あなたが空しく生きた今日は・・・

英語Terakoyaです。

シンクロかもしれませんが、

とても心が震える言葉を、最近、続けて目にしました。

最初は、小林麻央さんがなくなった時、何かの投稿か、誰かのブログかで見ました。

そしてきのう、今読んでいる本の中に、また出てきました。

韓国の「カシコギ」という小説の一節だということです。

”あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日

何気なく過ぎていく時間、でも、それは何気なくすごしてはいけない大事なものなのだ、と気付かされる言葉です。

初めて目にした時に、軽い衝撃を受けました。

それなのに、時をあけずして、また目にするなんて。

偶然ではないのでしょう・・・

 

時間は永遠に続くのではないのですから、もっともっと大切にしなくてはいけない、ということ。

あまりにも有名な言葉ですが

”もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定をわたしは本当にやりたいだろうか?” by スティーブ・ジョブス

一日一日を真剣に生きる。。。丁寧に生きる。。。

そんな真剣さを持て、といわれているような、心が震える言葉との再三の出会いでした。

 

 

ほらね!やっぱりできるのよ!ところで。。。

英語Terakoyaです。

tracking serviceで早速チェック!

ほらね!

ゆうちょも真っ青の迅速さです!

受付した日の夜には、上海から航空便に乗り、翌朝には日本到着、午前中には税関を通過、
夜には、配達局へとついていました!はやっ!

今日には配達されるのでは?

ところで。。。。

夏休み、子供は毎日塾で、母は家だ~、と思って居たのが
読みたかった本も読めるぞ~、と思っていたら
なんだか一気にめっちゃいそがしくなり(すでに)

ほぼ毎日炎天下でかけることに(~_~;)

夏休みはあっという間におわりそうだ、これは。

そうこうしているうちに、中旬、後半、と上のこたちもやってくるし。

自分のすべきこともちゃんとできるように、これはスケジュール管理しないといけません。。。

そうそう、成人式撮影で、着物が着たい!という末っ子のために、着付けも予約したのですが、
着物の画像を送っていただいて、その種類の多さにびっくり!

でも、成人式様で、少し大人っぽいので、選ぶにはそんなに困らなさそうですが、こういうのが楽しいですね(^_-)-☆

郵便局の呪縛

英語Terakoyaです。

本当に毎日暑い上海。

ほとんどの日本人の方は夏休みは帰国されるのでしょうが、我が家はずーっと上海。

かわりに子供らが遊びにきますが。

今週末には日本着になるようにEMSを出しに、ぁっついなか、20分ほど歩いて郵便局へ。
ラッキー、すいてる!

が、日本へ送る、といったら

「パスポートがいる」

えええ???あ、そういえばそうだった気がする、、、、前に出したのは2015年なので忘れていた。。。

あ~、この前までEMSの受け取りのためのオンライン申請がうまくいかなくて、めっちゃ苦労していたのに、今度は送る時もこれかいな↓

「送り状だけでも頂戴」と私。

「急いでいるんだったら、郵便局じゃなくて、外部に頼めばパスポートはいらない」
とおねえさん。

Fedxとかでしょうね。。。

仕方ない、いったん溶けそうになりながら帰宅。

お昼ご飯を食べて気をとりなおして、もう一度。さらに気温上昇。

今度は大通りではなく、初めて通る、横道をず~っと歩いて行ってみる。

すると、ず~っとプラタナスの並木道があるので、日影が続き、風もあったので、最初行った時とはつかれようが全く違いました。

プラタナスさまさまです♡

今度はおばちゃん。

「今、日本へは通常より時間がかかってて、工作日で5日かも少しだけど大丈夫?」
といわれる。ぎりだけど、そういいながらいつも2,3日でつくし、とおもって
「うん」
と私。

書き損じたりして、線で消せばいいといわれたけど、結構書いていたので新しいのをもらう。

おばちゃん伝票整理中で、送り状書いてもしばらくそっちやってる

「你的中文不错」
と言われ、ちょっと嬉しがって、疲れが緩和( ̄ー ̄)

