ついに通達きました😢

英語Terakoyaです。

 

昨日、あんなことを書いていたら。。。。

昨日は、輸出商品をだすのに(たぶんair便取りあい?)トラブったとかで深夜帰宅の主人。

が、朝出がけに

「10月8日までの関空第1ターミナル発の便は、他空港へ振替を検討してください、ってきてるで」

ついに我が家にもきたか

 

すでに、英検協会には、事情を伝えて、受験地変更が可能か問い合わせ済みで回答貰っている準備周到な私

「セントレアとか・・」と主人

とりあえず系列エアラインで見るものの、当日乗れそうな便はナシ。

そうかといっても翌日も、どっかの経由、羽田成田ならまだしも、どっかの国を経由して、二日かけてかえるんですか?みたいなのしかない。。。。

頭を切り替え、奈良には移動せず、岡山から戻ることを次、考える。

ガーン!このまえまであった、いつもの朝便がない。。。高松や、広島もみるものの、系列で、時間が合うものはなし。

というか、そもそも、高松広島まで行くのが大変!

もちろん、奈良から名古屋だって、近鉄で2時間前後は見なきゃいけないから、どこも同じ。。。いやだ。。。。

というかないんだもん。。。

香港経由?いいかも、と思っても乗り換え時間2時間もない、意味ない。。。

そして、頭の中は次の段階へ移行

 

系列会社では無理だから、思考を元へ戻し、関空第2ターミナルからなら?

これならあります、しかも七日に戻れる便

 

けど、こうなるとキャンセルして、ということになるから、どうなるんだろう…。今回は、会社を通して取っているので、その辺の判断がわからない。。。。

 

とりあえず、希望を主人に送る。。。

 

学校があるから、早くもどらなきゃならないのだ~!

どうか日曜日に関空から戻れますように。

 

本当、明日は我が身です

 

7月の台風での欠航といい、今回のキャンセルといい、上海に住んでいるはずなのに、なぜか日本の天候の影響をこのところずっと受けています。

 

それだけの頻度で、今年は日本が自然災害に見舞われているということでもあります。

 

 

 

 

被災地の一日も早い復興を祈っています。。。。

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村

Grand Brasserie at Waldorf Astoriaとmanagerさん

英語Terakoyaです。

今回の レストランウイーク、2回行く予定でしたが、一回目、よりにもよってその日、末っ子が学校を
休み、お断りしなければならず、この日は貴重な一日になりました。

あの、みなさんご存じの外灘のこちらへ行ってきました。

いや、やはり、サービスといい、インテリアといい、そしてもちろんおいしくて、堪能できました。

食事の途中、美しいスタッフの方が話しかけてきて
「お食事や、サービスいかがでしょうか?」
と。
とても満足ですよ~、と伝えると、そこから質問の連発
「日本の方ですか?」
「ここはどうやってお知りになりましたか?」
「もっと日本人の方に、うちに来ていただきたいのですが、なにかよい広告媒体をご存じですか?」
いきなりの質問攻めに面食らいながらも、

フリーペーパーがやはり、日本人の目に留まりやすいよね、と、ジャピオンなどを思いつくけど
「教えていただけますか」
といわれても、、ジャピオン、ってカタカナしかないやん、と焦る。。。

日本語表記だけど、というと、とりあえず書いてください、といわれ、フリーペーパーの類をいくつか書き連ねる。

ちょうど、デザートをいただく直前だった私たち
「おいしいコーヒーや紅茶もございます、いかがですか?」

と美しぃ笑顔でにっこりされる。思わずたのみそうになりながらも

「え、さっき、お水も、実は有料で、アピタで5元で買えるソーダ水が、48元だったよねえ・・・」

と一抹の不安を覚え、そこは主婦、ええい、ままよ!と

「for free?」

と聞く…(;´・ω・)(ソーダ水がぁの値段なら、コーヒーはもっとよねえ、といいながら)

すると、「私からの気持ちです」

ラテ、カプチーノ、etcなんでもどうぞ、と。

 

やはりホテルの空間は、気持ちよく、とても素敵な時間を過ごすことができました。

 

そしていただいた名刺をみて!なんとこのレストランのマネージャーさんでした、お若いのに、しかも美くしくて、有能なのね~

 

可愛いカプチーノのお礼もいいたかったので、フリーペーパーの連絡先を調べてメールを入れておきました。

そして、広告で、プロモーションを打つなら、こういうプロモーションが、日本人はすきですよ、とアドバイスも(笑)

最後は忘れず、”次は家族と伺いますね”と。

 

だって、「次いらっしゃるときは、私にテキストください。私が対応させていただきますから」と

いってくださったので

 

