四半世紀最大の失態~つづき~

英語Terakoyaです。

”すぐもどったところに近鉄の駅があるのでそこからのって、天王寺まででて、はるかにのってください!”

と車掌さん。おりたけれど、ちかくに駅らしきものは見えず。

あ、タクシー!

と上海の悪しき習慣で手を上げて、

”駅まで”ときくと

”すぐそこですよ”と

のせてくれない。想像してください、ローカルな国道を大きなスーツケースを持って焦りまくりの小走りで駅に向かっているひとの図。。。

*田舎の人の”すぐそこですよ”には要注意。”すぐそこ”の概念が違いますから💦

すぐそこちゃうやん!と思いつつ、なんとか駅にたどり着き、乗換案内のスマホをみても冷静に見れそうになかったのでとりあえず駅員さんに聞く。

改札くぐってたじろぐ

”ちょっと、ここって、いったい、一時間に何本くるの?”という風情の田舎の駅ではないか!

しつこくさらに駅長がいたので、事情を話して焦りまくりで伝えると

「次来る電車が、○○で特急とすぐ連絡するのでそれで天王寺に出てください」

と教えてくれる。あとで調べると、特急は○○の駅に一時間に二本しかこない。つまり、この電車を逃したら30分後にしか連絡できず、完全、搭乗はアウト!

「あ~、どうしよう、どうしよう、落ちつけわたし。。。」

と思いながら、血相変えて乗換案内を調べる。

日本の携帯は解約しているので、自分で電話ができないのです。LINEで長男にメッセージを送って、

「関空のエアラインカウンターに事情を伝えてチェックイン締め切りに10分ぐらいおくれそうなので、なんとかお願いできないか、きいてみて」

と頼む。

#これすら、数日遅ければ、彼も社会人になっていて、頼めなかった。。。

「特別措置はとれませんだって。頑張って間に合わせて!」と返信

そして○○で特急に乗り換え。席につくと、ん?乗車券は?とポケットをまさぐるもないので、スーツケースを置いたあたりに戻ってさがしていると

「おねえさん!(きゃ~おねえさんだなんて♡あほ、そんなこと、喜んでる場合じゃないだろ!≫切符でっか?さっき、ホームに落ちてましたで、わたし、ちゃんと見てたんで、おりはるとき、一緒にいうてあげますわ。でないと、お金とりおるから」

と親切なおじさまが声をかけてくださいました。

お礼をいいつつ、乗り換えを見ながら、

「でも、これ一緒に改札でおじちゃんと駅員さんに話していると次の乗り換え、まにあわない」

さて降りるとき、おっちゃん、そばに来てくださっていたのですが

「ごめん、おっちゃん、私時間ないの」

とこころで謝りながら、手には乗車券分払うつもりで握りしめ改札へ💨

そしたら駅員さん「じゃ、ここからそのままでてください」と親切。

天王寺からその連絡のはるかに乗れたらぎりまにあうかも、というぎりぎりのきわどさ。

なのに、なのに。。。。

表示ボードには

「はるか、五分の遅れ」

終わった。。。。。。主人に思わずメールを送りました

「はるか、5分の遅れ、ごめんなさい、もう間に合わない」

すると

「とにかく、空港で確認して」

と返信。

ぎりぎりまで努力はしなければ、と、

5分遅れならば、も一つ早い快速の方がまだ早くつくかも?と思うも、駅員さん見当たらず。

近くにいたお子さん連れのママに聞いたけど、彼女も、駅員さんにきかはったほうがいいですよ、といってくれていたところへ、運転手さんが通りかかったのできくと、

「はるかの方が早いです」

そのママさんの「どうか間に合うように祈ってますね」とのやさしいことばに、打ちひしがれている私は涙が出そう。。。

しかし、そこはさすが日本の列車、天王寺に到着の時には3分遅れに。

希望をすててはいけない!と思う私を後押しするかのように

はるかはその後も頑張ってくれて、関空到着は定時の11時50分。

 

しかし今回は初めてのterminal2の利用。はるかの中で、terminal1➡terminal2を調べると、シャトルで7~9分。15分おき。

いや、これはあかんやろ。皆が次々乗り込んでなんてしていたら、10分では済まない・

時間通りについたとしてもわたしにはあと10分しか残されていないのだ!

