夢と目標の境目はどこ?~駐妻、帰国後仕事プラン~

英語Terakoyaです。

先日10ヶ月ぶりに韓国人の友人と会いました。

いろいろ近況報告をしたり。

彼女は起業してもう10年。好きなことを仕事にしているので、今の仕事が本当に好きだ、と。

そして、わたしの夢を聞かれました。

いきなりの質問に、一瞬たじろぐも、最近妄想している夢を話すと

「素晴らしいわ!それは夢じゃ無くて、目標よ!今までのあなたの経験やスキルを持ってしたらそれは実現できること。
そしてそれはいつ?」

とたたみかけるような直球質問。。。。

あくまでもまだまだ妄想の感が強い私は、またまた、たじろぎながらも、

ちょっと真面目に考えてみた。。。

資金がいるから、次男の留学費用がかかる3年間は冒険はできない、、、となると3年後!!
(えっと、末っ子がいるのですが、自宅から通える大学にいってもらうとして)

初めて自分で具体的な数字をだしました。というか、誘導尋問にあったというか。。。。

すると、彼女はさらに話をすすめていきます。

「じゃあ、今からその時のための準備ができるわ。対象となるような人にアンケートをとってみて、その人達の要望を知り、そういうものを
取りいれていくのもいいし。必要ならば、なんでも手伝うし、困ったことがあれば何でも言って!」

私より、私のプランを聞いた彼女の方がノリノリありがたいことです。。。

仕事ができない今だからこそ、そういう準備をすすめる。
そして今のこの環境だからこそ、できること、たとえば対象となるひとにアンケートを取る、とか、そんなことをやる
まさにそれは日本では絶対できないことだから。

もともと全くの別件で彼女の方から連絡をくれたのですが、まさかの、お仕事コーチング状態になるとは☆彡

実は彼女は中国語と韓国語のバイリンガル、そして日本語もできます。

が、この日は頑張って全部中国語。私の中国語に彼女も付き合ってくれました。話して話して2時間半。

こんな内容もなんとか伝えることができた、とちょっと嬉しのですが、その辺のおっちゃんおばちゃんの言ってることはようわからんわ

心が本当にきれいな透明感のある彼女が私も大好き。

最後に
「いつもあなたとあうととても刺激を受けるし、やる気や勇気を与えてもらえるの。いつもあなたから学ばせてもらってる、ありがとう」
と熱く語られ、

最近緩んでいる私としてはそんな言葉はもったいなく、申し訳ない。。。
もちろん、私も全く同じ言葉を返しました。

「夢じゃなくて目標よ」
という彼女の言葉が、妄想を現実に落とし込む一歩になった気がします。

そして日本の友人からもいつも言われるのは
「今は家族のことを一番に。そしてそこでは語学を磨いて、国際交流をすべき。それが必ず帰国後にいきてくるから(私の妄想にとって)」

語学を磨いて、と言われると、ここ4か月近くレッスンもしていなかったし、耳が痛い、4月戻ってきたら再始動だわ~

とそんな私、どこからともなく長女の声が聞こえてきます。

「おかあさん、もう、普通に生きて」
(前に、妄想プランなど話した時に言われました(~_~;))

いやいや、今は本当に普通に生きているから、というかずっと普通だ!
でも、やっぱり変化のない生活は、ながいことは耐えられないなぁ。。。。

と、とても素敵なお茶時間になりました♡改めて友人に感謝です(^_-)-☆

やりたいことが見つからない、って実はそれは。。。

英語Terakoyaです。

”やりたいことが見つからない、何をやればいいかわからない”

という声をよく聞きます。

でも実は、それは恵まれた状況にあるのではないか、と思ったりもします。

だって、仕事することが必要な状況なら、”やりたいこと”なんて言ってられませんから、働けるところで働く、やりたいこと、なんてこだわりはできない。。。

つまり、そうやって悩める状況なら、やはり自分の”好き”にかかわることを仕事にした方が、大変なときも乗り越えて行けると思うのです。

いくら”好き”を仕事にしたって、楽しいことばかりじゃありませんからね。その仕事の中でステップアップを図るときは、どうしたって、ストレスや不安などの苦しみは出てきますから。

昔やっていた仕事関連でもいいじゃないですか?

