photo-1551334264-396eb1f4472b

これで国際空港?

英語Terakoyaです。

 

日本へ弾丸帰国。

今回、ちょっと心配なので、古くなったPCを持って帰って処分するのと、新しいPCのメンテナンスをしてもらうのに二台持ち帰りました。

 

重い(主人ときたら、”普段から鍛えてるから大事や!”と言いおった!ウエイトトレーニングしてるわけじゃないから)・・・

イミグレさっさと抜けていきたい、と並んでいたら

 

あろうことか、イミグレのオフィサーの座るとこの真上から

 

雨漏り☔️

それも特大バケツが四つほど

もちろん、そのブースはクローズ

 

 

国際空港、しかも世界の大都市上海の空港で

こんな堂々とした雨漏りが見れるなんて

四年過ぎても、驚く光景に遭遇させてくれます

次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第2回

日時:3月13日 AM10:00~11:30(Beijing Time)

場所:オンラインで開催(zoomでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(3月13日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

*第1回の様子・感想はこちらから

オンラインですので一時帰国中の方もご参加いただけますよ

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

photo-1537833633404-f02da1734a6b

一番お得なホテル予約サイトはどこだ?

英語Terakoyaです。

ちょっと日本へまた弾丸帰国する予定ができてしまいました。

ホテルを取ろうと、調べ出したのですが。。。

 

今時、たくさん、予約サイトがありますよね?同じホテルでもサイトによって料金違ったりしますよね。

さて、何で予約しよう。。。

1.毎朝届くBOOKING.COMのGenius会員の皆様へ、を利用するのか

2.Ctripの”航空券予約済みの方限定の特別価格”を利用するのか

3.クレジットカードの会員特典のHotels.comで10%offを利用するのか

4.じゃらんでポイント利用するのか

5.Airbnbを利用するのか

 

最初に思いついた2と3を比較した時点で疲れた。。。

選択肢が多いということは、その分、比較検討に時間を取られる、非効率的。

こうやってみると、本当は一つのところへ限定した方が、よりポイントなどたまり、リターンは大きいんだろうなあ、と思うのですが。。。。

 

エアチケットを取るときも同じ

私は大体次の三つをチェックしながら取っています。

1.Ctrip→残席ありなのに、最後まで行って”満席です”と表示されることが多くて、このところ敬遠気味。もう少しアップデートできないのか?

2.エアラインHP→変更あるときなどは、手続きがスムーズですよね。

3.Kayak→Ctripにストレスを感じているので、最近、これがお気に入り

エアラインの場合は、サイトによって、結構価格が違うこともありますからね。

 

あ〜、もう今日は気分じゃないから、また明日でもやろうかな。

とはいっても、ネットが重い時間は避けなきゃいけないし、私、無駄に迷うんで、余計にダメなんですよね〜

 

英語Terakoya コミュニティ 第1回

日時:2月28日 AM10:00~11:30(Beijing Time)

場所:オンラインで開催(skypeかzoomの予定です)→skype IDお持ちの方はお 知らせください。

*申し込み締め切り 前日(2月27日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

何か質問がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

240_F_105245440_gH4nD1wPQZJETxWC9KlRgXnM0PCJmWDI

間に合うよ〜と、連絡したら、また既のところで食い止めた💨

英語Terakoyaです。

プリントアウトしよ、っと思ったら、
”インクがありません”
が〜ん!

そういえば、この前、末っ子が大量にコピーしていた。。。

しかし、主人の日本出張も当面なさそう、、、わあ、プリントできないの困るんだけど

いや、待てよ、明日の夜便で、次男がくるので、きょう、バイトの帰りに買ってもらえれば間に合うやん!

とチャット。

「バイト帰りに、ありそうなところないんやけど」

確かにね、ビックカメラは、ちょっと歩くのよね、途中下車しても。

 

ネット検索→午前中に注文すれば、明日の午前中には配達可能だって?