素敵なサービスと、お料理をありがとうございました

40EF072E-7F79-4CC5-AFA4-DF77F955CFFF164287FE-EF68-4D4D-90FA-47784200656EFA4C31EB-E671-4882-959F-F498D289E35AEE33FEEE-F877-4C9B-9526-E67A10BB2584682B3E41-7AFC-4BB7-9EDD-92AF2F3BDBA4DE9F67E4-D5CD-438C-BA81-1818A64FA0C7

いつもお読みいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村

world

世界とつながった日ーNY、日本、 上海、そしてバンコク

英語Terakoyaです。

いまは、色んなツールがあるので、時間と国境を越えて、無料で世界と繋がることができるようになりましたよね。

 

特に家族が分散している我が家にとっては、wechatやlineで無料電話できるのはとてもありがたいことです。

skype,zoom,hangout etc.などを使えば、複数人でのチャットも可能

先日そんなツールを使って、日本、NY,上海とつながりました。

英語での集まりとなりましたが

今までメールでしかやり取りしたことない方とも、一度こうやってオンラインでお会いすれば、今後の意思の疎通がとても楽になる気がします。

そしてたまたま同じ日、今度はwechatでバンコクと!

”あの人にちょっと話を聞きたい”とおもってメッセージでやり取りして電話しました。

相手がどこにいようと、いつでも直接話せる!改めて素晴らしい!と感激した1日でした。

気をつけるのは時差だけ

 

 

同じネット上のツールでもどんどん色んなことができるものが出てきて、相手にそれを指定されるたびに、四苦八苦しながら、なんとかやってます。

 

そしてここは中国、切れる事も考えて、複数のツールをのアカウントを交換しておく事も必要ですよね、もしもの時に(笑)

相手がwechatアカウントを持っていてくれたら一番安全です

Restaurant weekの予約

 

英語Terakoyaです。

レストランウイークの予約すでに始まっていますね~

去年は太極拳のランチ会なんぞ気が向いて企画してみたけど、今年はPTAの方の企画とかで忙しく、精神的余裕がなく、企画予定なし(~_~;)

けど、個人的にはいきたいよなあ~

と予約開始すぐに、お友達とのランチを一つ予約。

そしたら、他のお友達からお誘いきたので、予約はお任せ!

さらに、他のお友達と

「予約した~?」

と話したのですが、

多すぎて、見てるうちに、選ぶのめんどくさくなるよね、

という話に

 

いや、本当にそうですよね?

 

というわけでもうおしまい!

 

国慶節に日本に帰った時に、人に会うのですが、その時までにある程度やっておかねばなら無いことが、夏休みに入った当たりからぷっつりストップしたままなのです。

気分だけ常に追われてる私。

レストランウイークいってる場合じゃないんだな、本当は

楽譜

また、いいオファーをいただきました

英語Terakoyaです。

またまたいいオファーをいただきました。

と、私のことならいいのですが、私の場合、いただいてもいまは仕事できませんからね

それで、よだれが出るほど素敵なオファーもお断りしたこともあります。。。。。

 

とまあ、私のことはどうでもよく、これは次男のこと。

実は、夏休みの間に、地元のtheaterで行われる、だれかのコンサートの伴奏ピアノのオファーが来ていたようなのですが、それをもらったときは、すでに日本行きのチケットもとり、インターンシップ先もきまっていたので断ったようです。

市のオーケストラとかとのオーディションも受ける?という話もあったりしたから、またなんかそんな機会あったらいいなあ~、とアメリカへ戻っていきました。

 

すると、早々に、市のtheaterでのミュージカルのオファーがきたようです!

またまた楽譜170枚!らしいですが、今年の初めに、大学のミュージカルの伴奏をやった経験があるので、早速それがいきてくるかもしれません。

9講演だそう、なんと素敵なことでしょう!

わ~、みにいかなくっちゃ!

なんて言っても主人は無視です、当然

大学のミュージカルは幸運なことに目の前で見れたのですが、今回は無理ですね~

そうかといってビデオに残してもらえるものでもないでしょうし。。。

日程は、ちょうど国慶節で、私は日本に帰っているときのようです。。。。

 

でもこれも、大都会だと、きっとこんなお話は舞い込んでこないのでは?とおもいます。

またよい経験を積めそうです。

勉学だけでなく、音楽を通じて、交流を広めれたら、と

彼が漠然と持っていた思いが少しずつ実現されていくのかな、だったら、こんなラッキーなことはありませんね

 

それにしても大学でのパフォーマンスなら必ず誰かがビデオを撮ってくれるので、私も見ることができるのですが、今回ばかりは自分がtheaterに足を運ばないとみれないもの、残念です

 

P.S. 写真はイメージです
彼の手は、正にピアノ向きで、とても大きく指が長く、そして白魚?のような指です(笑)

いつもお読みいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村