国慶節の準備はOK?

英語Terakoyaです。

2014年の夏に上海に来て以来、初めて国慶節に日本へ一時帰国します。

いつも空港の大混雑の様子を、人も車もぐんとすくなくなる静かな上海から見ていたのですが、今年はそこに加わるのかと思うと憂鬱です。。。

4時間前にはいった方がいい、なんて声をきくのですが。。。

主人がゴールドメンバー?かなんかなので、家族も優先チェックインできるはず、でも一人だけ、とか。。。そこはごり押しだ!できるのか。。。?

でも、日本は気持ちのいい季節!ちょっと楽しみ♡

今回は、検診やら、免許更新やらやらねばなら無いことがあるので、それらの日程を決めたら、残りのいろいろを予約していかねばなりません。

歯医者もつれていかねばならないし。。。

絶対いきたいのがいつもお世話になっていたアロママッサージ。(上海では、そういう類のものは一切通っていないので)思いっ切りデトックスしたい~

今とてもいろいろな講座をされるほど会社として大きくなってらっしゃって、HPを検索してみたら、その立派さにただただ感心するばかり。

予約フォームなんてできていて、そこから入ったけれど、私の希望する日はなさそうなのですが、コメント欄にいれておきました。

お次は、アプリから美容院予約。

しかし、実は中六日しかない日程で、私の実家の方にもとんぼがえりしなければならないかもで、思っている予定がどれだけこなせるのかわかりませんが💦

今回は関空発着なので、東京の上の二人とは会えそうにありません。年末おいで~!!

おまけに、仕事が忙しすぎて、主人は免許更新などどうしてもやらねばなら無いことだけ済ませたら先に上海にもどることになってしまい。。。。

「国慶節は伊勢神宮いって、賢島あたりに泊まって、おいしいもの食べたいなぁ」

なんて言っていた主人の希望とは相反する方向に、現実はいっているようです。

また来年ね、といいたいところだけど、多分毎年この時期忙しいんだろうなぁ、という感じですね💦

毎年、国慶節といえば、空気も綺麗、人も少ない上海でのんびり快適に過ごしていたのが、今年は、日本でばたばたすることになりそうです。

友人たちに会う時間もないかもです。。。。

とにかくすべての予約を完了しなければ💨

 

 

日本語上手になったね!って(~_~;)

英語Terakoyaです。

次男と夜おしゃべり。

バイトの話。

先日、社長さんに
「きたころより、日本語上手になったね」
といわれたとか(~_~;)

彼の笑い話・

その一:半熟目玉焼きがのっかったメニュー。欧米人のお客さんに”もっとcookedして”といわれ、厨房にむかったものの、その日本語が咄嗟にでてこず
「卵をしっかりしてください」???💦💦💦

もちろん、そこには一瞬の沈黙があったわけですが、厨房から
「もっと良く焼いて、ってことね」
と優しぃ理解が(笑)

その二:場所柄、修学旅行生が大勢やってくるとのこと。前もって、配膳しておいて、あとから汁物をはこんでいたところ、
「これなんですか?」
ときかれ、やはり、咄嗟に出てこず、思い浮かんだのは「味噌汁」のみ。
で苦し紛れに
「味噌汁じゃないです」
と答えたら、もちろん、学生さんたちには大うけ、ずっとその後いじらられた    とか(~_~;)

答えは「すまし汁」
が、
この話を聞きながら、私も
「あ、あれね、あれあれ・・・」
といいながら、咄嗟に出てこず・・・・

老化もあるだろうけど、次男と私の会話、かなり危ない??

