主人と二人、初体験❤️

英語Terakoyaです。

去年、久々に、ミュージカルをシカゴで見ました。それがあまりによかったので、上海は、オーケストラやミュージカルなど、日本よりリーズナブルに楽しめるし、時々行かなくっちゃ!と思っていました。

が、なかなか忙しく。。。

ホッと一息ついた年末、ミュージカルを見つけてチケット購入!

主人は、こう言うの無縁な人なのですが、二人で楽しめるように引き摺り込む作戦笑
D67660DA-5A87-4B77-BD11-71EFD1D4643B
最後の言葉にグッときました。

自分が歩んできたこれまでの人生、いいも悪いもない

それを丸ごと受け入れて、これからも、また歩いて行こう、なんだかそんな風に思いました。

 

日常を離れてとても贅沢な時間。

 

オーケストラも聴きに行きたいなあ〜、でも、オケの場合、主人は絶対

”いびき”

をかきながら寝そうなので、二人で、はないかな

ベトナム旅行 その5 ホアンキム湖、タンロン遺跡そしてここにきてまで・・・

英語Terakoyaです。

ハノイ二日目は、町歩き、観光。

まずは、中心部のホアンキエム湖を散策。

気づくと、知らない人と話していることがある次男。

またもや、誰かと話してる。冗談で

「友達?」

と聞くと

「そう!大学の友達!」

え??世界どこにいても友達に会うのか?上海でも道歩いてると会うんだよね〜

「けど、ちょっと変わった子で、新入生入ってすぐの時に、毎日toothpaste貸して、って言われた。せっかくだからエッグコーヒーが美味しいとこ、あとで聞いてみる」

と。その子はベトナム人なので、冬休み、里帰りしてたのねえ〜
[

IMG_1773

 

ハノイ大聖堂は、昨日、ぷらぷらしてる時に、もう写真とったし、あとは世界遺産は抑えておかねば、と、

今度は、日中なのでgrabもすんなり捕まって、2だいでgo!

タンロン遺跡にて、侵略と戦争のベトナムの歴史を見てとりました。。。

 

そこから少し歩いたところにある、蟹鍋がおすすめ、というお店に行ってみる。

食べることに関しては探究心が高い我が家ですから笑

 

全く食べ方がわからず、お姉さんが全部やってくれました。とても美味しいお鍋でした

 

翌日、ハロン湾ツアーを予約していたのですが、翌日は一番の寒さでしかも雨予報。ダメ元で変更が可能か問い合わせたら、一日なら可能、と言われ、予定変更。

町歩きは1日で終わったし、じゃ、明日どうする?ツアーデスクたくさんあるから聞いてみる?

とふらりと町のツアーデスクに入り、明日、半日ツアーみたいなのある?

と聞いたら、クッキンング教室しかないから、1日ツアーのここはどう?

と勧められたのが、山の中へ行って、往復1時間半ぐらい、川でボートに乗せてくれて、風光明媚な景色を楽しみ、そのあとは、田舎道をサイクリング、

のがっつり1日コース。

それが、ランチ付きで、結構な安さ〜前日なのでかなりのディスカウントになっていた!

そうとは知らず、6人いるから、ディスカウントして〜、とおねだりすると、元の価格表見せられた(イヤイヤ、大人6人分となると、何から何まで、本当にかかるので

ハロン湾ツアーは、trip advisorで事前に予約したのですが、それでも一人50ドルもしなくて、やすいよねえ〜、と行ってたのですが、

この日、あちこちのツアーデスクの看板に、まさかの30ドルって!こんだけツアーデスクがあり、しかも、前日ともなると、こんなにディスカウントなるなら、今度からは、現地調達で全く問題ない、と勉強した私でした。(旅行手配係としてはね)

 

で、この日は、ホアンキエム湖の見える、おしゃれ〜なレストランでベトナム料理を堪能。ライトアップがとても綺麗!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10万円もする一眼レフを持ってきた長女、それでとってよ、みんなが言っても

「いや、落としたら困るし」

って意味わからん!が、綺麗な夜景にやっとカメラ取り出し

「お、出た!」

とみんなから歓声?じゃないけど、そのあとパチパチ。

 

綺麗な夜景に、家族全員で、賑やかに、美味しいお料理をいただく、最高に幸せな時間となりました。

さて、この旅行中、レストランスタッフに飲み物などをこぼされること3度もありました。あまりに続くので、次男が

「ベトナムの人って、こぼしやすい?そそっかしい?』

☺️(いや、あなたに言う権利はないわ。香港に住んでた頃、食事に行くたんびに何かを倒して、毎回こぼしていたのはあなたでしょ!)

