photo-1514432324607-a09d9b4aefdd

ベトナムコーヒーを買ってぼったくられた?

英語Terakoyaです。

 

まだ終わってないベトナム旅行記事笑

”お土産”を買う、という習慣がほとんどない我が家。

とにかく、現地で体験しておいしものを食べて、思い出を持ち帰り!スタイル

 

ですが今回はベトナム、あの美味しいベトナムコーヒーのある土地。

主人と私はコーヒー党。朝起きぬけにコーヒーを飲まないと一日が始まらない派。

このほんのり甘い、マイルドな口当たりのコーヒーは買って帰らないとね!

 

と帰国前日の夜、立ち寄った、とてもおしゃれな珈琲屋さん。

とても丁寧に試飲もさせてくれて、応対もとてもよし。

 

薦められるままにその豆を2袋挽いてもらおうとしたら、あとこれ買うと、合計から割引になるから、とすでにパッケージ済みのものを薦められ、じゃあ、それも、と買うことに。

くじをひいたら、とてもいい、ベトナムコーヒーを入れるセットが当たった!

で、ルンルン気分で、三袋、会計をきいて

何かの間違い

10000円ほど。。。

一番いいコーヒー豆だけを見つけて食べるジャコウネコの糞から種子を取り出し、作られるコーヒーで高価なのは高価、それにしても。。。。

そもそも、ベトナムだから物価安いし、と、値段も見ずに買う主人も主人だけど。。。

ぼったくられたのか。。。

 

後日それを中国人の友人に話すと、

「猫屎咖啡ね、それは高いものね!」

私は、あまりに、そのまんまのネーミングにびっくり

 

とにかく、大事に飲もう。。。と二人で言っていました。

 

けど、やはり、主人は釈然としなかったのか、ハノイに駐在していた社内の人に確認したらしい笑

そして、

「それはそのくらいしますよ、ぼったくられてませんよ」

と言われて、やっと安心した模様。

 

教訓*必ず値段を確認してから買いましょう!

 

なのに、上海に戻ったあと、パークソンでお買い物をした時に、彼はまた同じことをやらかしてしまいました。。。。私が常にチェックしてないと、やはりダメなのか?

 

P.S.  ところでその ベトナムコーヒーを入れる器具、”じゃもらうわ”と言って、長男が持って帰ったのですが、彼は、ベトナムコーヒーかって帰らなかったはず(飛行機代も、その他全部の費用、こちら持ちなので、社会人よ、せめて、自分のお土産くらい自分で買ってくれ!

帰りのフライトの時間が、私たちよりかなり遅かったので、ホテルの周りや空港でお土産買う時間はあったと思うけど、買ってないだろうなあ。。。

つまり、彼のお家の片隅に忘れ去られている確率高し!

勿体無い、こんど行ったら回収して帰ろう

 

 

次回開催予定です。

英語Terakoya コミュニティ 第2回

日時:3月14日 AM10:00~11:30(Beijing Time)

場所:オンラインで開催(zoomでやります)

*英語Terakoyaコミュニティについてはこちら

*申し込み締め切り 前日(3月13日)

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

オンラインですので一時帰国中の方もご参加いただけますよ

何か質問や、日時をこうして欲しいなどのご要望などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

ベトナム家族旅行〜ハロン湾で売り飛ばされた?

英語Terakoyaです。

 

ベトナム最終日は、今回のハイライト

”ハロン湾クルーズ”

 

この日は朝7:40ピックアップ、前日よりさらに早い

昨日の丸丸一日のツアーの疲れを残しながら(私は超元気 我が家、体育会上がりの両親の方が、子供達より体力あるという)

またまた、各ホテルピックアップしながら出発。大型バス、満車だけどこの日も日本人おらず。街中では良く見かけるのになあ〜

まさかのほぼ4時間ドライブで、

世界遺産ハロン湾到着

が、さ、さ、寒い・・・

あとで旅行サイトを見たら、

”年に数日10度を下回る日があります”

とあったのですが、まさにその数日だったようです

 

そして、ものすごい人の数にびっくり!元旦ということもあり、大勢の観光客でごった返していて

”絶対はぐれないようにしてください”

とガイドさん。フェリー乗り場の建物に入る前に、ガイドの人のところへ、歩み寄る人が。

その人もガイドさんぽい。

そして二人何やら少し話したかと思うと、うちのガイド、そのガイドにお金を渡している。

何してるんだ?と見ていると、うちのガイド、いきなり私たち6人のところへ来て、

「今日は、この通り、人が多いので、あのガイドさんについていってください」

一切、そんなこと聞いてない。ましてや、かなり前から私はこのツアー予約していた。

子供達

「なになに、お金渡してたし、我が家売り飛ばされた!?