インク専門のサイトから即申し込む。

 

私「明日午前中配達にしたから、持って帰ってきてね。」

(なんて便利な時代なの

次男「え、午前中についても、明日10時半のフライトやから6時ぐらいには家出る」

私「???夜だけど」

次男「朝かと思ってた!」

またかいな、フライトの時間勘違いしてる。。。。

以前は、日にち間違えてたから。。。。しかも一日遅くねそれ以来、私この人飛行機に乗るたびに、前もって確認せずにはいられない

そのくせ、一年に何回乗るの?と言うぐらい、乗るんだな、これが。。。

またもや、すんでのところで食い止めた母

ま、早く行く分には、いいんですけどね、関空で半日なにすんの?ですがね。

 

さらに、

私「帰りのタクシー代ある?』

次男「この前もらった残りが100元」

足りないやん、終電もない時間だし、迎えに行くか・・・

すると主人

「この前、出張で帰った時に渡しといたけど」

それを言うと

次男「あ、もらったかも、忘れた!」

おい✊

 

もお、本当に、この人にはハラハラさせられます。。。。

そしてまた上海にやってくる、食欲とともに

今を変えていきたい方、一緒にいかがですか?→報告会サポートコミュニティ(仮称)

ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

イミグレでの見たことない光景と不可解な質問

英語Terakoyaです。

浦東空港に着いたのは夜の9時半ごろ。

国慶節最終日、どうせイミグレ並ぶよな〜

といったら、まさかの見たことのない光景がそこに!

中国人の方は人います、がforeignerの方へ行ったら、まさかの

待ってる人ゼロ”

状態で、目をこすったほど!

そしてイミグレのお姉さん、

中国語で「中国語話せる?」というので

おこがましくも「うん」と答えると

「出身どこ?」と謎の質問。

あーた、その赤い私のパスポートを手にしながら、なんてこと聞くの?

「日本」

すると「日本。。。」(ふ〜ん、という空気を漂わせる)

で終わり。

何やってん!

というか、あんたイミグレの人間やろ、英語で喋らんかい!

 

末っ子はといえば、「お兄さん、満面の笑みでやってくれたで」

そして荷物を取りに。。。。

なっかなか荷物が出てこなかったけど、さすが一番後にチェックインしただけあって、出てき出したらすぐに出てきました。

 

夜7時過ぎの便だと、日曜日の半日以上は過ごした後でフライトだし、この時間、こんなにガラガラなら、これから、これもありかも〜

 

とにかく、今回も駆け抜けて、最後、乗せてもらえない、という冷や汗かきながら,今回の一時帰国も終了。

facebookの春日大社の投稿を見た友人が

「帰ってるん?いつまで?」

とメッセージ。そりゃ昼ごろ春日大社から投稿してたら、おると思うよねえ〜

「ごめん、もう、上海ついた」

今度またゆっくりね〜(^_-)

努力は夢中に勝てない

英語Terakoyaです。

今回もメンターと濃い話をしました。というか、ただただ教えてもらうだけですが。

こんな、本来は、高いコンサル料払わないと聞けないような内容を、心地いいカフェで、飛鳥ののどかな景色を眺めながら聞けるなんて、なんて贅沢な時間!

もう幸せすぎる時間

なのですが、またまた課題がいっぱい、というか多くのヒントを与えてもらいました。

何で私なんかが、こんなすごい方に、こんな親身になって、応援していただけるのか、ただただありがたいだけですが。

 

夏にスカイプでお話ししてから、あまりにダメ出しがハードルたかく、忙しさもあって、ストップしていたのです。。。

「ダメ出しちゃいますよ」

と。今の環境でしかできないことを、いろいろ試してやって見ること、を強く言われました。

上海に住んでいると、できないことだらけで、できないことに目がいくのですが、日本から見たら、全く逆のようです。

全ての行動の元となる概念も再確認しました。

頭も整理されて、

”よし、焦らず、でも、諦めず、やって行こう”

と改めて思えました。

今日のタイトルはビームスの社長の言葉だそうです。

わかります〜、そこに凝縮されているメッセージ!

でも”夢中になる”ものを見つけるのが一番難しかったりするのですが。

 

カフェのオーナーといい、メンターといい、

お二人は”夢中になるもの”を持っていて、それでいて

全くガツガツしていない、それこそ飛鳥の穏やかな光景の中に、溶け込むようなお二人。

お二人の、根本的な考え方は、一緒。

成功する人って、こうなんだなあ〜、と再認識しました。

そして、何となく、

”このお二人を引き合わせたい”

という思いがピンときて、おそらく、今回の私の役目はこれだったかも?

 

お二人がコラボしたら、さらなる社会貢献活動が生み出される、と直感した私です。

 

やはり、人の心を満たしてくれるのは、

お金や、ものではなく

”人”

だなあ、そう思った、とても濃い1日でした。