タクシー使うしかない! terminal1からterminal2へ!

荷物を階段で持って降りてたどり着いたタクシー乗り場。が、非情にも

「terminal2はあっちからですわ」

と100Mほど先のタクシー乗り場を指される。

そこは”12時までにつかないといけないんです!時間がないんです!”と悲壮感満載にいうと

”わかりました”とすぐ後続のタクシーをよんでくれて

”お急ぎです!”と迅速にのせてくださいました。

ところが、

”どんだけ遠いねん!?”というぐらいの遠さ。

”歩いたら1時間はかかりますよ!”と運転手さん。だって1400円もかかるんです!

イライラハラハラするものの、時計を見たら余計焦るだけ。敢えてみずに、初めてのteraminal2に駆け込むも、どこだ、どっちだ?

今回初めて春秋を利用だったので余計にあせる。ガラガラのカウンターの方をみると、カウンターの人が私に気付き

「○○様ですか?」というので思わず手を上げる私。

そしてパスポートを出してその瞬間時計をみたら12時ジャスト!

崩れ落ちそうになりました。。。。もうこれは奇跡としかいいようがない。。。

 

だって、まず、バスであれより先に行ってしまったら、駅からの特急乗り継ぎには間に合わなかったし、長男が社会人になった後だったら、連絡もしてもらえなかったし、はるかが5分おくれのままだったら、間に合わなかったし。。。

主人にしみじみといわれましたもん、

「よう間に合ったなぁ。奇跡やで。」

というわけで、最初は、使われないまま持ちかえったエアポートシャトルのチケットを見ては、戒めていたのですが、なんだか捨てるに捨てられず

「いや、これは強運のお守りではないか」

と思い直し、今は私の財布に大事にいれております✌

 

ここ半年ほど、やったことが結果につながらず、という感じで、悶々としていたので

「もしかしたら、私はめちゃくちゃ強運!」

と思うことにいて、4月をスタートできました。

ちなみにこの出来事は3月30日。

 

普段、まわりからみると、クールでなんでもそつなくこなすように見えるようなのですが、実際はこんなもんです💦

 

でも、この2時間で間違いなく、ほぼ一年分の気力を使った気がする私です。。。

その前々日にひさしぶりに新幹線に乗って

「なんか飛行機より新幹線のほうが緊張するわあ」

なんて思っていたのに、いやいや、緊張すべきはやはり飛行機だった、というお話でしたマル

車窓から~色々思う

英語Terakoyaです。

東京でのミッションを終え?関西へと移動。
IMG_3220
昔四年間住んだ川崎の最寄駅を通り品川から新幹線に乗り、8年住んだ浜松を通過し、四年住んだ京都でおりて、そこから近鉄特急で奈良へ。

思い出の土地を一気に移動。車窓から眺める懐かしい景色。すごくタイムワープした気がします。

だけど、自分の拠点は今はそれらの土地ではない不思議な感覚

そして、家族もバラバラ

浜松に住んでいたのは15年前。その時の私には、15年後がこんな風になっているとは予想もしませんでした。

実は今日長男の家を出るときに手紙をこっそり置いてきました。
去年の今頃、日本に一旦帰国する次男に、空港で手紙を渡そうと思っていたのに、チェックインが長蛇の列でまさかの駆け込み搭乗となり、手紙を渡しそびれてしまいました

だから、同じことにならないように、と、こっそり置いてきました笑

その中に

“自分の人生を精一杯いきてね”

というようなことを書きましたが、車窓からの景色を眺めながら

“私は精一杯生きてこれてるか”

と、ふと思いました。

15年後の自分、どうしているのかな?

