口を出さない努力

英語Terakoyaです。

いくつになっても子供のことは心配なもの。

なにか行動を起こそうとするとき、アドバイスを求められれば、アドバイスをします。

でも、口を出すことと、アドバイスをすることは別。

ともすれば、アドバイスが、いつのまにか口を出していた、なんてことになりかねない。

自分なりに色々知らべて得た情報は伝えてみる。

でも、本人の思いがどれだけなのか、もわからないし、そこから先は、本人次第。

とくに今はSNSでやり取りするから、文字だけからは見えてこない部分も多い。

 

けど、つい気になって干渉しそうになる。。。

すると主人に

「ほっとけ!」「やめなさい」

といわれる💦よい抑止力になっています( ̄▽ ̄)

 

アドバイスをしたら、あとは手放さなければいけませんね。

その分、自分のことへ、まわさないと😉

 

あー、いつまでたっても子離れできない私ですね。

しようと思ってできるものでもないと思うし、一生しないかも(笑)

でも、それも自然にまかせたらいいかな。。。

 

だって、”こどもことだけ”しか関心がない、わけではなく

自分のよりたいことはたくさんあるし、日々挑戦していることもあるし。

 

いいんです、無理しなくても∼

ただ、”干渉”にならないように注意注意💨

 

”自分の人生”と”こどもの人生”は、別もの。

成人した彼らには、自分で考えて答えをだし、自分で決めたら、責任を持って行動してほしぃ、それだけですね。

答えに正解も、不正解もないのだから・・・

それを正解にするのも、不正解にするのも自分自身だと思うから・・・

 

みんな、がんばれー!母も、がんばるから♪

うらやましい。。。

英語Terakoyaです。

日本の友人、出張で東京にいくと娘さんの家に泊まります。

だから、出勤するわが子を送りだす、ということができます!

うらやまし~

でも、会社へと出勤していく姿を見送るのって、おもっただけで、胸キュン!としてしまいます。

主人の時にはキュン!なんてしませんが、これがこどもとなると別です😉

上の二人は今まで寮で、親は泊まれなかったのでそれはできなかったのですが、

これからは二人とも寮ではなくなるので、

いつの日か、友人のように、出勤するわが子を送りだすことができる日がやってくるのを楽しみにしています

なんでそんなに仲いいの?

英語Terakoyaです。

長女が、兄弟姉妹の話をすると、友人からよく言われるそうです。

長男とご飯いったり、次男が東京へ行ったら、3人でご飯食べに行ったり、

弟を泊めてやったり、とか話すと

「なんでそんな仲いいの?弟が泊めて、と言ってきてもちょっと考えるわ~」

と言われたりするそうです。。。

 

そんな話を聞きながら

「ほんとね、これ少し前まで、まさかこんな日が来るとはおもわなかったよ」

と私。

香港から帰国して、長い間、長男が荒れていた時期がありました。(家の中だけですよ(笑))

その時期は、みんなご飯を食べたら、ささっと自分の部屋へ行っていましたからね、こんな風に兄弟姉妹が仲良く、それもまわりの人と比べても仲良くなる日がくるとは。

母は本当にうれしい♡

ぁの時の彼の思いを、同じく編入をした長女はわかってくれていたと思うし、その時はまだ小さかった次男も、あれから7年後、自分自身が上海の学校に編入した時に、

「あの頃の○○(長男)の気持ちが今ならわかる」

と知ることになりました。

今は、両親は上海で、日本には二人なので、そんなこともあって、より存在が近くなっているのかも知れません。

そして姉と兄は、アメリカでダイナミックにやっている弟のことも気にかけているようです。

昨日のブログではないですが、

今あるものに目を向けて~もちろん、いまないものでも、自分の頑張りでつかむことができるものならしっかり努力をして~、おかれた場所でそれぞれが咲いてくれるように

私たち両親は遠く上海から見守っていたいと思います。

yoninn
(いまから14年前、最後に家族全員で住んだ香港にて)

お見送りはいつも寂しく、切ない・・・

英語Terakoyaです。

朝イチ、長女と一緒に末っ子の学校バスを見送って、そのまま空港へ。

私はぁの時期色々悩んだり葛藤があったなぁ、と思うのですが、長女もやはりいろいろと感じているようです。

でもそんなことも、人生には必要!