 

ねえ〜、我が家が何事なく、何かを終えるなんてやっぱりないからねえ〜

仕方ない、とにかくあのガイドについていくしかないよ。こんなところまで連れてこられてさ。。

すると、次男と次女が

「ね、帰りおんなじバス?途中の休憩で買ったポテチ、置いて来てんけど、バスの中に。二つもあるのに!」そこかい

ガイドさん捕まえて、帰りのバスを確認、来たバスで帰れるらしいけど、私たちのバスの人たちはもうどこかへいってしまったし、こんだけの船が出ている中で、帰りの時間が同じなるとはとても思えない。。。。

でも、売り飛ばされた?我が家になすすべなし・・・

 

帰りのバスに一抹の不安を残しながら、船へと向かいました。。。。

テーブルごとに食事をサーブしてくれて、結構快適

 

が、その日最高気温10度あるかないかで、外に出るとやはり寒い!でもでないとムービーも取れませんし、頑張って出る!

曇りだったので

「これ、晴れてたらめっちゃ綺麗なんやろねえ」

と言いながら写真パチパチ、寒っ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして寄港した島で、またもや、今回

3度目の洞窟観光

 

主人が、

「この家、どんだけ洞窟好きやねん?」

と思われるわ、と。確かに笑

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてさて、希望の人はkayakできますよ〜、ということで、寒いし、私たちは、ボートを漕いでもらう方に。

しかし、我が家の坊主二人は、

「kayakやろうぜ!」

と初kayakに挑戦することになりました。続きはまた次回

 

 

<上海Terakoya  コミュニティ 第1回>

日時:2月26日午前中

場所:2号線沿いの地下鉄駅からアクセス良いところを考えています。詳しくは、メールにて、ご連絡させて頂きます。

*申し込み締め切り 2月24日

じゃ、参加してみようかな、という方は、こちらからお願いします。→🍀🍀🍀

 

何か質問がありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね
ランキングに参加しています。クリックしていただけるととても嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

ベトナム旅行 その6 二つ目の洞窟山の中・・・

英語Terakoyaです。

8時にホテルロビー集合と早いこの日。

翌日はハロン湾行きだから、もっと早い集合。普通なら、今日は、買い物したりエステ行ったり、となるんだろうけど、

お土産を買う習慣がない我が家、そして、今や、エステなんてあんな生易しいものでは物足りない、やっぱり、電気鍼よ、カッピングよ!じゃなきゃ、やった気がしない!の私。

本当は、長女は行きたかったみたいけど、目一杯楽しみたい親に付き合わされる羽目に(かわいそう

が、この日は、今回滞在中でも最も寒く、まさかの最高気温が10度ない日。

ハノイの街中、車とバイクで溢れて、ホテルピックアップして街中出るのに(しかも、めっちゃ待たせた挙句、やってこない人もいたから余計に)、1時間ほどかかりました。

ガイドのお兄ちゃん、バスの外で、怒りながら超不機嫌に電話!なのに、乗り込んできて、バス出発したら、別人か?と見紛う、

ベトナム人らしい超温和な笑顔になり

”Hello~!”

と始めたからちょっと引いた、、、まあ、あなたはプロなのよね、つまり?

バス、満席、もちろん、日本人、うちだけ。。。。

バスに揺られて、まずは寺院へ。ガイド、歴史の説明長すぎ、みんな聞いていない。。。

途中、ヤギを丸焼きにした、一頭そのまんまが道沿いに売られていて、引きましtが。。。。

 

お次に向かったのは、川!

当初の予定では、最初にサイクリングだったのだけど、いま、混雑していて自転車が足りないからまずはボート、ということに

1時間半、川下り。

ここも混雑しすぎ!こんな寒い日に、しかも川の上、寒い寒い!

船頭さん?たち、器用に足で漕いでくれます、そりゃ、1時間半も手では漕いでられないよね〜

ここでも、3人ずつに分かれて乗るのに、どう乗る?となり、理由忘れたけど、末っ子が私たちと乗ることになり、拗ねる末っ子。。。

川下りをしているうちに、徐々にご機嫌が治り、、、、

途中洞窟の中に入ったり、景観を楽しむ。

が、天候を侮って、厚手のコートを着てこなかった彼女は死ぬほど寒かった!

漕ぎたい人は漕げるようにオールもあったのですが、後半、とうとう、

「寒い!」

とオールを手に漕ぎだしました笑 楽しそうでしたよ

 

その後、自転車でサイクリング!

