決まった!

英語Terakoyaです。

昨日の続き。

その時、天皇陛下や各国大使が参加される1300年祭記念式典が平城京宮跡で行なわれ、そのとき、ある国の大使夫人の1日アテンドをすることになりました。

そんなの始めての経験で、しかもいきなり大使夫人???

そして、聞いたことはあるけど、正確にはどの辺にあるんだその国、と調べて、話題に困らなぬ様に下調べ。

ドキドキと迎えに上った先は、え?ここ?

と思ってしまった、チェーンのビジネスホテル。

とても気さくな大使夫人で、すぐに緊張は消え去りました。

「私たちの国は貧しいので、国民のことを思うと、贅沢はできないんです。」と。

なんて素敵な方

国は、海外からのリタイアした人達には非課税(免税?)にしていて、そういう人たちをどんどん受け入れていく方針、医療施設も整っています、と。

いやあ、ここ、リタイアした後にいいんじゃない?とそのときおもったんですよね、私(笑)

その後、その国名がテレビなどに出ると、敏感になるじゃないですか?

国民の幸せ度が高い、というテーマで目にしたことがあります。だって、あんな風に国の上層部の方達が、国民のことを考えてらっしゃる国ですから、そうなんでしょうねえ。

日本の方がはるかに豊かで恵まれていますが、その番組での、日本人の幸福度は壊滅的に低かったですね。

なにを求めて、幸福、と言っているのか、そもそもその原点からちがう、かと、、、、

戦闘地域や、食糧難の地域から見たら、日本は天国だと思います。

と、横へ逸れましたが、

そんな話になり

「いやあ、ちょっと行って見たいね〜、10年目も20年目もただただ育児に追われて何にもなくきたし」

早速、スマホで調べだす主人。そして一人で、興奮して、調べた画面を見せてくる!

 

わあ、想像以上に素晴らしいところみたい

 

と、旅のアレンジ係の私、ctripで調べだす

・・・・

と、と、遠い!

 

シカゴの遠さでもう精一杯の私なのに、そんなもんじゃない!

一番速いのでも二十四時間、って1日????

思わず萎えましたが、でも、スマホの画面で見た光景に、めずらしく夫婦一致で魅了されてしまいましたからねえ〜

「いや、流石にここは情報が少ないから、いつものガイドブックなしの、ネット情報頼みでは不安だから”地球の歩き方”頼んで〜」

と旅行手配係が頼むと

「あれは、中国には持ち入れんやろ」

そうでした

 

その大使夫人に「私の国へくることがあったら連絡してね。案内します。」と、email addressをもらっていたのですが、8年も前、もうなくしてしまいました。。。。ぁー、残念

P.S.末っ子は当然つれていきません。本人も

「いいよ、アプリでデリバリー頼んでくれたら。デリバリーとどかなかったら、今日はwifiないところにいるんやな、っておもって、隣の焼きショーろんぽーたべにいくからいいよ」

と末っ子(笑)

すごいですよね、たとえですよ、地球の真反対に居ても、ごはんがデリバリーで注文できるって、

いやはや、中国はすごいです

(もしそうなったら、日本へ送り返しとくかなあ~(笑))

*誤解のないようにですが、いまだ、そのようなことをしたことはありませんよ(笑)

 

 

10周年、20周年、そして・・・・

英語Terakoyaです。

○回目のバースデーは主人と二人ランチ(末っ子も予約していたのですが、友達と遊びに行っちゃった)

2020年はオリンピックイヤーよねえ…という話になり。

ということは結婚30周年!

そこから振り返り(笑)

世の中にはスイートテンだとか、そんな言葉がありますが、我が家それどころではなかったよねえ~、と。

10年目→3番目も生まれて、8,6,3歳の子供を、親族のいない浜松で、主人は平日は午前様で仕事、土日もなく仕事だったので、当然ワンオペの育児におわれていました。

スイートテンの代わりに、いつもより奮発したのが、というか、正確にいうと、いつものキャンプより奮発していったのが、能登半島へのキャンプ!

高級旅館に泊まる予算はないので、会社の契約している高級旅館で、温泉と夕食を堪能しました。日中の活動でくたびれて、気づけば、夕食のお座敷で家族爆睡!