かくいう私も、今英語と中国語を自主勉強しているとき、
例えば、時を表す単語は、中国語は前、英語は後ろなのですが、それがごっちゃになりがち。。。

というわけで、日本語上手になった、と褒められるころには、またアメリカに凱旋なわけです(^^♪

上海滞在から帰って、そのバイトに入るのはのこすところ3回のようです。
ほとんどが外国人観光客ということで、またその時の話もアップしますね(^_-)-☆

27年以上続く愛の宅急便

英語Terakoyaです。

私の大学の頃から、ず~っと、それこそ、香港と上海の駐在の間以外は、母が手作り野菜を宅急便で定期的に送ってくれていました。

それが今回の一時帰国、お弁当を作って持って行っている長女からラインがきて
「野菜おくってもらって~」

野菜を畑からとってきて、綺麗に洗って、乾かして、それから傷まないように詰めていくわけですが、乾かすところまでは母がすでにやってくれていました。

隙間があれば、少しでも好きなものを入れてやりたい、という気持ちで、入れていきます。

今回、自分がそうやって、娘への宅急便を詰めてみて、初めて、宅急便を送り続けてくれた、母の手間だとか、その思いだとかを、深く感じることになりました。

母の作る野菜は、本当においしい!野菜本来の味がして、安全安心。
長女いわく、
「おばあちゃんのつくるトマトは、太陽のにおいがする」
と。

野菜も人も、愛をかけて育てると、まっすぐに育っていくのだと思います。

あらためて感謝です♡♡

我が家が6人家族で、男子二人が中高生の時は、最高に食材を消費していたので、張り切って作ってくれていましたが
「今は、送れないから、作り甲斐がないわ」
なんて言っています。

が、その分、毎日通っているフィットネスのスタジオに持っていっては、スタッフさんやお友達に分けて喜んでもらって、それに喜んでいるようです。

素敵です☆彡

今度は、孫たちが結婚したら、そこへも野菜を送れるぐらい、元気で長生きしてもらいたいです。
(*ちなみに退職したら主人は野菜作りをしたいらしく、母に弟子入り予定???)

*27年以上、というのは、私たちが結婚する前から続いている、ということです(^_-)-☆

別世界で感じたこと

英語Terakoyaです。

私の実家はスッゴイいなか。田んぼと山が広がり、家からの景色も、子供のころとほとんど変わっていません。
緑がとても豊かで、狂おしいぐらいの緑です。

つい何時間前まではそんなところにいたのに、上海に帰ってくると、それが同じ日のこととはいつもおもえないくらいの
にぎやかさ。

人や車がたくさん、ビルもたくさん。

父の命日もあり、お墓参りもしました。

そして母とたくさん語り。。。

母に会うたび、この頃、尊敬度合いが増すばかりです。

年とともにポジティブになる母。私が24年後(今の母のとし)に、母と同じようにアクティブにできているだろうか、と思ってしまいました。
本当に尊敬です。

父がなくなって9年。その9年を母なりに(正確に言えば、父のなくなる前の数年間の看護生活から)生きて、この年になっても、人はこんなに
ポジティブに変わることができるんだ、というのを一番身近な人から教えてもらった思いです。

まさにGod Mother!

母のように、私はとてもなれないけど、少しでも近づけるように、母の姿勢を見習っていきたいな、と思った今回の一時帰国でした。

日本にいるのに中国のことにかかりっきり

英語Terakoyaです。

EMSのオンライン受け取り申請、超難航

アップロードする書類のデータのサイズや種類が何回やってもうまくいかず、何度やり直したかわからないほど。

次男に何度もやり直ししてもらいーphotoshopで。私には無理なのでー

多分20回は絶対やりなおした、そして、ついに提交成功!

涙ちょちょぎれる!

しかし、まだ喜ぶのは早すぎました。単に提出できただけで、それがacceptされたわけではないのでした!

税金を次は収めるのよね、とそちらのページを開くと、accept とそうでない場合の説明が。もう遅いので、明日の朝にもう一度確かめようと思います。

それをやっているところに末っ子から電話。

カメラ係の子に、デジカメの写真をUSBへのうつしかたが分からないからやって、といわれた、といって、やり方を聞いてきました。

そして、やったらエラーメッセージがでる、と。

えー??そんなこと一度もなかったのに。

画面を写メさせて検証。なんだこれ?

もしかしたら、USBの問題かも知れないけど、できないものはできないので仕方ない。

自分の責任になってしまう、と責任を感じてしまっているようで、とりあえず関係ある方には連絡をしておきました。

日本にいるのに中国のことに手を取られっぱなしでした。

しかし、EMSの申請データを確認すると、価格や重さは小数第1位で四捨五入されていて、
重さなんて0.239kgといれたから、0キロ、と表示されているではないか。

これで本当に審査通るのだろうか?メッチャ不安

これを四苦八苦してる時に、次男の大学の友達で上海出身の子から電話が来て、画面見せたら、その子ですら

意味わからん!

といっていましたよ

でもここまで手と時間を取られたら何が何でも最後まで行きつきたいけど

どうなることやら。もう疲弊してきたので寝ます