pexels-photo-631477

ニュージーランドのテロを受けて

英語Terakoyaです。

 

昨日のNZでのテロ、世界で二番目に安全な場所、と言われていただけあり、

全世界に衝撃を与えています。

言葉を失います。。。。

 

クライストチャーチといえば、香港時代の友人家族が住んでおり、facebookに

「〇〇の無事が確認されました」

のメッセージがpop upされ、ホッとしました。

さらにFBで、子供の学校やオフィスもlock downされている?などと、友人同士でのやり取りも目にして、

とおいNZのことですがすぐ近くに感じて、背筋が凍りました。

 

次男の留学中のシドニーはお隣、やはりオーストラリアの友人もいろいろなメッセージをあげています。

さらに。。。

 

次男のアメリカの大学も、学生たちに向けて、複数のメッセージをすぐ送っています。

●Nzに留学中の当校の学生の無事は確認されています

●我が校は、ムスリムについて大学で常日頃より正しく理解するようにやってきている、当校は常に君たちとともにあるから、サポートしていきます。(ざっくりいうとこのような内容)

●サポートが必要な学生はいつでも留学生サポートセンターなどに連絡を取り、きて話をしてください。(これはキャンパス外にいる生徒にも向けられいています。)

 

50カ国からの留学生のいる多様性に富んだキャンパスです。

日本の大学はどうか知りませんが、こういう大学の行動の早さには、驚きます。

 

単一民族島国に平和に暮らしている日本人には考えられない状況ですが、もう、他人事ではない時代に入っています。

 

4月からの外国人労働者の大幅受け入れで、外国人の日本への流入はますます加速していくと思います。

アメリカのキャンパスで行われているような、異文化を知り、理解する、そういう取り組みも、これから日本でも必要とされてくるのでは、と思います。

 

少子高齢化による労働力不足のために、外国人労働力に頼らざるおえない現実。

そして、観光立国としてやっていくのは必須になってきている状況。

 

”移民”ということに向けられた憎悪から端を発したであろう今回のテロ。欧米は、どこでも可能性のあることなのかもしれないけれで。。。

 

日本での異文化教育・理解は急務なのでは、と思いました。

世界が争いなく、平和に共存出来る日はいつなのでしょう・・・

次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第3回

日時:3月28日 AM10:00~11:30(Beijing Time)

場所:オンラインで開催(zoomでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(3月27日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

オンラインですので一時帰国中の方もご参加いただけますよ

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

1985AAA9-F735-46CF-8467-7519254151E4

衝撃!こっそり見てしまった夫の….

英語Terakoyaです。

「これが研修の資料や」
とおいて、1週間の出張へ出かけてしまった夫。

時間があるので何気に見た、資料の中には、なんと衝撃の記述の数々が!

 

これからやりたい仕事をだーっと書き出している欄

1位こそ、自分の仕事?だけれど

2位以下のそれも上位のpriorityのたかいもの

・外国人に日本を紹介する事業

・塾の経営

・語学スクールの設立

などなど、ちょちょ、ちょっと待って!

 

これ、誰がやるの?ってあなたの仕事じゃなくて、私が主体的にやる内容ではないのー???

一言言わせてもらってもいいでしょうか?

これまで、私は、主人が仕事だけに専念できるように

子供4人分の教育、受験(留学含む)、保険なども含む家計管理、そして旅行に行くといえば、全ての手配とスケジューリングをしてきました。日本にいるときは、それを仕事をしながら、7年もの単身赴任の彼不在の中、本当に一人でやってきたのです。

なのに、この歳になって、主体になって働けと???

友人に話したら

「ご主人の愛よ、愛

どこが???

 

少なくとも、塾の経営や、語学スクール系は、もう結構です。それを主体として働くのは、きつい。。。。

もっと広く色々なことを、自分の好きな範囲でやりたいのに、セカンドステージ、主力になって、というのは全く別のこと

もちろん、資格試験の取得や、スキルアップもしてきながら、

「老後は任せて」

とは言ってたけど、主力になるつもりはさらさらございません。

 

あくまでも、サブで、自分の経験やスキルを活かせる仕事を、楽しみながらやりたいのです。子育てが終わったら、それをやりたいのに〜

 

ええ、彼の気持ちはわかりましたよ、でも、それならば、こちらの要望もちゃんと聞いてもらう必要があります😎

しっかりと、こちらの要望も聞いてもらう方向で行きましょうね〜

win winの関係で😉

 

