通訳案内士試験2017の巻~その1~

英語Terakoyaです。

再度二次面接に向けて再開したのは4月(遅すぎだろ

その間、どうしてもやる気にならなかったのと、他にとりくんでいたこともあったものですから➡言い訳(~_~;)

英語はプレゼンはある程度まとめていたので去年のにつけたしで

中国語は圧倒的にプレゼン用意しているものがすくないので、出そうなものから少しづつ作文して、先生に添削してもらい、ということからやりました。

いろんな観光にかかわるサイト、日本語、中国語、英語、で色々さがしながら抜粋したり、それをもっと簡単な自分の言葉に直したりしながら、つくっていきました。

しかし、特に英語はものすごい量になり、こんなのどうやっても覚えれるはずがない!

ガイド試験のあらゆる情報を提供してくれるサイトがあるので、直前になると、最重要予想問題❣のようなものをマメに発信してくれます。

そのお題の中に、用意してないものがあればさらに用意して。ただし、中国語まではとても追いつかないので、中国語は、最重要項目を覚えて、そこから出ることを祈りつつ、そこにないことでも、自分が話せることに関連付けして、話を持っていけるように、ということを考えました。

考えただけで、それができる、というのは別ものでむずかしい

試験が近づくと、去年のトラウマがよみがえり、

”両方だめなら、また一からだ”

という不安が大きくなり、とにかく、普通にやれば(去年のような意地悪な誘導にひっかからなければ)英語はいけるのだから、と自分に言い聞かせる日々。

やはり、プレゼンの2分という時間の感覚をつかむのと、予期せぬ質問への対応の仕方の練習、というのが最重要項目です。

そこで思いついたのがオンラインレッスン!

どうせなら、中国語もやってしまえ!ということで直前40日間、両方を毎日受講することにしたのでした。もうこの時期からは、とにかく英語合格にシフトしていましたので、中国語はほぼこのレッスンとプレゼン資料を少しおぼえるぐらいの勉強しかしていませんでしたね。でも、毎日、先生と会話する、というだけで、やった感ありでした(笑)

1.逐次通訳→英語は、NHK world Englishなど聞きながらメモ取練習(以前通訳講座を受講した時に、メモとりのやり方は学んでいます)

中国語は、先生に日文を読んでもらい、それを訳して訂正してもらう。英語は、その後に、そのメモを見ながら訳したり。。。

 

2.プレゼン→3枚のカードを見せられ、30秒の間に、トピックを選び、話す内容をざっと組み立てます、たった30秒

本番は、テンパってしまう場合が多いので、そして今までの受験生の様子からして2分ものプレゼン原稿はながすぎる、つまり、1分30~40秒ほどで十分、という話

2分って、相当な内容が話せるんですよ、やってみてください(笑)

特に外国語なんで、考えながらしゃべるので、なんか長すぎた?と思っても、まだ時間ある、そんな感じです。

とにかく、毎回、先生に、準備の30秒、スピーチの2分を計ってもらいながら練習。これかなりのストレス。。。。

けど、本番なんて、試験官の目の奥に鋭いヒカリを見てとりながらの緊張状態で、笑顔でやらないといけないわけですから、それ以上のプレッシャーですから、

結果的にこの日々の苦行が役に立ったと思っています。

中でも、外国人視点からの質問が、本当によかったし、本番にいきました。先生方の中には、やはり私のようにガイド対策をする方を教えた経験を持っている方もいて(というか、私は、同業の勘で、そういう、優れた先生を見抜いて、ストーカーのようにしつこく予約しまくりましたから(爆笑))、時には、日本の文化のことなど私より知っている、というのも珍しくなかった→私がしらなさすぎ

いつもは朝に中国語、午後に英語を受講していましたが、土曜日は午後に用事があって無理。

そうなると、どうしても夜の受講、私はおそい時間が苦手なのでちょうど晩御飯の時間になりました。

この40日間だけは、”ごめん、二人でご飯食べてきて”と主人と末っ子は二人でご飯にいき、私はレッスンを受けていました、いやあ、良くやりましたよ、われながら。(自画自賛)明らかに前年とは力のいれようが違いましたね、人間、あとがない、と思うとやるものです