って、どれもこれもほんまボロい!飛鳥もサイクリングがたくさんあるけど、どれも整備されているのに、ベトナムクオリティ、仕方ない。。。

寒いのもあり、時間も押しているのか、お兄いさん

「みんな、私についてくるように、迷子になると困るから!」

とちょっと厳しめ 自転車こぐのも速い、これは、もう、景観を楽しむというより、ついていくのに必死なトレーニングスタイルではないか?

私は、高校の時片道10キロ以上の自転車通学をしていたので、問題ないのですが、なにぶん、雨上がりで道は悪いし

水牛の💩

が、ところどころ落ちているので、それを避けながらこぐのが結構大変だった。

何だろう、このサバイバル感。。。。が、妙にツアー客の間に生まれる一体感

 

一日屋外で寒さに耐えながら過ごしたツアー、帰路、工事渋滞に巻き込まれる。

何で大晦日の夕方遅くに、工事してんだ!

 

ハノイについたのは、8時半ごろ。皆それなりにお疲れ〜

 

昨日、一昨日と、豪勢な晩ごはんだったので、今日はローカルフードと決めていました。

ホテルのすぐ近くにいつ行っても行列のできているお店があり、そこへ。(もちろん、ガイドブックにも載っていました、後から見たら)

夜9時で、少しは列も短くて、回転も早いので、程なく座れました。

お、お、美味しい〜ナニコレ?

 

上海で、美味しい、と食べていたのは、一体あれは何だったんだ?

と思うぐらい、違う。。。あれはフォーではなかったのか。。。。メニューには、フォーとあったけど😏

 

行列に納得!アウトドアで冷えた体には、余計に美味しいフォーでした。

 

が、また明日もアウトドアな1日が待っている!(どこに行ってもサバイバルな我が家?)早く帰って、寝よ!

 

とおもったのですが、大晦日!カウントダウン会場も近いので、少しだけ雰囲気を味わおうと出かけてみました。

 

が、人と、バイクがそこへ向けて押し寄せて、人も車も大渋滞!

なんとか会場に着いたものの、いやこれ、早よ帰らんと帰れんよ、とそそくさと帰ろうとしたけど、全く動かない!

いやいやびっくり!読みが甘かった。。。。

 

なんだかこうしてごちゃごちゃのうちに新年を迎えたのであります

ベトナム旅行 その5 ホアンキム湖、タンロン遺跡そしてここにきてまで・・・

英語Terakoyaです。

ハノイ二日目は、町歩き、観光。

まずは、中心部のホアンキエム湖を散策。

気づくと、知らない人と話していることがある次男。

またもや、誰かと話してる。冗談で

「友達?」

と聞くと

「そう!大学の友達!」

え??世界どこにいても友達に会うのか?上海でも道歩いてると会うんだよね〜

「けど、ちょっと変わった子で、新入生入ってすぐの時に、毎日toothpaste貸して、って言われた。せっかくだからエッグコーヒーが美味しいとこ、あとで聞いてみる」

と。その子はベトナム人なので、冬休み、里帰りしてたのねえ〜
[

IMG_1773

 

ハノイ大聖堂は、昨日、ぷらぷらしてる時に、もう写真とったし、あとは世界遺産は抑えておかねば、と、

今度は、日中なのでgrabもすんなり捕まって、2だいでgo!

タンロン遺跡にて、侵略と戦争のベトナムの歴史を見てとりました。。。

 

そこから少し歩いたところにある、蟹鍋がおすすめ、というお店に行ってみる。

食べることに関しては探究心が高い我が家ですから笑

 

全く食べ方がわからず、お姉さんが全部やってくれました。とても美味しいお鍋でした

 

翌日、ハロン湾ツアーを予約していたのですが、翌日は一番の寒さでしかも雨予報。ダメ元で変更が可能か問い合わせたら、一日なら可能、と言われ、予定変更。

町歩きは1日で終わったし、じゃ、明日どうする?ツアーデスクたくさんあるから聞いてみる?

とふらりと町のツアーデスクに入り、明日、半日ツアーみたいなのある?

と聞いたら、クッキンング教室しかないから、1日ツアーのここはどう?

と勧められたのが、山の中へ行って、往復1時間半ぐらい、川でボートに乗せてくれて、風光明媚な景色を楽しみ、そのあとは、田舎道をサイクリング、

のがっつり1日コース。

それが、ランチ付きで、結構な安さ〜前日なのでかなりのディスカウントになっていた!

