わらってしまう後姿

英語Terakoyaです。

この一年、末っ子中国語は学校の授業のみ。

わたしといると、外で中国語を話すのを躊躇するので、せっかく上海にいるのだから、もっと喋るようになってほしい、

そして、HSKも高校卒業までにできれば6級とってほしぃ、と思い、

私がオンラインレッスンでお世話になった、おっとり癒し系の先生のレッスンを受けさせてみました。

「先生、かわいい~♡」

初回は、私がそばにいて、わから無いところなどは間に入っていたのですが、

「先生、日本語検定1級だから、日本語できるから」

と、2回目は一人で受講させました。

「わーどきどきする!」

「だって、先生やさしいし、問題ないやろ、わからなければ日本語できいて」

「そうだけど、どきどきする!」

 

そして、ふとみると、リビングのじゅうたんの上で、なんと正座して受講しているではありませんか!(笑)

「そのうち、足がしびれてたてなくなるぞ!」

と主人。

たくさん、発音や音読をして、気持ちがほぐれてきたのか、そのうち、正座はくずしていましたが

「つぎいつだっけ?」

ときいてくるので、よい感じです

 

「じゃ、この感じで英語もやるか?イ○サ先生にぱきぱきやってもらうか?」

「え、パキパキは無理!」

「いや、イ○サが子供相手だと、どういうレッスンするのかみてみたい」

「やめてー、イ○サ、無理

 

という会話の後、ひさびさに英会話のページを開いて、お世話になった先生方のページをみてみる。

さすが、みんなびっちり埋まってるわ~、でも末っ子には、この先生があうだろうなあ、というのはわかっているので

やるなら、できるだけ彼女にあう先生を予約してやらないといけない。

けど、どういう方向性でやっていくかをまずきめたいところ。

なんてみていると、私もまたやりたくなってしまう。。。でも英語はアカウント共有できないし、毎日やるほどもいらないんだなぁ、わたしは。

 

とりあえず、高校になるまでに、末っ子をオンラインになれさせる予定です。

オンラインなら、日本に一時帰国中もできますしね

 

 

giude

通訳案内士試験との出会い in Hong Kong

英語Terakoyaです。

香港では、超愛想のよかった末っ子のおかげでいろいろな国籍の方と知り合いました。

そして、日本の文化や歴史のことをいろいろと聞かれました。

彼らは自国のそれをとてもよく知っているのに、日本人の私は、日本のことを聞かれても答えられないことだらけで愕然としたのです。

そして通訳案内士試験の存在をしり、日本人としてちゃんと日本のことを紹介できるようになりたいな、と思い、受験を決めました。*英語においては唯一の国家資格です。

が、これ、きわめて大変な試験なのです。

一次試験は

歴史、地理、一般常識、外国語の4科目からなる筆記試験

そのすべての、合格点を取った人だけ

2次試験の面接に進めます 。

今から10年以上前、全言語の最終合格率が10%に届かない超最難関試験でした。

香港でしたので、通信講座を受講して、孤独な受験対策でした。

なんとか一次試験を突破して2次面接。

が、2次対策でお世話になった通訳ガイドの専門学校の担当者に

「そんな面接のガイドラインを大きく外れるような質問をされた人はきいたことありません」

と言われるような、ものすごい追撃にあい撃沈。模擬面接では合格点もらっていたのですが。

そして、日本へ帰国となり、壮絶な単身赴任の7年間を送る中、もう、あれは縁がない試験、と思って記憶の外に追いやっていました。

 

そして上海への赴任で、中国語を習い始め、奇跡的なラッキーでHSK6級が取れてしまった私。その翌年、なんとなく、通訳士試験の要綱をチェックして、一気に目が星に!

 

なんと、その年から、一次の外国語筆記の免除項目にHSK6級が加わったのです。

それまでは中国語検定1級しか免除にならなかったのに、一気にテンションが上がった私。ほんとの力もかえりみずに💦

英語も英検1級をもっていると免除になるので、要は,一次突破のためには、

歴史、地理、一般常識の三科目をやればいいというわけです。

あまりにも考えなしに、HSK6級が免除項目に加わったことがうれしくて、2か国語同時受験に申し込んでしまったのです、本当にバカでした

それを思い立ったときには、もう一次試験までに2か月半ほどしかない状態。ここから一年半にわたる苦悩の受験生生活が始まったわけです。。。。。

release

何かを手に入れたいなら、何かを手放さなければならない

英語Terakoyaです。

えらい、気合の入ったタイトルですが、まさにブログ休止理由はこれでした。

毎日25分ずつ、英語と中国語のオンラインレッスンを始めたあたりまでブログを書いていたと思います。

なんのために_?????