一つ言えるのは

「まだまだ20代、なんだってできるよ!」

 

ということ。

リニューアルされた虹橋空港まで見送り。

この別れ際がいつも本当に寂しくて、切ない。

だからゲートを入っても、当然見えなくなるまで私は後姿を見送っているのですが、それに付き合うかのように

何度も何度も後ろを振り返っては手を振ってくれるその姿を見ていると、泣きそうに

 

先週、次男が帰った時も、空港まで行けないので、タクシーにのせたのですが、

「また、頑張ってくるね!」

といつものように言うのです。

この言葉にもいつも泣きそうになります、胸がキューンとしめつけられそうになって・・・

”頑張ってくる”というのに、とても決意が込められているように感じて。
アメリカの大学の勉強は本当にハードですから。

次男を見送った後に

「お母さん、寂しぃ」

と送ると

「子離れしいや」

と返信

今朝も

「○○(長女)を見送った帰り。寂しぃ」

と送ると

「そんなやったら、お母さん、○○(末っ子)が大学行ったら死ぬんちゃうん?(笑)」

と返信。ホンマやわ・・・・

 

長女はもしかしたら年末も来るかも、といっていましたし、来春には次男のとこへ遊びに行くつもりですし、

また近いうちに会えるんだし、と思うのですが。

 depature

子育てしかないのではなく、自分のやりたいことに向けてなにかしらやっている私ですが、でも、こういう別れ際は、何度経験してもダメですね。

 

さ、寂しがってても仕方ない!

子供たちが来ている間はそれを最優先でしていたので、やらなければならないことが実は山積みなのです!

気持ちを入れ替えて、母も頑張らねば

 

 

 

ホテルガーデンで写真撮影

英語Terakoyaです。

次男来海中に、成人式の記念撮影をホテルの写真館でしました。

自分の結婚式以来、ヘアーメークをしてもらうのでドキドキ。

髪型も一度はしてみたかった夜会巻風。

メークは、初体験てんこ盛りで、アイテープにつけまつげ!

え=!そしてこんなにフルメイクしてくれるの?と心の中で大きく動揺しながらの初体験尽くし(~_~;)

次男は羽織はかま(スーツでも撮る予定だったのに、彼は忘れてきました!何のために、アメリカから日本へ持ちかえり、わざわざ日本からここへ持参したのだ

末っ子は、着物をきて、ヘアメークもしてもらい、別人のようにおしとやかに、上機嫌♡

末っ子、私のヘアメークをみて「わあ、凄いいい!」と言ってくれたのに。。。。

あとからやってきた主人と来たら

「どしたんや、それ、めっちゃおばさんになってるやん。上海マダム、ってかんじやで」

うるさいわ!女子がほめてくれた方が、ほんまじゃい!だまっらっしゃい!

 

そしてまたまた驚くことに、

写真館の関係者の方が、なんと次男の大学のクラスメートの身近な方、というのが前日に判明して、本当によくしてくださり、とても思い出深い素敵な撮影になりました。

ガーデンでも撮影。それぞれの年齢の赤い数字をもって撮影したのですが、数字の赤が緑に映えて、とても良かったですよ

カメラマンの方、腕がよくて、データーを確認したのですが、どれも本当に自然でありながら綺麗にとれていました。

子供たちはもちろん、私も一日、ちょっぴり違う自分になったようで、この夏一番の思い出の一日なりました。
(ずっと上海でしたから)
sejinnsiki2

sejinsiki1

撮影したデータ枚数は500枚近かったのですが、そのデーターも全部いただけるので、とてもありがたいです。
届くのが楽しみです

ホテルオークラ内 LA VIE