そしてこの時期、初めてブログを休止しました。

何かを手に入れるには、何かを手放さなければならない

と思ったからでした。

英語と中国語、それぞれの先生方から、励ましを受けてその日を迎えました。

interviw

通訳案内士試験2016の巻ー(2)-

英語Terakoyaです。

真っ青な私、だって2015年の12月、奇跡的にHSK6級に受かっただけで、中国語で、日本の地理歴史、社会、文化、観光の事などはなせるはずもなし。

さらに恐ろしい逐次通訳なんてできるはずがない。

どうしよう…一言もしゃべれなかった・・・・あるのはその不安だけ。

英語も同時受験で準備しなければならないので、ほとんど中国語にさく時間なんてなし。

後半のスピーチで、喋れるトピックが3つの中にない、ということもかなり高い確率でありうる。

二兎を追うものは一兎をも得ず、になってしまうから、中国語の2次は見送ろうか、とも悩みました。

が、そこは変な意地があって、

”そんな逃げるようなことをしてはいけない”

と両方受験。いらんから、そのよけいな意地

 

面接官は日本人とネイティブが一人ずつ。

日本人の方は、大学教授のような方かプロの通訳案内士。これは一目でわかります。

ネイティブの方は、やたら日本に詳しぃ(そう、受検者以上にくわしい)人か、この時に雇われた日本に関する知識が乏しい人、に大別されます。

どちらのタイプになるかで明暗分かれます。

英語は、すぐにネイティブの目を見たらわかりまし、この人、詳しい、って。日本人も通訳案内士。厳しい戦いになりそうだと💦

自分のスピーチへのQ&Aでやってはいけないミスを犯してしまいました。

神社に関するスピーチをして、神社の数を聞かれました。

しらない、、、こういうときは、推測なり、なんなりとりあえずしゃべって、

「詳しい数は、またおしらべしてお伝えしますね」

というべきなのです。(ガイドと観光客の設定ですから)

頭ではそういえ!といっていっているのに、”よくわからないのですが”といいたくないもう一人の自分がいて、なんとかそれをごまかそうとしたのですが、

そのネイティブ、執拗にどこまでも数字を言わせようと意地悪な誘導尋問。まんまとそれに屈してしまいました。

ちなみに日本の神社の数は約8万ですよ、皆様!

(今ならお寺の数、祭りの数まですらすら言えますよ(笑))

それでテンパってしまい、大きなミスをおかして、撃沈されました。

 

上海にきて、英語を使う機会がなく、ましてやこのQ&Aセクションの応対練習を全くしてこなかったから、の結果でした。

直前に受けた模擬面接でも、各評価項目ともすべて満点をもらい「よく勉強されてますね」とお褒めの言葉までいただいたのですが、試験は水ものです・・・・・

 

午前中英語、それもひとグループ4,5人なのですが、その最後。

そして30分ほどしてすぐに中国語の受付。そして今度グループ一番。

つまり、頭を英語から中国語へ切り替えるのがそうでなくてもできないのに、この時間のなさで余計できない、という、本当に悪い条件での面接になりました。

まあ、もともと中国語は”逃げずに参加することに意義あり”で受けているからいいのですが(笑)

 

中国語は、とにかく、一言もしゃべれない恐怖、しかなかったのですが、最初の逐次通訳の最初の言葉で撃沈されましたよ。

ちなみにその時の日本文です。あまりの固有名詞の多さにメモ取すら、手が震えました。

そしてこれ、恐怖のまさかの一文ですよ、これでも!

