photo-1518568814500-bf0f8d125f46

心の声

英語Terakoyaです。

 

私の元中国語の先生、いや、今も週何日かwechat,lineで喋ってるから、今もまだ先生?

(私は中国語、先生は日本語で喋る笑)

もうすぐ日本語学校が終わります。英語も教える先生なので、語学センスはピカイチ!

だから4月から日本語を本格的に初めて、12月にはJLPTのN2に早くも合格!恭喜恭喜

 

そして今日本でのワーキングビザが取れるかどうか、と言うところ。

当初は、日本で働きたい、と言う思いが強かったようですが、ビザを取るのも、どこで取る、も大事で、まあ、色々と考え合わせて行くうちに、どっちでもいいかな、

と思うようになった模様。

やはり、半分”上海に帰りたいなあ”と言う気持ちもでてきたようで。

学生ビザから就労ビザに切り替えるのは学校が終了してから1ヶ月以内、と言うことで時間も十分ではない。

「この10年、私は、何かを決めるとき、いつも心の声に従ってきた。やりたければやる、やりたくなければやらない、それでいい。」

私「そうだよね。ビザが取れれば、きっとそれがいまのあなたにとってそれがいいんだろうし、取れなければ、それもあなたにとっていまはそればベストなんだろうしね。」

 

ビザが取れる取れないと言うことは、試験に受かる、と言うのとは違って、自分の努力ではどうにもできないこと。

取れなければ、それじゃ、どうする、と考えればいいこと。

 

取れたら、仕事しながら、N1合格目指して、勉強する、

取れなかったら、上海戻って、今度は日本語という武器も手に入れたのだから、仕事の機会は広がる

回来上海も私は大歓迎ですよ(^_-)

下手したら親子ほど年齢の違う私たちですが(姐姐と呼んでくれてはいますが)、本当に価値観がどんぴしゃり!

 

それもそのはず、先日、一人盛り上がったマヤ暦

なんと彼女と私は同じ番号

260もあるのに、同じだなんて!

でもその結果を知って、妙にお互い納得

 

結果がどうでても、それがいま彼女にとってベストな答え。

これからも、今までのように

”心の声に従って生きていく”

それでOK

 

でも、自然に任せている、というわけではなく、一方で

故郷で独り暮らすお母様のことをいつもちゃんと考えていて、いつまでに家を買って、アイも探してあげると決めている、本当に堅実で誠実な若者なんです

 

 

私も今までは、子供のことがあったので、心の声を優先できることばかりではありませんでしたが、

子供達が巣立って行ったら、あとは

心の声に従って生きるのみ?楽しみです

 

そして今日の”英語Terakoyaコミュニティ”オンライン開催もとっても楽しみです
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です