ピアノ

pianoを弾いてみよう!

英語Terakoyaです。

我が家の2男2女はみんな3歳からピアノをやっていました。

長女、長男はそれぞれ中学の途中でやめましたが、それでも

4人全員習っている時もありました。

ハイ次、ハイ次、という具合にピアノの練習も大変でした。

発表会で、私を含め、家族の中でいろいろな組み合わせで連弾もさせていただきました。
(希望したのではなく、先生が無理やり提案

鈴木メソード、

という、読譜から入るのではなく、CDを聞いて、それを鍵盤上で再現する、いわゆる右脳を使うめそーどでやっていましたから、これまた大変。

 

音符を読むわけでないので、音の訂正や指使いなどは、そばについてつきっきりでやらねばならず、ピアノの練習だけで私くたくた

長女が始めてからなのでもう20年、ピアノの練習は誰かがしています。

 

ですが、自分がピアノを弾く余裕もなく、そんな気持ちにもなれずに来ました、グランドピアノを買っても、気持ちがそちらには向かいませんでしたね。

が、このところ、ピアノのCDを毎日聞いていて(もちろん、時々次男のCDも聴きますよ

「あ、これすごくいい!弾きたい!」

と思う曲に出会いました。

こういう独特な曲想のものも弾いたほうがいいから、と先生が言って、このところず~っとバルトークを弾いていたんですよね。

バルトーク、はい、独特なんですよね。

なので、軽やかな心弾むような曲が私の心にヒット!

次女にもピッタリな感じと思い、次の曲に提案して、昨日楽譜をもらいました。

ショパンです。

次男が弾くような難度のショパンは無理ですが

自宅で地道にちょっとずつ練習してみようと思っています。

まさか、そんな気持ちになるとは、自分でも少しびっくりです。

長男の就活がきまり、次男をアメリカに送り出すまでは、まだまだ心が落ち着かない日々ですが、

生活に潤いを持たせることをやっていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です