「迎賓館、赤坂離宮はかつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、1909年に東宮御所として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本に置ける唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。」

最初の二つの単語を聞いた段階で、頭のなかまっしろ

中国語の方が厄介なのは、例えば、英語なら「浅草」は「Asakusa」でいいのですが中国語は中国語読みができるので「qiancao」になるわけですよ。

一年前の私には上に出てくる固有名詞、完全には読めなかったのです(今は大丈夫ですよ😉)そしてこの一文の長さ、主語と動詞?もう完敗。

さらに次の2分間のスピーチ。幸運にも少し準備していた

世界無形遺産「和紙」がトッピクにぁったのでそれを選び、沈黙、ということは回避しました。UNESCOの中国語も覚えましたよ「联合国教科文组织」

だけどQ&Aで和紙の作り方を聞かれ…もちろん、英語では説明できましたが、一年前の私には中国語でそんなの無理、身振り手振りを交え、知っている単語で懸命に説明。

まあ、冷や汗も出ない状況でした。

 

けど、逃げずに、中国語も受けた自分には、少なくとも納得。

 

そして、まさかのダブル不合格!!(笑) 二兎を追う者は一兎をも得ず、地でいきましたね、まあ、最悪のシナリオがそのまま具現化(笑)

幸い、この一年に一度しかない国家試験、ちなみに今年の全言語最終合格率は15%台、中国語だけ見たら8%前後ではないでしょうか、

でも、二次面接でだめでも翌年もう一度だけ受けれます。

 

英検は2次面接、確か4回まで受け直しできると思いますが、こちらは一回。だめなら、次は一次試験すべてまた受けなおし、という地獄しかない・・・

 

そして、私は翌年へと、希望をつないだのでした、英語に関しては、ひどく落ち込みましたが。。。浮上するには春までかかりましたかね

そういえば去年のそのころは、長男が無事単位をとって卒業できるかどうかのハラハラの時期でしたわ、いつもいつもなにかが同時並行。。。。

次へ続く

P.S. 写真のように、二人の面接官が適宜確認しあったりアイコンタクトを取ったり、特に日本人面接官はずっとメモをしていたりするので、いちいち気になります、こわい。。。だけど笑顔でいなければいけない、そんな矛盾したこと求められても、です。。。

 

study

通訳案内士試験2016の巻-(1)-

英語Terakoyaです。

通訳案内士試験の一次試験科目ですが、

例えば免除になる資格があります。

いくつか免除対象資格がありますが、難易度のわかりやすいものを挙げてみます。

・歴史ーセンター試験の日本史Bで60点以上(私は高校から世界史をとっていたので、日本史は久々なんてものではない。大学の卒論は”アメリカ南北戦争”ですし

・地理ー~旅行業務取扱~

・一般常識ーセンター試験の現代社会で80点以上

と、こんな感じです。

一次試験の勉強の負担を減らすために、センター試験を受けるつわものもいっらしゃいますが、TOEIC,英検ならまだしも(TOEICなどは特に同じ年代の男性がたくさんうけているので)、高3生の間に交じってセンター試験を受ける勇気は私にはありません。

 

なので普通に対策をするしかありません。山川の教科書ですね、歴史は。地理は地図帳必須。

この二つはまだどうにかなるのですが

問題は”一般常識”

これ一番難問奇問が出る科目で、ある意味対策のしようがない。これにかんしてはセンターを受けるほうが確実かもしれないです。

たとえば、政府の関係省庁の白書、みたいなところからの抜粋の文章がだされ、そこの穴埋めとか

観光庁のページから出るならまだわかりますけど、経済産業省だの労働省だの。。。。

で、初めて政府関係のページをずいぶんと読ませていただきましたがね、へ~、結構ちゃんとやってるやん、とか(失礼な)

 

つまり、外国人観光客が興味を持つことは何でもでますよ、ってことですね。

日本経済のこと、日本の労働状況、日本の社会保障、はたまた選挙制度などの政治体制のことなどなど。。。それはもう限りなく範囲がないに等しい。。。。

さらには、その年に起こったことなどからもマニアックな方面のことがでたりとか、とにかく海外にいると余計不利な傾向の科目です。(は、いったいだれがこんなことしってんの?だれもとけんやろ、レベルのものもあります)

これには本当泣かされました。。。。

 

とにかく8月中旬の一次試験までは2か月ほどしかなかったので、調べて調べて、詰め込んで詰め込んで、結果は、一次合格!

 

が、喜んだのは一瞬だけで、すぐに顔面蒼白になった私でした。。。。

そもそも一次の発表までに2か月近くかかり、そこから二次までに3週間ほどしかないのです。