とまあ、とにかく驚きましたが、

彼が長年営業として培ってきた営業力と私の経験を合わせて、二人で楽しくできることがあるなら、最高です

 

末っ子が大学入学するのを子育ての一応の終わりとするなら、そのときはもうそこまできてますからね。

一つ一つのideaを検証して行く必要がありますね。

子供は順次独立して行くので、そこから先は二人の生活が、○十年。協力しあって楽しくセカンドステージ送れるように、準備準備

 

SNSの功罪

英語Terakoyaです。

ここまでSNSがあふれた世界。

こういう環境で育っている子供たちは、面と向かって言えないことをSNS上では平気でいい、

またそれに対して、絵文字がついているかいないかで、相手の受け取り方が変わって、

誤解したり、傷ついたり、傷つけたり。。。。

メッセージは残るものだし、本当に、言葉に気を付けるように子供には言っています。

でも友人の間では、やはり色々あるよう。。。。

 

大人の世界もしかり。

先日、特に駐妻ブログ関係で、駐妻の方がなくなったことへのいろいろな意見を読みました。

いいとか、悪いとか、ではなく、

なんだろう。。。複雑な気持ちになりました。

 

何が真実なのかわからない中。。。

ただただ胸が苦しく、残された子供のことしか私は考えられませんでした。。。。

 

 

とりとめなくなりましたが、

SNSがこんなにも生活の中での比重をしめてきてしまっている今の時代、

何とも言えぬ危機感を感じてしまいます。。。。

 

情報も氾濫しています。

それに煽られるのではなく、自分がちゃんと検証し、納得したものを選んでいく眼を養っていかなくてはなら無い、と思います。

 

どんなものも便利になりすぎると…。なのかもしれません。

 

これまで経験したことのないような・・・

英語Terakoyaです。

 

この夏、天気予報でどれだけこのフレーズを聞いたことでしょう。。。。

日本列島、まるで大水で洗い流されるか如くの水による災害です。

7月の西日本豪雨の時、私はまさに岡山にいました。尋常ではない雨でした。

そしてこの台風では関西に大きな被害。

どちらも、あまり自然災害が多発する地域ではなかっただけに。。。

まさに”甚大な”被害です。この”甚大な”というのも何度聞いたことでしょう。。。。

 

ちょうど天津出身の中国人と、バンクーバー出身のカナダ人で、ふたりとも日本にすんでいるのですが、災害の話になりました。

天津は内陸で乾燥していて、台風の被害や地震の被害もほぼない、とのこと。

バンクーバーも、台風、地震というのはほぼないけど、寒さによる害があるとのこと。

 

日本は島国であり、さらに環太平洋地震帯?の上に位置しているので、自然災害をダイレクトに受けてしまうんですよね。

このような自然災害の経験のない、外国人の方は、とても怖い思いをしているのだろうな、と思いました。

今回関空に孤立した人達の中にも、外国人観光客も多かったと思います。

異国の地で、自然災害にあって、本当に不安な思いをされていると思います。

 

日本からはなれたところで、日本のこんなニュースをみていると、何とも言えない気持ちになります。

少しでも早く、復旧されますように。。。。

か、関空が。。。

英語Terakoyaです。

日本、台風21号の被害がひどいです。。。

Facebookにも、関西の友人たちが、その威力や被害のひどさを続々投稿していたのですが。。。。

ニュースをみると、

滑走路が浸水で、3000人が空港に孤立

さら連絡橋に船がぶつかり、橋が断絶!

完全な孤立状態。。。。

ここまでの被害になるなんて予想しなかったのでは。。。。。

絶句です。

 

主人は会社から帰って、関空からの製品輸出が多いらしく、今回の事態への対応への為忙しく電話をしていました。。。。

そばで、私

「国慶節までに橋、どうにかなるかなあ。。。」

というと

「そんなんどうになかなるわ!」

と一喝されました。。。

 

関空には一万人分3日間の食料の備蓄があるとか。すごい!

 

今日から、神戸港へ船での搬送が始まるようです。

 

今年の日本、本当過去にないレベルの災害がこれでもか、というほど押し寄せています。

特別警報がまだまだ周知されてない、という現実も含め発令される警報などの意味を正しく把握し、行動して、自分の身は自分で守る、

との意識が、本当に必要な事態になっています。

 

今朝の時点で、再開のめどは「全く未定」だそうです。。。。