新しぃエアライン予約よ!と張り切ったのに。。。。

英語Terakoyaです。

エージェントにstudy VISA代行をお願いするための書類の用意を進めていますが。

英語プログラムに一足先に参加するために、

そろそろエアーチケットもとらねばなら無い感じ。

アメリカ線よ~JALカード作るから、one worldグループでアメリカン航空?

なんて新鮮な気分で検索検索、ctripやexpediaやH.I.Sで。

が、

今回はとりあえず片道チケットを取るので

すると、なんと

便数がものすごく限られるのです!そしてかなりの割高

片道でまだリーズナブルで探すと、直行便はアシアナ航空だけ。

だけど、夜の7時半着とか

暗くなってから大きな空港について、ホテルまでいくなんて、一人だし心配。

ダメダメ、ということで直行便は候補から外れました。

次に、トランジットを見ていくわけですが。。。

懐かしのキャセイ、う~ん、one worldだし、ちょうどいい!と見ていくと。。。

香港トランジットで香港泊、そしてアメリカ着が、バスの連絡が悪く、皆がディナーガ終わるころにつく?みたいなスケジュール。

下手したら、その日は空港近辺に泊まって次の日にバスで向かう、

つまり、

何日がかりでアメリカ行くんだ?ってコトになりかねない。

そして別候補を調べていくと浮上してきたのが、

我が家御用達の

まさかの東方航空MU

上海トランジット泊なので我が家にとまればいいし、

おまけに次の日

日曜なので、皆で見送りができます

さらに東方航空のポイントが高いのは、アメリカの到着時間がいい

バスに乗って、ディナーが始まるころには大学に着けるはず。

それを次男に伝えると

 

「えー!まだMUなん?どこまで。。。」

そうよねえ、アメリカいくのに、まださらに、中華系航空で行くとは思わなかったよね

いやいや、MUといってもこのチケットに関しては、香港経由のキャセイより大分高いんだからね(強気のMU)

 

でもね、去年、数えきれないぐらい乗りに乗ったMUで、あの聞きなれた音楽を耳にしながらアメリカに行くのは、

ホームな感じでリラックスできてよいのではないの?

と思う母でした。

この話を聞いて一番喜んだのは、次女。

「やったー!◎◎に会える!会いたい会いたい!」

思いもしなかった、3人でお見送りをしてやれることになりそうです

Ctripからの突然の電話にたじろぐ

英語Terakoyaです。

ある日、いきなりc-tripから電話が。

なになに、6月の一時帰国便の予約でなにか?と焦ったら

アンケートの協力をお願いします、とのこと。

まずは1~10までの評価をつけて、とのことで、カスタマーサービス相手に点数もつけにくいものだ、と感じましたが。

さらに、

「ほかの方に勧めるとすれば、どいう点がありますか?」

一つ答える

「ほかには?」

ー(え、まだ?)と焦りながら、なんとか探して答える

あろうことか

「ほかには?」(まるで挑むようにきいてくるのです

ー(え、どこまで求めてくるの?)と、絞りだして答える

もうないよ~、と思っていたら、

「改善点があれば」

とのいきなりの方向転換。ほっとするやら、がくっとするやら。。。

突然聞かれても出ないのですが、たまたま

次男の出発便を検索していて、expediaでは出ててくる乗継便のコースがc-tripでは出てこなくて、

そのことを伝えました。

いやあ、びっくりしたわ

ちょうど、上海に戻る便を変更したかったので、そこで言いたかったのですが、

きっとこの人は担当が違うだろう、と思って後日かけなおすことにしました。

日本VS上海 学力対決はいかに!?

英語Terakoyaです。

~教育効果と賃金~についての記事を読んでいたら

日本の学力は先進国・地域の中でトップクラス

とありました。が、私が食いついたのはそこではなくこの部分

学力

PISAというのは経済協力開発機構≪OECD≫*みなさん、これ覚えた記憶ありますよね

による学習到達度の国際比較調査のことです。

日本、トップクラス?

いえいえ

上海の独り勝ち!

ではないですか(~_~;)

その次を香港とシンガポールが争う形。

そりゃあ、上海の子、日曜だって、習い事やお勉強で休む間もない、感じですもの(~_~;)

むむ、我が家の駐在した香港、上海、って先進国の中でも超かしこい国ではないですか!?

まあ、日本人学校であって、現地校でないので関係ないのですが

この表からわかるのは総じてアジアの先進国が勤勉、ということでしょうか。

というより、いわゆる受験戦争が激しいからこの結果であるよう気がしますが。

しかし、

恐るべし上海

美味しいアイスみ~つけた!

英語Terakoyaです。

やっと気温もあがってきましたね。

そうすると欲しくなるのがアイスクリーム

しかし上海では日本のような価格で😋アイスにはなかなかお目にかかれません。

甘すぎるけど、マグナムが定番の我が家。

ところが、みつけました!日本のアイスより高くないのに、😋アイスを!

会所に従来のアイスに交じって、無造作に入れてありました。

包装の仕方も、手で折って、まきました感いっぱい
アイス浦

アイス表左のカプチーノと、右のヨーグルトはすでに食べてみましたが濃厚で、甘さも程よく、特に、ヨーグルトが好きかも。

三つで14元。どれかが若干高いのかも。

やっと日常使いで納得できるアイスに巡り合った気分です

病院

2つ目のローカル総合病院

英語Terakoyaです。

ローカル総合病院に行ってきました。

実は2院目。

一つ目は上海にきて間もないころ、子供を連れて

華山病院

へ。通訳さんがいてくれるものの、当然ですが、日系クリニックと違って、周りはすべて中国人。

雰囲気も独特。。。

結構ドキドキしたものでした。

次からは息子一人で行っていましたけどね。

二つ目は

瑞金病院。

名前きいたことなくて、どこそれ?とちょっとおっかなびっくり。

でも、その分野では中国トップレベルです、と言われて、短信の案内を見ながら行ってきました。

まあ、なんてきれいで、そしてやたら広くて、素晴らしい施設

建物も美しく、中の公園なども、まるで大学のキャンパスのようでびっくり!

診察は異常なしで、安堵して帰りました。

 

ここで疑問。

日本なら、○○大学附属病院、という名前になりますよね。

でも、

華山病院→復旦大学附属

瑞金病院→上海交通大学附属

なんですよね

瑞金病院なんて名前だけ聞いたら不安になってたけど、カルテを書いていたら

上海交通大学附属病院

みたいに書いてあって、一気に勝手に親近感(大学に2期通っただけですがね)

 

両院合わせて今まで4,5人のドクターにお会いしましたが、みなさん共通しているのは

優しぃ

日本だと必ずしもそうは行きませんよね、腕はいいけど偏屈なドクターとか、

今も時々いるらしいたかぴしゃなドクターとか(~_~;)

さらには、セカンドオピニオンを聞きに他院へ行くのでレントゲンのCDを、とお願いしたら

持っていたペンを投げ出して怒ったやつもいたよな、どこかの病院に

しかし、

中国のトップレベルの病院のドクターたちは(中にはしょっちゅうテレビに出ているようなドクターもいました)

みんな一様に

とても丁寧に時間をかけて診察してくれるうえに、物腰もやわらかで、やさしい、

「没问题」

といって優しく微笑まれるだけで、治った気さえするほど(もともと病気ではなかったのですけど)

 

ドクターに癒され、そして何も異常がなかったことにほっとしながら、

健康であることのありがたさ

をかみしめがら帰りました