目標そこ?

英語Terakoyaです。

先日内定式だった長男。

上海出身の中国人もいてしゃべってたあ~、と。

「中国語でやな?」と主人。
「日本語」と長男。
中国語を第2外国語でとってたんやろ、情けない、と主人。

いや、彼のしゃべるのは
「我是日本人」
「好吃」
そんなものですから。

長女も中国語とっていたけれで全くだめそうでしたもん。

二人とも英語は苦労して学んだわけではなく、香港にいたので、学校の毎日の英会話授業や、
サッカーチームなどで、自然と学んでいます。
だから、
語学をコツコツ学ぶ、という姿勢がまるでないのです。

「TOEICを卒業までにあげるんやろ?」と主人。
「選抜留学の基準が○点だから」と長男。

そこ目指すのか、ひくっ!と主人が言っていると
「800は超える」
いや、ちょっとやればもう届くだろうし、とにかくAレベルは860だからとりあえずそこめざしてください!
ぶっちぎりで選抜留学に応募できるように。
(860dではぶっちぎりにはきついかもしれないけど)
て、どこに???

アメリカ、タイ、など参加国だったような、と。
タイ?なぜに。。。

私も長女も900超えていますし、次男は受けたことないけど、かれのiBTのスコアなら900は問題なくクリア。

いかんせん、長男の場合、耳はとてもいいのですが、文法などの細かいところをきっちりと勉強していないので苦戦するのですよねえ~

そばにいれば、今の末っ子のように(彼女は英検ですが)、TOEICのノウハウを叩き込んでやるのですが( ̄▽ ̄)

口だけは調子のいいことをいう彼ですが、社会人として必要なスキル=これからの自分の将来に大きくかかわってくる、ですから、社会人として自覚をもって、目標達成してほしいと思います!

加油!!!

一个半小时

英語Terakoyaです。

 

就活マイペースに進行中の長男。

ESやテストセンターや性格テストなどとおると、次はやっと面接。

ですが、最初はグループディスカッションということろが多いですね。

これが得意、という学生も少ないでしょうが、わが子たちもしかり。

今日のは~だった!とメールしてくるので、主人を電話にださせて、しゃべること1時間半(~_~;)

経済学部で周りの子たちは、金融や商社ばかりで、自分と同じ方向の友人がほとんどいないらしく

いろいろ話ができる相手がいないようで。

就活を始める前は、業界も職種も、なにがいいのかわからない、

なんて言っていましたが、進めていく中で、だんだん自分のやりたいことが

見えてきつつある感じです。

焦らず、慌てず、あきらめず

にやってほしいと思います

そして、たくさん単位も残っているので、授業もびっしり。就活にかからない限り

真面目にびっしり出ているようで

「いやあ、本当、最近学ぶのが楽しいわ。もう1年ぐらい学びたいぐらい、ほんと」

というので(あの~、今まで何してたんですか?)

「あほか!」

と速攻主人。

当たり前ですよ、もう1年学びたい、なんてつまり、もう一年学費と生活費、冗談ではありません。

本当しっかり単位もとってくれ~💦💦

cliff

崖っぷちで生きていくんや!

英語Tearkoyaです。

単位をとるのと就活とに忙しぃ長男。

メールしてきたので、就活のことをききました。

◎◎のESはまだ完成してないけど、その前に◇◇のテストセンターのための勉強せなあかんし、△△は今日が締め切りだからだした!

「いつも崖っぷちやなぁ」

というと、返ってきたのが

「当たり前や、崖っぷちで生きていくんや!」

 

あなたの人生だから崖っぷちで生きていくのはあなたの自由。

だけどね、

そのたんびに、お母さんの白髪は増え、寿命が縮まっていくわ~

父と息子

やっと親らしいことができるわね( ̄▽ ̄)

英語Terakoyaです。

うちの主人は、普段は2男2女の父であるという自覚はあまりあるようには見えません。

単身赴任の方と同じように飲みに行き、同じようにゴルフへ喜々として出かけていきます

 

子供の運動会よりゴルフ優先ですから

その傾向は日本での7年間の単身赴任生活でますます拍車がかかった模様

が、

ここにきて、父親力といいますか、長年ビジネスマンとしてやってきた経験を活かして、

就活中の長男からの質問に色々とアドバイスをしてやる、

という場面が!

 

私が極力

「お父さんに聞きなさい」

と振るようにしているのもありますが

 

学生ですから、そりゃあ、企業研究したといっても上澄みの方しか見れてないわけですよ。(ましてや、長男は、勉強嫌いなので、そんな綿密なリサーチができるとは期待できない💦)

だから、「そうではなくて~」とますます熱弁をふるう主人。

笑ってしまったのは、

「あれだけ話したら、しかも全然わかっていないし、ホンマ、眠れんわ」

と電話の後言ったこと!

 

いつもは、私が子供のことで心配したり悩んでいたら、

「そんな心配しても仕方ない!」

とか言うくせにですよ。

とにかく今まですべて子育てのことは私に任せっきりの彼でしたから。

 

 

思わず

「やっと親らしいことがしてやれるわね( ̄▽ ̄)」

と私。

 

いえいえ、今まで一生懸命働いて、お給料貰って来てくれてることが何よりの”親らしい”ことです、感謝していますよ

しかし、そのお給料は、悲しいかな、そのまま学費に横流れですが。。。

 

主人の熱弁のおかげで、翌日書き直した、という彼の文章は、とても改善されていました、頑張れー!

 

息子!そしてパパ!?(違うか。。。)

interview

予想のつかない時代です

英語Terakoyaです。

ただいま就活の長男。

どんな会社にエントリーするか。

今や大企業神話は崩れつつあります、というか崩れています、というべきか。いつどうなるかわかりませんよね。

ましてやこのさき”人工知能”がどんどん入ってきたら。。。

先の見通しがつかない時代です。

上海の家賃だってそうです一度に5千元

 

と話を元に戻し。。。

その会社しか持ってない、という技術を持ってるようなことろいいよなあ、

という話になるのですが、それがヒットするかどうかもわからない。。。

 

先日メールをくれた日本の友人のお子さんの何とも立派な言葉、これに尽きると思います。

これからは自分一人でも生きて行ける強さをつけないとダメだ。大企業に入って安泰ではないから、いつ放り出されても生きて行ける強さ!自分の人生後悔したくない。

就活の時点で、本当にやりたいことが見つかっている学生ばかりではないでしょう。

私も取捨選択で選んだ覚えがあります。

新人の頃は、どこの会社に入っても同じような経験をしなければなりません。そういう経験をしていく中で

自分は何に向いていて、何がやってみたいのか

ということが見えてくるようになると思うのです。

人気の高い企業は、説明会のお知らせ通知がきて、速攻エントリーしてももう満席、とかのようです。

(学歴フィルターにはかから無いと思うのですが

とにかくまた案内はあるでしょうから根気よくやるしかないです。

 

きのう、主人に電話をしてきた長男。

すると激しい突っ込みで彼の発言に切り替えして(こんな嫌なおっさん、必ず面接で出てきますから、いいシュミレーションになるのですが、ちょっといやすぎなおっさんでした、隣で聞いていて)

 

すると後で私に連絡。

父に撃沈されたので、母は優しく励ましておきましたよ

(父の愛のムチに母の優しぃフォロー、なかなか良い連携プレーだわ~

 

縁ある会社に必ず決まるので、前だけ向いて、根気よく

そして彼は相当な苦難を乗り越えてきているので

自分に自信を持って、ひるまずやってほしいと思います。