いやあ、しかし、炎天下片道20分の道は、体力消耗半端なかったです。
ただ、このプラタナスに救われました。

そしていつもと違う道を通ると、新しい発見があったりして、それはそれでよかったですけどね。
p;
IMG_3942
 

tracking service見守りたいと思います

念のため、先方に、事情を伝え、期限に遅れるかもしれないことをメールしておきました。

郵便局。。。。またちかぢかいかねばなりません、今度はパスポートを忘れずに!

オンライン特訓

英語Terakoyaです。

私の中国語の先生、大学がただいまお休みなので、週2回日本語をやりたい、9月と11月にテストを受けるから、との要望。

そして、中国語も週1回では十分じゃないから週2回にしたほうがいい、と言われ、夏休み特訓?開始。

日本語レッスンはテキストに沿ってやっていきますが、中国語レッスンは、テーマの範囲を前もって決めて、

その中から先生が言ったものについて、話す!💦💦💦

キーワードぐらいしかまだ覚えていないから、当然、詰まる!

「いいから話して」

と先生。ぜーぜー私。。。

それに対して、先生が盛り込むべき内容を分かりやすく指摘してくれる

あ~、もう、ほんと、過呼吸状態になるわ、疲れた。。。。

*でも、以前は説明につまると、英語に逃げていましたが今は、なんとか思いつく言葉で説明しようと、前よりできるようになった、気がする(きっと気がするだけかも💦)

と時計を見るも

「????!!!!还有30分钟???」

めげそうになる、、、、

「はいはい、まだやるよ」

と先生。

もっとも私も、

「あ~、むずかしい!」

という先生に、容赦なく、

「はい、じゃ、次のページ見て」

ってやってますからね。お互いゆるめません・・・・こわっ!

互いに厳しい老师です。

でもインプットばかりでなく、こうやって不完全でもアウトプットしていくことはとても重要だと、そうしてみて痛感します。

 

あ~、明日のテーマのところ、ほとんど覚えておりません、やらねば💦

40度近い猛暑の毎日の上海で、冷や汗もかいている私です☺

27年以上続く愛の宅急便

英語Terakoyaです。

私の大学の頃から、ず~っと、それこそ、香港と上海の駐在の間以外は、母が手作り野菜を宅急便で定期的に送ってくれていました。

それが今回の一時帰国、お弁当を作って持って行っている長女からラインがきて
「野菜おくってもらって~」

野菜を畑からとってきて、綺麗に洗って、乾かして、それから傷まないように詰めていくわけですが、乾かすところまでは母がすでにやってくれていました。

隙間があれば、少しでも好きなものを入れてやりたい、という気持ちで、入れていきます。

今回、自分がそうやって、娘への宅急便を詰めてみて、初めて、宅急便を送り続けてくれた、母の手間だとか、その思いだとかを、深く感じることになりました。

母の作る野菜は、本当においしい!野菜本来の味がして、安全安心。
長女いわく、
「おばあちゃんのつくるトマトは、太陽のにおいがする」
と。

野菜も人も、愛をかけて育てると、まっすぐに育っていくのだと思います。

あらためて感謝です♡♡

我が家が6人家族で、男子二人が中高生の時は、最高に食材を消費していたので、張り切って作ってくれていましたが
「今は、送れないから、作り甲斐がないわ」
なんて言っています。

が、その分、毎日通っているフィットネスのスタジオに持っていっては、スタッフさんやお友達に分けて喜んでもらって、それに喜んでいるようです。

素敵です☆彡

今度は、孫たちが結婚したら、そこへも野菜を送れるぐらい、元気で長生きしてもらいたいです。
(*ちなみに退職したら主人は野菜作りをしたいらしく、母に弟子入り予定???)

*27年以上、というのは、私たちが結婚する前から続いている、ということです(^_-)-☆