仲居さんにしたら、はよかえれよ!でしたね(笑)

眠いのを頑張って起きて、キャンプサイトに戻った時、なんだかちょっとものがなしかったですがね

でも、日本海に沈む夕日や、登る朝日は最高でした。”もの”よりも”感動”ですね

 

20年目→おお、これは私の人生で1,2を争う暗黒の時代。

香港より帰国して3年目に入ったころ。子供4人。主人単身赴任で、私、今度は4人の子供の名実ともにワンオペ育児!これまた初の土地の奈良で!

とにかく長男が大変で、その格闘で、ぼろ雑巾のようによれよれになりながら生きてた頃です。

20周年だからなにかする?なんてことすら思いつく余裕もない日々でした、ただただ苦しかった・・・・

 

2010年、平城京遷都1300年祭の平城旧跡会場の総合案内所で、英語アテンダントとして業務についていた時でもあり、その話に。。。。

そこに、30周年どうする?のヒントがありました。もう、すっかり忘れていたのですが。。。。

さてさて、話はふくらみます~

それはまた次回に。

 

 

搭乗拒否!母子離れ離れ!?

英語Terakoyaです。

英検を受け、夜の便に乗るべく関空へ。

が、長蛇の列

やっとチェックインの順番が回ってきて、やれやれと思っていたら

「娘さんの名前、姓名逆なので乗れません!」

のまさかの搭乗拒否通告

 

今回は、自分でとるのでなく、会社でとってもらっていたので、私は主人にフライトを伝えだけ。

「名前は一番大切なので、これが違うとお乗りいただけません」

じゃどしたらいいの?搭乗締め切りまで、並んでいる時間が長かったのでもう30分もない

「代理店に電話して変更してもらうか、中国本社のホットラインにかけてください」

は?国際電話?

血の気が引きそうになり、でも、

「落ち着け自分!まずできることから、考えて一つ一つやるしかない」

と深呼吸、こうやって幾多の危機をいつも乗り越えてきたじゃないか!

 

さっきまで、飛行機の運航状況をアプリで調べては送ってきていた主人(それ、いらんから、暇か?)

肝心の時に、いくら電話しても出ない!何してんねん!

イライラはマックス!

もう、あてにできない。予約に関わったのは彼だけど、仕方ない。

国際電話なんてかけるのどうするのよ、とctripの日本の連絡先を調べてまずそこへ

「予約の変更は3日間かかります」

はあ〜、話にならん・・・

とりあえず、航空会社の事務所にかけて見るものの、

「営業終了〜」

のアナウンス。仕方ない、残るは中国本社への国際電話しかない。。。

とりあえず電話のとこへ行けば何かわかるだろう。。。

国際電話のクレジットカードでの掛け方が表示してあったのでそれでかけて見る、が、話し中!

もう残すところ15分。。。

「もういいよ、お母さん、一人で先に帰って」

と末っ子。。。。

いやいや、そんなわけにはいかない!

 

再度、カウンターに戻り、

「代理店への電話も、航空会社への電話もして見ましたが、どれもダメでした。なんとか乗れませんか?』

と泣きつくと、さっきとは違う、ベテラン風の人が出てきてくれて

「ちょっとお待ちください」

と奥へ消えて行きました。

その間、カウンターの若いGHに

「以前、姓名違いの時に、乗れたことがあったと思うんですが」(これは、記憶が定かではない)

「以前、可能だったからといって、それが次も通るとは限りません。法令も変わりますし、現場のものの判断にもよります」

と。。。

で、ベテランの人、

「今回だけ、ということで変更取らせていただきました」

と神の一声。

この一件でもう、ほんとう、どーっと疲れる

 

最後搭乗口で半券を切る人に「大丈夫でしたか?」と言われ、見ると、

最初、「お乗りいただけません」といったあの若造ではないか!

ったく。。。。

末っ子が「大丈夫でしたか、じゃないよ。。。」と怒りの一言。

 

主人に後で確認すると

「充電してたから」

いや、出れるって!本当に役に立たんわ!

自分がctripに申し込んだか、会社の子にやってもろたか忘れたわ〜

って。

でもおかしい、、、

普通、申し込んだらその名前が自動的に往復便に反映されるはずなのになぜ帰りの末っ子の名前だけが反対?