 

”お腹いっぱい〜!”

と言いながら、ベトナムブログで検索した、駐在のひとオススメの、ベトナム風おしるこ?のお店へ。

このつけは大きいだろうけど、旅行だし、楽しまなくては!
IMG_1792

そうそう、この日、どこにいても、タピオカミルクティー大好きの次男、検索、そして
贡茶”
を見つけ、予定外の町歩きに付き合わされたのでした。

上の二人は、夜に向けてホテルで休んでたけど(社会人はお疲れですよね、なのに、いきなりこんなに連れ回され

下の二人は、ミルクティー持って、インスタに投稿してました

ゾッとしました(^^;;

英語Terakoyaです。

いつも飛行機予約係は私。

次男、ただいま、日本にて親知らず治療とバイトをしています。でも、2月頭には戻って、それから半年の留学、すぐだわ〜

と考えていたとき、そういえば、フライト何時だ?と思い立ち、

ctripのマイプランを見たけど、

ない!

え、どこでとった?

 

最近よく見ては使ったりするkayak?

でも履歴にはなさそう。。。

 

あの時期、ベトナム旅行のいろんな手配も同時にやっていて、とにかく予約しまくってた。

次男に至っては、12月にアメリカから上海に戻り、ベトナムへ旅行、そして日本へ戻り歯の治療、そして再度上海へ戻り、そこから留学先へ(2ヶ月の間に6回国際線って)、

ということで、上海滞在が15日を越えないように、フライトも調整して取らねばならず、

また留学先へのフライトも、手続き完了して学期のというか、ドミトリーの最終日がわからないと戻りのフライトも取れない。。。。

それ以前は、夏のインターンが、どこでできるか、早くても2月にならないとわからない、といっていたので、とりようがなく、

もうじゃあ、とりあえず、上海との往復で取るね!

と結構大変だったんです。。。

というわけで未だ6月末に上海に戻ってきた後のアメリカ戻り便はとっていない、8月頭の片道、死ぬほど高いのですが、船で行って欲しい。。。

思わず調べましたよ!そしたらコンテナ船に乗って、世界を回る、みたいなのはあったけど

 

留学先の6/30日がビザの期限だから、何かあったら不安だから1日前の29日で取るよー!と確認して、

確かにとったはず

 

でも、この前、主人に

「〇〇行きのチケットもうとった?』

と聞かれた。。。彼はカード明細をいつもチェックしているので、聞いてくるということは?・・・・

でも今、銀聯でとったり、wechatでとったり、取るサイトによってバラバラだから、一箇所に履歴が残るわけではないんですよね

けど

予約したら必ずチケットを彼に転送しているわけなので、どこかにあるはず。

彼も私もメルアドを二つ持っているので、とにかく大体の日程で探しまくる、なかったら、支払いツールの履歴を全部見るしかない。。。。

 

あった!!ほっ・・・・

 

そういえば、大好きな香港経由よ、と言いながらとったような。。。

そういえば、キャセイのHPに古〜いアジアンマイルの番号使ってログインしたような。。。

 

週末の朝から、冷や汗でした

 

きょうは、素敵な予定があります〜、安心して行ってきます〜

 

P.S. もちろん彼は自分でチケットを取ったりします。が、カードに使用額の制限をかけているので、遠い場所となると金額が大きくて、こちらで取らねばならないのです。金額変更をその都度するのも面倒なので。。。

ベトナム旅行 その4~ハノイで家族6人集結!

英語Terakoyaです。

「ダナン行きに乗るときに、戻りのチケットの番号も、荷物分も払ったから、すぐ乗れるはず」

と主人。ベトジェット。。。いや、安心してはダメよ、何があるかわからない、と余裕は見て空港へ。

意外にも?すんなりチェックイン

 

が、以前にも書きましたが、早朝から、やきもきさせられる事態発生!

長男寝坊(長女の電話で目がさめる)にて、フライトぎりかも〜!とのメールが届く!

 

熱でも出たら、という心配以前だった

 

が、なんとかなる、いやなんとかするのが我が家なもんで。。。。

 

無事ハノイの空港にて合流!

