うと、とても喜んでいました。

 

子供たちのそんな気持ちを嬉しく感じ、私は私で母への感謝を感じた、嬉しい母の日でした。

みなさんはどんな母の日を過ごされましたか?

アピタVS Fuji super in Bangkok

英語Terakoyaです。

滞在中のホテルが、バンコク駐在員が多く住むエリアにあるのを知ったのはこちらにきてから。

上海でいうと、古北、浦東といったところなのでしょうか

好奇心旺盛な主人がFuji super という、おそらくバンコク駐在員御用達であろう日系スーパー?を発見し、

ちょっとみてみよう

というのて行ってみました。

アピタとマルシェの中間のおおきさといったところでしょうか、

生活用品を含めコンパクトに揃っていました。

お土産として?天然の素材を使ったおしゃれな石鹸が置いてありました。

マルシェにキュッチュチャイナの文具が置いてある感じでしょうか?

ちかくに、日本の本屋さんや、ショッピングモールにkinokuniyaもありました。

そういえば上海には日本の本屋さんはないなあ、というと

中国は輸入制限があるから、

と主人。そういえば、”地球の歩き方”は引っかかるので気をつけてください、
と。引越し業者さんに言われたなあ

やはり国が違うのだなあ、と思ったのでした。

脳が酸欠状態違いますか?

す英語Terakoyaです。

昨日は、わたしの尊敬する方々と会い、濃厚な実り多い時間を過ごしました。

本来ならカウンセリング料おはらいすべき級のお話を伺いました。おかげで、わたしの頭はぐるぐる回転状態

こんなに頭を使ったのは久しぶりかも😓物理的なことには使っていましたが、これからの実際的なプランニングとかは、曖昧で…

両脇から思い切り、目覚めろ光線をガンガン送られた感じです。

ハードル高し、と思っていた部分が、その方のネットワークで解決できること、いろんなアイデア、考え方をあたえていただきました。

現実に落とし込んでいく作業をすぐはじめるべき、とのアドバイス

 

他にも色々

なんだかパッと行動に移さない私に

 

“脳が酸欠状態違いますか?”-

できると思って、強い思いで、色々アドバイスをしてくださっているのがジンジン伝わってきました。

これにこたえないわけにはいかない

頭をちゃんと整理して、四月、頭の中を一段階引き上げていきたいと思います。