でも今の流れについて行けない、知識が追いつかない。。。

そりゃあそうですよね。でも、今の時代、オンラインで何でもできるじゃないですか?情報収集だって、知識をアップデートするための学習だって。

まずは、”好き”や以前やっていたことなどをとっかかりに行動してみること。

そこからまた見えてくることが必ずあります!

私自身は、語学が好きでしたが、単身赴任の中仕事を始めるのは、4人の子供の世話も一人でやらねばなら無いのでフルタイムは無理、というかなりの条件つきでした。

末っ子が小学校に上がり学校生活に慣れてきた小2の頃から仕事を始め、徐々に広げていきました。

もちろん、非常勤講師、という形で、子供たちにしわ寄せが行かない形のお仕事だけ受けつつ、

でも、最終的には”大学のエクステンション講座でおしえたい”というイメージはもっていたので、それに向けての動きもとりつつ。

英語講師を初めて3年で、最終目標は達成できました。それも関西の名門大学!(いきなりきたのがこの大学のお話だったので、かなりひきましたが、そこは、逃げてはいけない、と勇気を振り絞りやりました。結果はとても好評をいただけました)

大手英会話スクール、進学塾、企業研修、大学

さらに、

語学関係の需要は、どうしても週末、夜が多いので、私には都合がよくないのと、一人の生徒さんが結果を出すまで見たい、という思いで

自分の講座も開講し、みなさんが目標を達成するのも見てこれました。

これを3年で全部できたのは自分でも驚きですが、

でも、”こうなりたい”というビジョンがあったからそれに向けての行動を自然と取っていたように思います。

だから、まずは動いてみて、そしてビジョンが持てたら、しめたものですよ!

さて、上海に来てからは、次への準備段階、ということで黙々とやっていますが、

”やりたいことがみつからない”

どころが、やりたいことだらけ。それもどれもこれも”本気ですか?”みたいな無謀なものばかり( ̄▽ ̄)

私の場合、英語講師としての経験や実績は全部手放してきたので

失うものは何もないので、後悔しないように、とにかくやってみるだけです。

時に、”いやこんなことやっぱり無理よな”と思ったりするのですが、能天気になってやってみたいと思っています。

結婚して以来、こんなに自分の時間があるのは初めてですから。

今やらなくていつやる?

心折れそうなときは、自分にそう問いかけるようにしています。

結果は二の次

後悔しない生き方を!一度だけの人生だから!

(これいつも子供に言っていることです。やりたいな、と思ったら、結果など考えずにまずやってみなさい!と。やらずに後悔することが一番いけない、と。)

なんて言えるのも、手元に残る子供が一人だけになった今だからいえるのかも。

4人をわ~っと一人で育ててた頃は、そんなことを考える余裕もありませんでした。

今の状況に感謝です。

友達から叱られるー駐在妻ならではの状況に

英語Terakoyaです。

強烈な方の出現が原因で、自分が思っている以上に体は正直で

胃をやられてしまった私に、一番の友人が放った言葉は、

大丈夫?というような優しぃ言葉。。。

もちろんそれも言ってくれましたが、

はい、

叱られました。

”そんなものは自分の気持ち次第で切り返せる、そんなことに気持ちをとられている時間はないはず

やるべきことがほかにある!

まだまだ弱い、そんなことでは仕事に戻れない、それをクリアできないと復帰は許されない!