 

私たちのハノイ滞在中は、特に寒くて、ダナンと10度以上違う10度前後の寒さ😢

 

さて、ホテルはトリプルをふた部屋。

私たち夫婦とだれ?となるわけですが、

「じゃ、4泊するし、1日交代で、罰ゲームのように一人ずつくる?」

と末っ子に事前に言ったら

「え、絶対嫌だし!どんなに狭くても四人一緒がいい!」

と言い張っていました。が、ここにエキストラ入れたら流石に狭い、ということで相談。

「一人でベットで寝ないと、寝られないから、じゃ、私がお父さんたちの部屋行く」

と長女がいい、すんなり部屋割り決定(笑)

 

ハノイの街中の、とても便利のいいところ。当然、町中、観光客が溢れる年末。

さて、美味しいベトナム料理を食べに行こう!と、主人が、ハノイに駐在していた社内の人から聞いてところへ行こう、と、grabするが、

なんと、忙しくて、捕まらない!

あ〜、ダナンと同じように考えていたのが間違いだったわ〜。それにベトナムの人が小柄だからだろうけど、車高も車内も狭いからねえ〜

我が家の男子三人大きいのです。。。。

 

だけど、サービス満点のホテルの方に、歩いてすぐの、おいし〜い、そして雰囲気もとても良いお店を教えてもらいgo!

IMG_1756

いやはや、久しぶりに頼む、しかも大人六人分の食事の量に、改めて驚く!

楽しい楽しい、そして美味しい満足な夜を過ごせました。

 

そのあと、少し町歩き。

バイクの量の多さと言ったら!しかも上海と違って、電気バイクではないので、排気ガスも多し。

だけど、そういう道を渡るのには慣れている私たち四人は、ささっと渡るのですが、

東京で、規律ある生活をしている上の二人にしたら

「え、渡るの?待って!」

みたいな

 

次男に至っては、手でバイクや車止めて渡ってますから😰

え、アメリカ、そうじゃないよね?上海とアメリカに住んだら、もはや怖いものはない模様?

 

でもね、同じバイク集団でも、上海のような強引さはなぜか感じない

国民性ですかね?😉

ツアーに参加して勉強になりました

英語Terakoyaです。

こういうツアーに参加すると、思わずガイドさんに注目してしまいます。ガイドデビューを目論んでいる私としては(笑)

観光客目線で、どういうガイディングが良いのか、を。

正直、歴史などを長々と説明されても、何と無く聞き流して、ちょっと飽きてきたりする。

 

他の観光客見ても、長々とガイドが歴史説明などしているときは、聞いてない人多し。

それよりも、目に入るものに、「あれなに?」「どうしてそうなの?」という疑問に答えてくれる方がより、楽しみが深まる気がします。

あとは適度なユーモアですよね。今回は、我が家にしては珍しく〜年末、しかも6人一個隊ということを考えて〜、このあと二つのツアーに参加したので、

3人3様のガイドを見ることができ、なかなか参考になりました。

 

そして、早速それを、元生徒さんにもフィードバック。

 

彼女は4月から東大寺近くの日本庭園の定点ボランティアガイドをします。

その学校の先生からいただいたい原稿がとにかく長い!15ページもある!

実際、これをスラスラ話せるわけではないので、30分のガイド時間を考えたら、本当に必要なところだけをピックアップする必要あり。

どれがキーワードか?

 

30分、観光客が飽きない要するには、どうしたらいいか?など私になりに思うこともアドバイス。

 

全国通訳案内士の資格を取ると、最近増えている、ガイドと観光客のマッチングサイトのようなところから

”登録してください”とよくメールがきます。

 

そこで、他のガイドさんのガイドツアーなどの内容を見せてもらったりしていますが、たくさんある中から選んでもらうのは、かなりのオリジナリティを出していかないと難しいんだろうな、と眺めています。

 

この道、○十年などという方も多くいる中で、他にはないプラン。。。う〜ん。。。

 

訪日外国人観光客が急増、ついに3000万人を突破したいま、ガイド不足が言われています。ある意味、いい時期ではありますが、

色々と考えて、準備が必要だと思われます。。。。

少なくとも海外に住んでる間は、ハードル高いでしょうねえ。。。。でも、考えて、調べることはできる。。。。

 

今やれることからやってみよう、と思うのでした。