 

 

 

 

 

実は

”日本の国家試験である通訳案内士試験を英語と中国語で同時受験”

という無謀すぎる挑戦をしておりました、身のほど知らずに

”二兎を射るものは一兎をも得ず”ということわざをちゃんと習ったはずなのに、愚かですよね~

 

その二次面接対策をオンラインでしていたのです。

 

一日、各言語25分を毎日欠かさず、40日ほど続けるのは、考える以上に大変でした。

単なる会話練習ではなく、逐次通訳の練習、与えられた時間でスピーチ組み立てを用意し、制限時間内にスピーチし、それに関するQ&Aと、本番同様に、時間は先生に図ってもらいながらの練習だったので

もうそれは苦痛以外の何物でもなかったし、めっちゃプレッシャー

 

面接が終わった後も、まだ英語はレッスン期間が残っていたので、Discussion教材からテーマを選んでやったり、新聞からの記事を題材にdiscussionしたり、と、こちらは本当にたのしかった!

だって、面接で聞かれるのは、まったくしらない質問が飛んできたとしても、

”知らない”

は決して言ってはいけないのです。言ったらその時点で終わり。そして、わからなくて、沈黙しても、その時点で終わりです。

”I don’t know”はダメ、”I’m not sure,”といってとにかく話をつなげる、

中国語であれば”我不知道 ”はダメ、”我不太清楚,。。。。 ”でしょうか。

でも嘘はダメ!だから最後には~といって終わる、という一連の回答の仕方も練習。

だいたい、日本人が思いもしないような質問を先生たちは、外国人観光客そのままにしてくれるので、私は常に窮地

一方ディスカッションは、自分の意見を言うわけで、その答えは自分の中にあるので表現できます。

 

とまあ、苦行すること40日。そんな中で、ブログに気持ちは向かわなかったわけです。

何かほしいものがあるなら、スペースを作らないと入ってこない、といわれる、あれを思い出したのです。

だから、なにか手放さなければ、のブログ休止でした。

 

そして、先日、最終合格発表がありました。

今年は、よりにもよって、近年で最低の合格率の年でもありました。

英語も中国語も面接中に思わぬことが起き、もう、なんたることか!?こんなことってあるの?という状態でした。

結果は。。。

 

実は、私の通訳案内士試験とのかかわりは香港時代にさかのぼるので、まずはそこからストーリーは始まります。

続きはまたj次回😉

 

は、はずかしい、私の。。。

英語Terakoyaです。

最近、オンラインの話題ばかりですが💦(物珍しくって)

英語ではプレゼン内容の発音を直されることはなく、文法的にも間違いないわ~、とスムーズに質問に行くのですが、

中国語となると勝手は違ってきます。(なんせ、大学に2期通っただけで、後は週一レッスンするかしないか、先生の都合で一か月飛ぶのもざら、という環境でしたから)

サイトに”レッスンを録音されるのをお勧めします”と書かれていたけれど、痛感。

凄く直されるのです~😢結構難しぃ単語(日常会話では使わないような語彙)なので、きっちり発音しないと伝わらない。

で、調べて録音できるフリーソフトをダウンロード。そして録音したものをきいてみました。

ひえ~、自分の声を聞くのって、恥ずかしいもんだけど、中国語となると、もっとはずかしい

先生、よくこんなのを、全部聞きとってタイピングしてくれるわ~↓

ピンインを書いてくれて、そうそう、そう発音してるんだけど、と思うんだけど、先生の発音とはちがうのです。だから中国語の録音は必須です💨

日本語を読んでもらって(先生、日本語能力テスト1級✌)、すぐ訳す、ということも少しづつやっているのですが、いやいやこれは難しぃ。

けど、今日は2,3文”没问题!”と直されなかったのもあり、地味にうれしかった♡(もちろん、そういう場合は簡単な文ですが)

