覚えている限りでのここ四半世紀最大の失態とは?

英語Terakoyaです。

人生最大とはいいませんが、結婚以来ではおそらく最大の失態をやらかしてしまった、日本から上海に戻る日。

いつものエアポートシャトル乗り場で余裕を持って待っていました、その日も。

そこには、ショッピングモール行きのバスも停まり、いつも長蛇の列ができているのですが、その日も長蛇の列。

が、その人達が乗り込んだ後も長蛇の列。そして大きなスーツケースを持った人も何人も。

「え、こんなにエアポートシャトル乗る人がいるなんてめずらしい!」

 

中高年の元気な方々もおおきなリュックを背負って大勢。シルバーパワー恐るべし!などと思っていると、

「定員を超えているのでもう一台用意します」

と車掌さんが。とみると、いつものエアポートシャトルがその場を定刻より早めにでていったので、

”あ~、違うバスが来るのね”と待つと

なんと路線バスが二台!

路線バスですか?と驚きは隠せないものの

”用意できなかったのね”

と乗りこむ。この時点では、まだのんきに、友達や子供に、「エアポートシャトル、まさかの定員越え!」なんてメールしてました。

ところが。。。

不思議なことに各停留所に停まる。

”まあ、本来路線バスだし、途中までそんなかんじでいくんかな”

しかし、そのゆっくりさ加減にだんだん不安に。

”でも、みんな大きなスーツケース持ってるしなあ。いらいらしているのは私ぐらい?みんな何もあわててないわけだし、焦らない焦らない”

と言い聞かせつつ。。。

エアポートシャトルはいくつかの乗り場を経由していくのですが、ここ経由したら、もう、バイパス乗るよね、

と思って居たところを過ぎて、

”???これは五條方面の道だよね!?え、もしかして、これ、明らか違う??????”

とその時、不安的中?やっと気づき

「これ関空いきますか?」

と顔面蒼白で車掌さんにきくと

「いや、これ新宮ですわ」(和歌山のおもいきり南、”日本一長い路線バス”とかでテレビ放映されるようなところ。運転手さんも、私のまさかの質問に驚きを隠せない模様!)

気持ちがそこで一気に崩れ落ちそうになるのをなんとか持ちこたえ

「関空ここからどうやっていけばいいですか?」

時すでに、40分以上経過。。。。

バスの後ろの中高年の方々、ざわめく。。。

「間に合いはるの?大丈夫?」

など優しぃお声を背後からかけてくださったのですが、頭の中が真っ白の私はそれに答える余裕もなし。

奈良のそれもめっちゃローカルな国道に大きなスーツケースを持って降たつことになったのです。

(はい、ここでいいわけさせてください( ̄▽ ̄))

#普通では考えられないような間違いと思われるでしょうが、その時間、そのバス停に停まるのは、関空行と、イオンモール行きのバスしかないと思っていたのでまさかの”新宮”いきが停まっているなんて、知りもしなかったので、疑わなかったのです、この列は空港いきだと。

それにスーツケースを持っている人も何人もいたし。主人にいわせれば

「そりゃあ、新宮なら、スーツケースで行く人もいるわなあ」

と。私、そんなコト知らんがな!奈良育ちちゃうし!

と、”御所”(という超ローカルな場所)~”ごしょ”ではなく”ごせ”と読みます~から関空でチェックインするまではまた明日。

(今これを書きながらも心臓がバクバクしてきます💦)

頭のない理由は?

英語Terakoyaです。

今回アユタヤ遺跡に行ったときに、目にした光景

仏像の頭がない(~_~;)並んでいる仏像の頭がぜ~んぶない

日本で、世界遺産に液体がかけられてる!の騒ぎどころじゃないですよね。。。

実はこれ、アンコールワットでも目にした光景だったのです。

アンコールワットのおじちゃんの説明によると

仏像の頭はお金になるから、タイから泥棒がたくさん来て持っていった、ということ。

アユタヤのおじちゃんの説明によると

その昔アユタヤの王様が戦争に負けて逃げるときに、仏像の頭をきって宝を中に隠して逃げた。

それをあとからミャンマー軍が発見して、それなら、と、他のお寺の仏像の頭も全部おとして中にお宝があるのではないかと、さがしたからだということ。

他国にしたのと同じことを今度は自分たちもされる、因果応報は世の常なのか、

と妙に考えいる光景でした。

 

