イミグレでの見たことない光景と不可解な質問

英語Terakoyaです。

浦東空港に着いたのは夜の9時半ごろ。

国慶節最終日、どうせイミグレ並ぶよな〜

といったら、まさかの見たことのない光景がそこに!

中国人の方は人います、がforeignerの方へ行ったら、まさかの

待ってる人ゼロ”

状態で、目をこすったほど!

そしてイミグレのお姉さん、

中国語で「中国語話せる?」というので

おこがましくも「うん」と答えると

「出身どこ?」と謎の質問。

あーた、その赤い私のパスポートを手にしながら、なんてこと聞くの?

「日本」

すると「日本。。。」(ふ〜ん、という空気を漂わせる)

で終わり。

何やってん!

というか、あんたイミグレの人間やろ、英語で喋らんかい!

 

末っ子はといえば、「お兄さん、満面の笑みでやってくれたで」

そして荷物を取りに。。。。

なっかなか荷物が出てこなかったけど、さすが一番後にチェックインしただけあって、出てき出したらすぐに出てきました。

 

夜7時過ぎの便だと、日曜日の半日以上は過ごした後でフライトだし、この時間、こんなにガラガラなら、これから、これもありかも〜

 

とにかく、今回も駆け抜けて、最後、乗せてもらえない、という冷や汗かきながら,今回の一時帰国も終了。

facebookの春日大社の投稿を見た友人が

「帰ってるん?いつまで?」

とメッセージ。そりゃ昼ごろ春日大社から投稿してたら、おると思うよねえ〜

「ごめん、もう、上海ついた」

今度またゆっくりね〜(^_-)

努力は夢中に勝てない

英語Terakoyaです。

今回もメンターと濃い話をしました。というか、ただただ教えてもらうだけですが。

こんな、本来は、高いコンサル料払わないと聞けないような内容を、心地いいカフェで、飛鳥ののどかな景色を眺めながら聞けるなんて、なんて贅沢な時間!

もう幸せすぎる時間

なのですが、またまた課題がいっぱい、というか多くのヒントを与えてもらいました。

何で私なんかが、こんなすごい方に、こんな親身になって、応援していただけるのか、ただただありがたいだけですが。

 

夏にスカイプでお話ししてから、あまりにダメ出しがハードルたかく、忙しさもあって、ストップしていたのです。。。

「ダメ出しちゃいますよ」

と。今の環境でしかできないことを、いろいろ試してやって見ること、を強く言われました。

上海に住んでいると、できないことだらけで、できないことに目がいくのですが、日本から見たら、全く逆のようです。

全ての行動の元となる概念も再確認しました。

頭も整理されて、

”よし、焦らず、でも、諦めず、やって行こう”

と改めて思えました。

今日のタイトルはビームスの社長の言葉だそうです。

わかります〜、そこに凝縮されているメッセージ!

でも”夢中になる”ものを見つけるのが一番難しかったりするのですが。

 

カフェのオーナーといい、メンターといい、

お二人は”夢中になるもの”を持っていて、それでいて

全くガツガツしていない、それこそ飛鳥の穏やかな光景の中に、溶け込むようなお二人。

お二人の、根本的な考え方は、一緒。

成功する人って、こうなんだなあ〜、と再認識しました。

そして、何となく、

”このお二人を引き合わせたい”

という思いがピンときて、おそらく、今回の私の役目はこれだったかも?

 

お二人がコラボしたら、さらなる社会貢献活動が生み出される、と直感した私です。

 

やはり、人の心を満たしてくれるのは、

お金や、ものではなく

”人”

だなあ、そう思った、とても濃い1日でした。

感傷に浸る、そして英検

英語Terakoyaです。

日本最終日、午前中英検受けて夜のフライトで上海へ。

 

末っ子、上海の地下鉄には、乗れても、日本の電車は乗り換えがわからない、と一人は不安

この日、フライトなければ一人で帰らせたのですが、乗り換え違って、遅くなったりしても困るので、なか約三時間、時間を潰して迎えにいくことに。

最初お茶でも飲んで、と思ったのですが、肩と腕が痛いのでじっと同じ姿勢は辛い

あ、そうだ!せっかく奈良市にきてるんだもん、奈良公園いこ!と思いつき

春日大社へ行くことに。

英検試験会場、長男の高校のある駅で、

毎日ここまで、汗と涙の高校サッカーするために通ったのよねえ-,と感傷に浸るわたし

さらに、英検会場も、わたしがかつて一級受けたとこと同じだったりして、かなりタイムスリップした思い(笑)

さて、奈良公園到着!うーん、この空気感がやはりいいのよねえ

 

が、三連休、国慶節も重なってすごい人!

途中、去年の夏、次男がバイトしていたレストランカフェ発見!次男にチャットしたら

ー挨拶行って〜ー

と。いや、わたしはオーナーにお会いしたこともないのに、できませんよ、そんなこと💦

春日大社では、ちょうど結婚式が行われていました!

 

そして、お天気も良い日で、お宮参りの方たちも何組か❤️

神社はお祝い事を司るので、幸せがいっぱいです🌟

絵馬を見たら95パーセントが中国語のもので、ビックリ!

神社の澄んだ気の中にしばし身を置きゆっくり過ごして、

もう少し時間があったので

 

興福寺へ。

 

ちょうど中金堂再建の祝賀会のような大きな祝典が開かれていました。

 

歴史に浸り、心満たされ、末っ子ピックアップへ。

ライティングのお題はなんだった?と聞くと

 

Historic siteを保護すべきか?