自分のとったメモが汚すぎて読めない、というのは、英語の逐次通訳練習をしていた時もそうでしたが、

メモに頼るだけでは危険なので、聞きながら、イメージとして自分の頭に残す、というのも同時にしていかないといけない、と痛感中。

そもそも、完璧に訳すなんてできるはずないんで、概要だけでも、のレベルですから

とにかく25分ですが、これを毎日しているのは大きな積み重ねになる、と信じて続けてみます。

P.S. 先生、日本語できますが、この前、ちょっとほっとしました。

「~のけんぶつ」と読まれたのですが、~の部分と意味的に明らかにつながらないので???と思って、あとで確認すると

「建物」のことでした。すべてが完全すぎる先生だと緊張しますからね。(ちなみに私がスーパー大好きな英語の先生は完璧です💦)

え、これってストーカー行為?

英語Terakoyaです。

毎日オンライン会話。

中国語は同じ先生に毎日担当してもらって、まさにマンツーマン状態。とてもやさしい、穏やかな先生で、ガンガン行くタイプではないです。

中国語でガンガン行かれてもついて行けませんから、これがちょうどいい感じ。予約も1週間先まで押さえれるし、安定~

 

問題は英語の方の予約。

その教えっぷりの良さに、すっかりほれ込んでしまった先生がいます。当然なかなか予約がとれない。

翌日のレッスンは前日にしかアップしない先生。大事なのは、それをいつアップする(( ̄▽ ̄)

こまめにチェックしているのですが、ちょっと目を離したすきに?あっぷしてあるとおもったらすでに全部予約済みに

とういうことで何日かそのパターンをチェック!

そしてついにパターンを解読☆

おそらくこの当たり、と思ってみた時に、ちょうど予定をアップ!!それもまだだれも予約してないアップほやほやの状態!

大急ぎで予約!もちろん、もうコメントなんて書きこみません。(コメント書いていると、その間に予約は埋まります。それにもう3回目だから先生もこちらのやる内容はよく理解してくれていますから必要なし)

見事その日最初のコマをゲット!

ルンルン気分で、帰宅した末っ子に報告

「明日、一番のお気に入りの先生を予約できた~!今までのパターンから、レッスンとレッスンの空きゴマにそれも、次のレッスンが始まる直前にアップするのがわかってきた!」

それをおやつを食べながら聞いていた末っ子が、いつものように冷静に言い放った言葉は

「ストーカーか!」

母「えっ。。。。」

 

でもね、そこまでしてもとりたい先生。

まるで特訓を受けているような感じで、臨場感漂う。飛んでくる質問もほんとうに的を得ているような質問が飛んでくる、本当にためになる。

さらに、指摘も、文法の指摘(sを発音にいれわすれるとかもちろん大事だけど、会話の意味には支障ない部分)、といよりは、もっとそれをうまくいいい表すためのに表現をどんどんだしてくれる。

それも私の話を聞きながら、よりよい表現に速攻その場で超絶タイピング!このわざは、タイピングが超早い長女も真っ青だろう。

もう、他の先生と、全然ちがう鋭さ、私が求めているものをわかっている先生。

レッスン終わると、25分といえどもぐったりなんだけど、

「先生,最高!」とビデオ切った後に、自然と口からでてくるのです♡

そうそう、末っ子に、”ストーカー”といわれていますが、先生は女性ですから、誤解のないように(笑)

けど、男性の先生も受けなければ、と思っているので、この先生が取れない時は試すようにしています。

もう一人のお気に入りの先生も、日本の事をよく知っているので、こちらの知ら無いような情報まで知っていて

「ニュースで見たんだけど~」

と聞いてきたリします。そして、できるだけ、多くをこなそうとしてくれるので、

「じゃ、次いっていい?」と

ガンガン進めてくれます。

二人とも、美しぃ優し気な風貌ですが、実は男前な中身♡私には男前の女性が波長好

少し雑談してくる先生もいるけど、雑談いら無いから

25分の中でできるだけのことをしたい

 

この先生のレッスン前は、より緊張するのですが、それも必要でしょう。

でも、平日しかレッスンしてないといってたから、週末はほかの先生開拓でストーカーもおやすみです(笑)

 

というわけで、今はこの先生のレッスンですので、さっさと用事を済ませて、準備しなければ