タイもカンボジアも、ミャンマーも陸続きの国だからこういうことが起きるのでしょう。

日本のような島国は、島国だからこそ、そして第二次大戦以降は戦争もなくきたので

さまざまな文化遺産がよい状態で保存できているのだなあ、と

日本の平和を思うのでした。

どうかこれからも平和が続きますように。

 

仏像は身近です。なんたって、”奈良”ですから(^_-)-☆

 

 

初めての〇〇〇〇〇〇

英語Terakoyaです。

今回初めてのオプショナルツアーなるものに参加しました…

子供たちがまだ小さい頃は、移動自体がとても大変だったので、ホテルから手配された空港へ迎えに来てくれたドライバーに交渉して
その後の日程、案内してもらったり、

今のように3人になってからは、ガイドをつけた時のドライバーに交渉してその後案内してもらう、という具合でした。

(去年の次男と次女との3人旅では、全部自力で回りましたが)

今回は、どうしよう~、と、
初めてJTB系のオプショナルツアーなるものに申し込んでみました。

驚くような(いままでは外からしか見たことのないような)大型バスに乗って、クーラーのきいているなか、目的地まで連れてってくれます。
そして目的地では”日本語”で(今までガイドを頼んだとしても、日本語ガイドは高いので英語ガイドしかありません)説明してくれ

写真スポットでは写真を撮ってくれて、と至れり尽くせり。

でも、自由に行動したい我が家にとって、何時に戻ってください、というのはやはり窮屈感が(-_-;)

それに、どうしても往復の道中、疲れと、エアコンの心地よさでうとうとしてしまい、町の様子などを見れず。。。

TUKTUKは、熱いし、排気ガスや、土煙も浴びるのですが、現地の人の生活をすぐそこに感じることができて、やはりそちらの方が好きかも。

けれど、日系オプショナルツアーも一度ぐらいは経験しておいてもよいですね。

自力て行くと、今回も、フェリー乗り場がわからず、何種類かの乗り場があるので、それをちゃんと伝えないと違うところへTUKTUK
でつれていかれ、結果、ものすご~く、長い距離を、何度も聞きながらもどらねばならなかったり。。。

けど、そんなことのほうが本当は旅の良い思い出として残ってくるんですよね。

facebookをみた、元生徒さん、タイに住んでいたことがある方なので、メッセージをくれて、おすすめレストランを教えてくださいました。

ホテルからも近く、行ってきました。おすすめのカニのカレー、めちゃめちゃおいしかったです~♡
IMG_3795
ということで、今日からまた質素な暮らしです(^^♪

日本→上海そして→

英語Terakoyaです。

上海に奇跡的に予定通り帰った翌々日、つまりスーツケースの中身は長袖を半袖に入れ替えただけで

 

“微笑みの国”へ。

心が温かくなるような笑顔で迎えてくれるタイの人々に

“笑顔”の持つ力を再認識させてもらっています。

末っ子、大都会ぶりに驚く😓

早速サイアムのど真ん中に夕食に行って、そのフードフロアのひろさに驚く😲

思わず日本人学校の生徒数検索。あー、上海どんどん減ってるもんねー、バンコクの方が多いんやあ-

あの生活コスト、とくに住宅コストの急上昇では無理もないけど

前は1歳の頃プーケットに行ったのでなんにも覚えておらず。

“毎日マンゴー食べる!”

となにしに来たのやら

塾の先生からのメール

“ご旅行中にまた学習した内容が抜け落ちてしまうことが懸念されます”

年末年始の旅行から戻ったら、それまでできていたことをあまりにも全部忘れていた、ということがあったので😓すいません….

これがもう受験まででは最後の息抜き。遊ぶときは思い切り遊び(でも、勉強したことわすれないでくれ!)やるときにはしっかりやる!

そんなめりはりをつけてほしいと思います。

IMG_3283