とΣ(゚д゚lll)ガーン”

ごもっともです。。。

日本での単身赴任の7年間は、4人を一人で育てながら、仕事も自分で広げていったので、休みない毎日、どこかに雇われてる仕事ではなく、自分一人でやっていくフリーランスみたいなものだったから、いつも責任も一人で背負わなくてはいけなくて、だからかなりのプレッシャーを感じる中仕事してました。

企業や、大学で教えるときなんぞは、本当にプレッシャーは半端なかったですから。テキスト選定からシラバスまで丸投げ、というのも企業ではありましたし。大学もテキストだけは決まっていて内容は全部お任せでした。

それってかなりのプレッシャー。

でも、それで結果が出て嬉しぃ言葉をいただけたから、また頑張ろうと思えた。

覚悟が違った。。。一人で仕事をする、ってそういうことですから。

今は、手元にいる子供も一人に減り、時間もた~んとある、だけど、仕事はできない環境で、日本にいるときより自由に動けない、皮肉な環境です。

その中で先につながる日々を送るのは、本当に精神力が必要。

だからこそ、こんな超辛口な檄を飛ばしてくれる友達が本当にありがたい♡♡

 

日本での日々は、自分が自分の責任に置いて動けて、それが目に見える形で返ってきたから、どんなに大変でもやっていけたし、やりはじめたものだし、相手あるものだから結果が出るようにやっていかねばなら無かった。

子育てもしかり。次々に受験・就活を迎える子供たち、自分がサポートしていくしかなかった。

今は、青写真に向かって、今ここでできることを準備する日々。具体的なものは目の前になく始まってもいない。

なんとも中途半端な中にあるわけです。

とどめは

「普通のおばさんになりたいたいの?仕事しなくていいなら別にしなくていいし、それも悪くない」

と本当に痛いところをついてくれます( ̄▽ ̄)

(それでいいはずがない、という私の気持ちを知っているからこその言葉)

「諦めないで一つのことをやり遂げることが結果も出せる。あなたはそれができるよね?」

 

わたしのことを誰よりもわかっていてくれて、誰も言わない辛口な檄を飛ばしてくれる友人がいることに感謝です。

頭を悩ます価値もないことを、流すすべを身につけねばなりませんね。

 

 

 

 

 

ビジネスコンサル?

英語Terakoyaです。

日本で自分のスクールをやっていた時に、いろいろ学ぶ必要がありました。

参加した講座で知り合った方。

とても素敵な女性で、尊敬しています。

互いに、仕事の分野が違うので、生徒の立場からの意見を述べ、アドバイスし合う中でした。

今は私は全くそこからは遠のいていますが、

彼女から先日相談を受けました。

すると、人の事だと、客観的に見れるからか、我ながらよいアイディアが次々と出てくるのですよねえ。

ちょっとしたビジネスコンサル?なんて思ってしまいました

自分の事となると凝り固まった思考からなかなか脱却できない。

そして講座で学んだことを、とにかくその通りにするのがよい、と思って、そこにこだわりすぎてみたり。。。。

でも一番、誰がなにを求めているのかわかっているのは、生徒さんだったり顧客だったりと接している自分だと思うのです。

そして、今一度、自分が元来伝えたかったのは何なのか?というところに立ち戻ってみるといいように思います。

ブログのヘッダーも変える!と言っていたので、とても楽しみです

ヘッダーチェンジしたら、またこのブログでも紹介させてもらおうと思っているのでお楽しみに。

実は私も、ヘッダーをそろそろ変えたいなあ~、などとおもっていたところ。

でもまだまだ構想は固まっていないので、おそらく夏以降になるかと

完成!初監修DVD

英語Terakoyaです。

ジャジャーン❗️
{5FE7E96C-409B-4508-8C5C-2775A2F90F08:01}

日本にいるときに初監修した幼児向けDVDの完成版をこのたびいただきました!

すでに東京の大きな病院から注文も来ているようです!

裏に実は紹介とともに顔写真も小さく載っています

次は、郵便局の車、とか職業的な車のシリーズにしたいので

すこし準備に時間がかかりそうですが、とのこと。

では、私は中国でおもしろそうな車両を見つけたら写真とっときますね!

といいつつ、

何ったって、まずはバスの写真よ~

と内心思っていました。

こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya’s community


にほんブログ村