あちらの入力ミスだろーが。。。

私も往路の名前、往復のフライトナンバー時間を確認しただけだったけど。。。。

とにかく冷や汗かいた一件でした。

でも乗れてよかった

馬乗りされる!

英語Terakoyaです。

普段から肩こりを感じないわたし。でも、たま〜にマッサージなどを受けると、

「めちゃめちゃ凝ってますね、これ一回では取れない」

というほどの肩コリらしい。

でも全く感じることがない。

なのに1週間ほど前から右肩の一箇所がすごく凝ってきて、運転していると、凝りすぎて痛いほど。やばい!

小さい頃から、肩もみがとてもうまい末っ子。

今回は国慶節やすみでずっといるので、

”ちょっともんで”

と頼む始末。。。

けど、これもしかしてわたしが寝た方が少しでも力をかけるの楽じゃない?と思い、提案すると

「うん、その方が楽。」

と。上に乗っていいから、とわたし。

そしたら、なんだかいつも口うるさく言われて言うお母さんを制圧したような?気分になったのか、超ご機嫌に

明らかに、わたしに体重をかけないようにお尻を浮かせ気味なのがわかるので

「普通に座っていいよ」

と言うと、さすがに重みで圧迫され、声を出すと、

背中で大爆笑!この子、笑い出すと良く壊れて、止まらなくなるのですが、背中で悶絶してる

そしてお尻を振ってふざけてくる!これされると横に体がよられるので、なんとも言えない感じに

 

またその反応を見て大喜び、”お尻ダンス〜”とか言ってる

 

けど、手は止めずにちゃんとやってくれるます。

母が

「ようしてくれるわ。誰がここまでしてくれる?」

と。

 

「あ〜、手が疲れる」

と言いながらも、母を支配下に置けるのが楽しいのか??

寝る前にも、またしてくれました。

味をしめたのか?

「帰ったら、お父さんにもやってあげようかな( ̄ー ̄)」

と言っておりました。

 

ありがとねー

ついに通達きました😢

英語Terakoyaです。

 

昨日、あんなことを書いていたら。。。。

昨日は、輸出商品をだすのに(たぶんair便取りあい?)トラブったとかで深夜帰宅の主人。

が、朝出がけに

「10月8日までの関空第1ターミナル発の便は、他空港へ振替を検討してください、ってきてるで」

ついに我が家にもきたか

 

すでに、英検協会には、事情を伝えて、受験地変更が可能か問い合わせ済みで回答貰っている準備周到な私

「セントレアとか・・」と主人

とりあえず系列エアラインで見るものの、当日乗れそうな便はナシ。

そうかといっても翌日も、どっかの経由、羽田成田ならまだしも、どっかの国を経由して、二日かけてかえるんですか?みたいなのしかない。。。。

頭を切り替え、奈良には移動せず、岡山から戻ることを次、考える。

ガーン!このまえまであった、いつもの朝便がない。。。高松や、広島もみるものの、系列で、時間が合うものはなし。

というか、そもそも、高松広島まで行くのが大変!

もちろん、奈良から名古屋だって、近鉄で2時間前後は見なきゃいけないから、どこも同じ。。。いやだ。。。。

というかないんだもん。。。

香港経由?いいかも、と思っても乗り換え時間2時間もない、意味ない。。。

そして、頭の中は次の段階へ移行

 

系列会社では無理だから、思考を元へ戻し、関空第2ターミナルからなら?

これならあります、しかも七日に戻れる便

 

けど、こうなるとキャンセルして、ということになるから、どうなるんだろう…。今回は、会社を通して取っているので、その辺の判断がわからない。。。。

 

とりあえず、希望を主人に送る。。。

 

学校があるから、早くもどらなきゃならないのだ~!

どうか日曜日に関空から戻れますように。

 

本当、明日は我が身です

 

7月の台風での欠航といい、今回のキャンセルといい、上海に住んでいるはずなのに、なぜか日本の天候の影響をこのところずっと受けています。

 

それだけの頻度で、今年は日本が自然災害に見舞われているということでもあります。

 

 

 

 

被災地の一日も早い復興を祈っています。。。。

 

 

いつもお読みいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村