commuter train

人生の半分以上を海外で過ごしてきた人!

英語Terakoyaです。

あと1か月弱で上海にきて丸4年が経ちます。

「あっという間だったねぇ~、○○(末っ子)は人生の半分以上、海外やなぁ」

と話しました。

4年香港、4年上海

「でも、ここなら、そういう子は結構いるか~」

というと、

「いや、そうでもない。この前授業で、先生が”人生の半分以上海外で過ごしてる人!”っていって、手を上げたんだけど、まわり、手を上げてる人みると全員中国人か、中国人とのハーフのひとばっかりだった」

と。う~む、彼らの場合どこを基準に海外で過ごしているといっているんだろう。。。と一瞬考えましたが。

それはいいとして、なのに、何語もちゃんとできないのはまずいよね!

という話に。。。。

 

英語は4歳で日本に帰国した時に、香港に置いてきたし、中国語もだめだし~

海外生活が長いことの影響といえるのは

その

”大陸的な性格”

だけです・・・・

 

つまり、日本に帰ると、違和感を覚えるようになってきていて、まずい

 

いやいや、考え方をポジティブにすると

 

今や、日本には外国人の観光客だけでなく、労働者もどんどん増えています。法律もそのように改正されていっている。

だから、日本人がいままでの考え方やあり方に固執していてはいけない時代にはいってきているし、彼女の時代は確実にそうなる

 

ならば、この”大陸的な性格”は、これからOKなのではないか?

 

毎日激込みの地下鉄で通学。

こちらは、日本のように中に詰めずに、ドアのあたりにみんなたつ、そして

ドアの付近の人が日本のように降りて道をあけずに、そこに立ちはだかって居るので

おりるときは、ぐいぐい、その辺の人を押しまくって降りていくしかありません。

でないと、降りれない、という状況の中をサバイブしながら通っているので

ぐいぐい行くしかないのです。

なので、彼女、ぐいぐい行きます💦(友達、結構それについてこれないらしく、ふりかえるとみんなついてきてないとか

 

そういう習性は(戦闘態勢)は、ここでしか必要ないと思うので、それは日本では必要ない、ということは彼女もわかっています、4歳から11歳という時期を日本で過ごしているので。

 

というわけで、言葉はできないけど、マインドだけは”大陸仕様”って

ポンコツ気味??

hongkong1

感無量ではなく間一髪!の香港

英語Terakoyaです。

きのうから、次男、11年ぶりの香港へ行っています。

インスタには”感無量”と書いていますが、あーたの場合、

間一髪!の思い出の灣仔にも、是非フェリーに乗っていってちょーだいねえ~!

とフライと前に電話してきたときに話しました。

 

尖沙咀からフェリーで灣仔へ。

当時はやっていたローラーブレードですいすい先に行く次男に

「まっすくいったとこの本屋にいって」

と声をかけ、途中まで本屋の中でも姿は確認していました。

 

が、いざ出るときに探すといない!一気に血の気が引き。。。

周りを探し回りましたがいない、もう、会えない、、、、と絶望的になった時に、

長男が

「あれ、そうじゃない?」

 

みると、警察の車に丁度のせられるところでした!

 

間一髪のところで、主人が走っていって、無事引きとることができました。

というのが灣仔での出来事

いまとなっては笑い話ですが、当時、大陸での誘拐、臓器売買が問題になっていたときなので、心臓が止まる思いをしたのを覚えています。

と、小学校低学年から、好奇心旺盛でちょろちょろする子でしたが

あれから10数年して、世界をあちこちしているようになっているとは

その時は思いもしませんでした。。。。。

 

一時、交換留学で、アフリカもいいなぁ、といっていたことがあり、さすがにそれは

とめましたが。

 

ちょうど週末で、うちであいさんをしてくれてたジュリエッタ、今は、私の友人宅で働いているので、会うようです♡

 

おいしそうなあえびワンタンの写真!たべたい~!あれは上海では食べれない味

 

いつか家族で香港にいけるといいなあ

きっと盛り上がりすぎる!

summer

三か国語は当たり前!