しかし、やはり、近鉄が落ち着きます😃
だが、いまや、近鉄も三ヶ国語アナウンスです。もちろん聞き慣れたあの言語もです😁

わあ、もう、それはやれっていうことだ!

英語Terakoyaです。

大学つながりの友人にメール。長男の予定がはっきりしなかったので、当日朝にメールするという突然にもかかわらず、駆けつけてくれて会えました。

しばらく悶々としていたということで

 

私からの突然メールに、驚くと共に

“これはもうやれっていうことだ”

と、思い、きょうは色々聞くつもりでノートをもってきた、とのこと。

中国語が堪能な彼女、業務をこなすうちに英語の必要性も痛感し、その勉強法

そして、ご主人もTOEICを、ということで、その勉強法を

ということでした。

 

ご主人、いつの間にか、わたしのブログをブックマークしてよんでくださっていたとか😀

とてもうれしい!でも英語勉強法なら、2014年の夏以前にたくさんアップしているので、そのあたりを読んでもらってね、とアドバイス

わたしとこうしてこのタイミングで会えたのは、やるしかない、ということだと思うので、頑張ります!

と力強く言う彼女

常に前を見て、成長しようとしているそんな彼女が大好き💕

こういうピンポイントな機会や、あとは人との対話の中に、あ、なるほど!あ、そうか!と大きなヒントが含まれていたりしますよね。

それを聞き流してしまうか、あ、ヒント!あ、いただき!と思えるか

それは、自分のやりたいなあ、とおもっていることに関してのアンテナを常に立てていることが大事ですよね。

わたしも、いま、上海だから、あれもできない、これもできない、と閉塞感をもっていたのですが、人との対話の中から、逆に、上海でしかできないことがある!それをやればいいんだ、と気づきました。それも具体的に。

自分を常に高めるプラス思考の彼女と会えたこと、私にもとっても元気を与えてくれました。

しかし、今日の東京の真冬並みの寒さ、やめてほしい(T . T)

日本じゃ、この季節、ダウンやウールコートなんてれ着れないよね、とトレンチしか持って帰らなくて大後悔!

みんな着てるし😭

しかも雨☔️

寒すぎるけど、出かけて用事を済ますしかない😞

 

 

せっかくの日本、🌸見れるかな?

英語Terakoyaです。

卒業式の参加と引越しの手伝い、そして所用で日本に一週間ほど帰ります。

日本の友人たちがSNSに、咲きかけた桜をアップしたりしているのをみて、もしかしたら桜見えるかも?

と期待していたのですが、なんだか天気予報を見る限り、雨の多い週に当たってしまいそうです。

ま、いっそ天気悪い方が引越しの手伝いに勤しめるか😓

いや、でも、奈良に帰ったら、あの川ぞいにはとにかく行ってみよう、とおもっています。息を飲む見事な桜なのです🌸

そして、帰りに、あのうまうまのお団子を買う!

一体何しにいくんでしょうね( ̄▽ ̄)

台湾人の知人は31日から一週間、桜を見に日本に行くそうです。わたしと入れ替わり😉

搭乗直前にトラブル発覚!

英語Terakoyaです。

12月2度目の日本への弾丸帰国は、母のお見舞いでした。

昨日は、熱も下がり、リハビリも開始ということで、ホット一安心して、早朝空港について
搭乗待ちのときに、空港wifiにつなげたら・・・

えっつ????

思わず、メール、電話しまくりで、

ぎりぎりまでメールをやり取りしていたので、搭乗も最後から2番目という(-_-;)

もちろん上海についても
浦東から家に向かうタクシーの一時間の間も、帰ってからも
電話したりなんやらばったばた!

今日は本当は夕方から用事があったのですが、先方の都合でキャンセルになったのです。

本当助かったぁ~

この状態でその用事に向かえたかどうかあやしいですもの。。。

常にのんびりさせてもらえないようです、私

とにかくこの一件で、12月の2度の弾丸帰国の疲れが倍増しそうな予感です