というような内容だった様

あらあ、奈良の子はちゃんと書かなきゃね😉

で、理由二つは何にした?

歴史的サイトを保護して、教育の場で、そこを訪れたりして歴史を教えていく、

も一つは

 

観光客を誘致する

とのこと。

ええ、いつも着眼点まではいいのですが、方いる内容をみて、

多分この子、こんなこと言いたいのね

 

とだいぶ努力しないと汲み取れない文しか書けません爆笑

読んですぐわかる文でないとだめ、採点者は必死になって親身になってよみとってなんかくれないからね、ボランティアじゃないんだから!

 

と言っています、私。

 

前日から、マイカーも、関空への乗り入れができる様になり、ほんとの意味で通常の状態になった関空から、上海戻ります。

さ気合い入れなきゃ

流行るカフェの条件

英語Terakoyaです。

施術でお世話になっている方、

”思いもしない展開で、秋に飛鳥にカフェを開くことになったんです”

と言っていたのが、春の一時帰国の時。

 

私のメンターとお会いする約束をしていて、どこにしましょ?と言う時にピンときた私。

トリートメントの予約メールをしたところ

まさに、その日のその時間に、オーナー自ら、ちょうど私空いてるのでカフェにきませんか?とまさかのタイミングでのお誘い

メンターが迎えにきてくれて出かけました。

 

なんの宣伝もせず、”オープン”などの登りも看板も一切出さないのに、開店当日から次々とお客さんが来てくれて、ランチも売れ切れ、満席!の状態との事。

メンターは自治体のいろいろな事業を広く委託されてやっている方で、もちろん個人事業主などへのコンサルなどもされていて、もはやなんでも屋。

彼曰く、

ーこれは流行りますね。売れるカフェの条件が揃ってますー

1.近くに競合がいない

2.窓が広い

3.メニューもオリジナリティーがある

4.交差点にあるので、信号待ちの時に見て、”なんやろう”と入ってくれる人も多い

そしてこれ一番のポイント

5.オーナーがカリスマ性のある人(メンター、パッと見てそう言うの見抜いてしまいます。すごい人ですね!と。

ハーブティーのブレンドもめちゃうまい、魔女みたいな人ですね!とまで笑)

私は一時帰国の時に、いつもハーブティーをまとめて購入して飲んでいるので、他と比較することがなかったのですが、やはりそう何や〜、と感心。

 

そのあとオーナーと話した時、さらに驚きの秘密が!

その地域、本当は交差点の三方向は全部飛鳥。

でもカフェの一角だけがぽつんと桜井市だそう。

何で?

区画整理の時にどうももれいたらしい、と。

実はここが要で

「飛鳥だと、町並み保存のためのいろいろな規約があって、屋根は黒瓦、引き戸でないといけない、とかあるから、本来は、こんなカフェは建てられないところ。ここだけ桜井なのでできたことなんですよ・」

ひゃー!

ここにカフェというのも、あちらから話が降ってきてあれよあれよ、との展開でオープンになったようです。

お昼時満席!マクロビの食事やハーブティーを出しているのですが、売り切れる模様。

黒瓦の街並みの中に、ポット現れた今時のおしゃれカフェ、周りにはハーブが植えてあり、目立たないはずがありません!

それに、ここだけこの手の建物がOKなので、競合がこの先できることもありません。

 

お店の中のデザインも空気感も、スタッフも最高!

遠くの方も見えていました、開店1週間しか経っていないのに、この口コミってすごいですよね。

何が大変、って”知ってもらう”ことが大変なのに、何もせずにこれは、普通はあり得ません。

やはり、導かれている方は違いますね。

 

奈良医大、早稲田大学とのハーブ研究にも携わり、この秋は、ハーブの国際シンポジウムにも参加されるとか。

なんだかすごいかたになっているのですが、いつも、知り合った10年前とかわらず、自然体の優しい方。

 

奈良の飛鳥へ行かれることがあったら

飛鳥資料館の向かいの”森のカフェ”に是非、言ってみて下さいね〜!

もしかしたらこのオーナーに会えるかもしれませんよ!

 

え、身体中の関節が….!?

英語Terakoyaです。

一週間ほど前から肩に凝りを感じ始めたのがみるみるひどくなって、腕まで痛くなるほどの重症化

いつもトリートメントしてもらっていた方の元へ駆け込みました。

最初に足の裏を触っただけで、

ーこれ、肩だけじゃないわ、全身ですよ—-

さらに背骨を触りながら

-今までこんなの初めて。鬱血してる-

鬱血???

背中も肩も触られると自覚症状なかっただけで、どこもバキバキ

心当たりはあれしかない!

本当もう感情殺して会わないとどうしようもない人と会った翌日から

というと

-それねえ。悪い気を受けてそれが体を巡らないようにするために身体中の関節がそれをブロックしたのね、それでだわ。だから、本来回らなければならないいい気までがブロックされてる状態ー

あー、そこまでか人間の体って、そんなになるんやそれほどまでに強烈な….

ほかにここまでの症状が出る原因は一切なく、疑う余地もなし

とても一度の施術でどうにかなるもんではなく、翌日も予約

上海戻る前になんとかしないと,まずいぞ

でも逆に考えると、このタイミングでここで施術受けれてよかった^^;