 

英語Terakoyaです。

最近、私の周りはハイスペックな方々が多くて(~_~;)

国際結婚だと、両親の言語、プラス 英語、だったり、中国語だったり、

ここはアジアなのに、三か国語が当たり前

 

ほら、欧米だと、三か国語どころか、5,6か国語、というのも珍しくないらしいけど、いやはや、すごいわ~

うち、このままではあかんやん、と変な錯覚してしまいそうです。。。。

(ま、そもそもめざしている次元が最初から違うので、他人事とおもっておけばよいのですが(笑))

 

あかんやん、といってもどうにもできないのですが、

高校生活、一学期があまりに行事が詰まっていて、通学になれるのも、とかいっているうちに、野放しのまま、一学期が終わってしまっとことを反省した次第です。

 

というわけで、夏は、ちょっと手入れ?をしようと思います

問題なのは、私の気力がもつか、というとこですが。

(自分もやらねばならないことが山積みなので、ついついそっちに気がいってしまう。。。)

が、私の未来より、これから先のながい末っ子の未来の方が大事なのですから、

残りひとりの子供、ちゃんとみてやらねばならない、と自分に言い聞かせます

(上の子たちに教えたことは皆無なので初志貫徹できる自信が。。。。ないかも

久々のランチ-夏休みの過ごし方色々-

英語Terakoyaです。

このところプライベートでは一時帰国したり、また役員の仕事も忙しく、バタバタだったのですが、

やっと山場は超え、久々に友人とランチしてきました。

というより、これを楽しみにして頑張ってきたといってもいい(笑)

が、まさかの二日連続飲茶

ま、おいしいから没问题✌

 

まわりにはお子さんだけ、日本や他の国の高校に進学して寮生活、という人もいます。(日本じゃかんがえられないですがね)

自立しているようで、まだまだ完全でないのが高校生なので、心配は尽きないですね。

てもとに居ても、あーだこーだと、いろいろありますから。

 

そうかとおもえば、

こちらにいる方方はバックグランドがグローバルなので、夏はヨーロッパや、北米へと、短期留学、というのも当たり前のように聞いて

みなさんの教育熱心さに”すごいなあ”とただただ感心するばかり。

 

お子様たちが、それをこなすだけの能力をおもちなのも素晴らしぃ!

 

だけど、まわりはまわり。

我が家の末っ子は、どこまでもマイペース。

 

春にアメリカに行ったときに、ホストパパに

「どう、ここ気にいった?ホームステイに来る?」

ときかれて、yes!と答えていたけど

「無理」と後で速攻いってきましたもん(笑)

 

夏は、帰国した友達が上海にくるのでおとまりディズニーするのと、プチ旅行を楽しみにしているぐらいですね。

 

夏休みからは、そろそろ、ちゃんと勉強もしてほしいと思います💦

 

 

セクハラとパワハラ

英語Terakoyaです。

フリーペーパーをパラパラと見ていた主人。

たまたま年末行くところが載っていて

「お、こんなビーチか!泳がなあかんな」

「いや、冬だし〜」とわたし。

「プールならいけるやろ。みんなに水着持ってくるように送ってやろう」

とグルチャに送り出しました。

送りながら

「娘におっさんがこんなん送ったらセクハラ思われるから」

といって

「セクハラちゃうで」

と書いていた(爆笑)

そして、息子に向けて

「パワハラちゃうで」

と。

 

管理職、きっと社内で、セクハラやパワハラについての指導などがきっちりあるんだろうなあ、あと部下のメンタルサポートなどもしっかり教育がされているようですねえ〜

大変だ

いや、

ちょっと

待てよ・・・

 

そうだよね、そんな話は聞いてるというのに

 

なんで、一番身近にいる妻や娘のメンタルに注意がいかないのかしらねえ〜

 

と、今思いました

 

そして、すぐ既読になったにも関わらず誰からも返信なし。

送っている日がまずい、日本3連休最終日の夜ですもん。

”こっちはまた明日から会社なんだよ、そんな気分じゃないし”

ってなもんでしょうか?

唯一返信あったのは塾に行っているはずの末っ子

「おい、〇〇ちゃん〜、あかんやろ」

とスマホに向かって言ってる主人。

 

帰ってきた末っ子に詰め寄ると

「ちょうど休憩時間だったし」

と。

一対一なので、まあ、嘘はないでしょうね笑

 

P.S.メンタルやられるんじゃないか?というほど最初大変だった次男から

「今日もインターンあると思って会社に来てもうた、やすみやった」

とメール。

「そんなに会社が好きになったのね」と返すと

「その返し?』

と次男。

必ず、時間が解決してくれます、大概のことは。