そうとは知らず、6人いるから、ディスカウントして〜、とおねだりすると、元の価格表見せられた(イヤイヤ、大人6人分となると、何から何まで、本当にかかるので

ハロン湾ツアーは、trip advisorで事前に予約したのですが、それでも一人50ドルもしなくて、やすいよねえ〜、と行ってたのですが、

この日、あちこちのツアーデスクの看板に、まさかの30ドルって!こんだけツアーデスクがあり、しかも、前日ともなると、こんなにディスカウントなるなら、今度からは、現地調達で全く問題ない、と勉強した私でした。(旅行手配係としてはね)

 

で、この日は、ホアンキエム湖の見える、おしゃれ〜なレストランでベトナム料理を堪能。ライトアップがとても綺麗!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10万円もする一眼レフを持ってきた長女、それでとってよ、みんなが言っても

「いや、落としたら困るし」

って意味わからん!が、綺麗な夜景にやっとカメラ取り出し

「お、出た!」

とみんなから歓声?じゃないけど、そのあとパチパチ。

 

綺麗な夜景に、家族全員で、賑やかに、美味しいお料理をいただく、最高に幸せな時間となりました。

さて、この旅行中、レストランスタッフに飲み物などをこぼされること3度もありました。あまりに続くので、次男が

「ベトナムの人って、こぼしやすい?そそっかしい?』

☺️(いや、あなたに言う権利はないわ。香港に住んでた頃、食事に行くたんびに何かを倒して、毎回こぼしていたのはあなたでしょ!)

 

”お腹いっぱい〜!”

と言いながら、ベトナムブログで検索した、駐在のひとオススメの、ベトナム風おしるこ?のお店へ。

このつけは大きいだろうけど、旅行だし、楽しまなくては!
IMG_1792

そうそう、この日、どこにいても、タピオカミルクティー大好きの次男、検索、そして
贡茶”
を見つけ、予定外の町歩きに付き合わされたのでした。

上の二人は、夜に向けてホテルで休んでたけど(社会人はお疲れですよね、なのに、いきなりこんなに連れ回され

下の二人は、ミルクティー持って、インスタに投稿してました

ベトナム旅行 その4~ハノイで家族6人集結!

英語Terakoyaです。

「ダナン行きに乗るときに、戻りのチケットの番号も、荷物分も払ったから、すぐ乗れるはず」

と主人。ベトジェット。。。いや、安心してはダメよ、何があるかわからない、と余裕は見て空港へ。

意外にも?すんなりチェックイン

 

が、以前にも書きましたが、早朝から、やきもきさせられる事態発生!

長男寝坊(長女の電話で目がさめる)にて、フライトぎりかも〜!とのメールが届く!

 

熱でも出たら、という心配以前だった

 

が、なんとかなる、いやなんとかするのが我が家なもんで。。。。

 

無事ハノイの空港にて合流!

 

私たちのハノイ滞在中は、特に寒くて、ダナンと10度以上違う10度前後の寒さ😢

 

さて、ホテルはトリプルをふた部屋。

私たち夫婦とだれ?となるわけですが、

「じゃ、4泊するし、1日交代で、罰ゲームのように一人ずつくる?」

と末っ子に事前に言ったら

「え、絶対嫌だし!どんなに狭くても四人一緒がいい!」

と言い張っていました。が、ここにエキストラ入れたら流石に狭い、ということで相談。

「一人でベットで寝ないと、寝られないから、じゃ、私がお父さんたちの部屋行く」

と長女がいい、すんなり部屋割り決定(笑)

 

ハノイの街中の、とても便利のいいところ。当然、町中、観光客が溢れる年末。

さて、美味しいベトナム料理を食べに行こう!と、主人が、ハノイに駐在していた社内の人から聞いてところへ行こう、と、grabするが、

なんと、忙しくて、捕まらない!

あ〜、ダナンと同じように考えていたのが間違いだったわ〜。それにベトナムの人が小柄だからだろうけど、車高も車内も狭いからねえ〜

我が家の男子三人大きいのです。。。。

 

だけど、サービス満点のホテルの方に、歩いてすぐの、おいし〜い、そして雰囲気もとても良いお店を教えてもらいgo!

IMG_1756

いやはや、久しぶりに頼む、しかも大人六人分の食事の量に、改めて驚く!

楽しい楽しい、そして美味しい満足な夜を過ごせました。

 

そのあと、少し町歩き。

バイクの量の多さと言ったら!しかも上海と違って、電気バイクではないので、排気ガスも多し。

だけど、そういう道を渡るのには慣れている私たち四人は、ささっと渡るのですが、

東京で、規律ある生活をしている上の二人にしたら

「え、渡るの?待って!」

みたいな

 

次男に至っては、手でバイクや車止めて渡ってますから😰

え、アメリカ、そうじゃないよね?上海とアメリカに住んだら、もはや怖いものはない模様?

 

でもね、同じバイク集団でも、上海のような強引さはなぜか感じない

国民性ですかね?😉