family

子供の犠牲になった。。。?

英語Terakoyaです。

お誘いを受けて、半年ぶりに、とってもかわいい30代中国人女子とランチ。

安達祐実似の美貌と透き通るような美肌にいつも見とれてしまいます

 

彼女もママ。色々悩みはありますよね~

私が18年間専業主婦、そのうち7年は単身赴任だったので一人で4人を育てていたことを話すと

「じゃ、その間は子供の犠牲になってた?」

と聞かれました。

犠牲”?なんて一度も思ったことはないよ~、自分が欲しくて産んだし~

我慢”とも思わなかったなぁ~

”あれやりたい””これやりたい”なんて思う余裕がまずなかった

育てるに必死一日一日をなんとか送るのに必死

 

帰国後子供が学校になじめなくてものすごく苦労したり、おお怪我の連続だったりして、本当心が折れる寸前の日々をず~っと過ごしてた、と。

辛い、不安、心配、そんな気持ちしかなくて、心が痛かった。。。。

ぁの頃の私は、深い深い地中にいた、そんな感じです。

”不安は正しい判断を鈍らせるから”

と、頼りにしていた方にずっと言われていたけど、でも不安しかなかった。。。。

 

”じゃ、どうして、心がおれなかったの?”

”こどもの手が離れてきたら、仕事したいと思ってた。だから、やりたいことがすぐできるわけではないけど、そのために必要なこと、その状況でできることが必ずあるから、それが必要なことの100分の一であっても、それをやっていたからかな。

限られた環境で(転勤族なので、両方の親は常に頼れない状況でしたから)、細々とでも、今できることを続けてきた。それが、真っ暗闇の中にいた自分の唯一の、未来につながる支えになってたのは確か。

やりたいことへの一歩を、30代で始めるのと、40代で始めるのでは、やはり違うと思う、30代で始めておいてよかった。

いろんな道があるんだけど、それが今統合されてきてる感じがする”

(幼児たちの子育てに走り回ってたぁの頃から、長い年月が経って、やっと今こう感じています)

 

色々話しこんで、気づくと5時間あっという間!

 

子供の犠牲どころか、子供たちに今だに育ててもらってると思うし、子供の数だけカラフルな人生を送らせてもらっていると思っています。

もちろん、心配はたえませんが😉

そしてその背後には、そうです、一番大事な、主人の支え、大きな心があります

airport

そして、またひとりぼっち。。。

英語Terakoyaです。

年末に飛びあがるほどうれしいことがあり、気持ちがハッピーなまま、年末年始には長女長男が、そしてほとんど日を空けずに、もっともこれは予定外だったのですが、次男もやってきて、まさかの2週間も滞在。

ですのでこの1か月近く私はとてもご機嫌な日々でした。

 

いつもいつも、遊びに来た子供たちを見送るとき、そうなのですが、これは何度やっても変わら無いのですが、

”体に気を付けてがんばってね”

と見送る瞬間、気持ちの中では、手で引き止めたいほど、キューッとなるんです。

もっと一緒にいたい、という母の気持ち。

そして、また仕事へ、留学へと、大変なことも多い場所へ戻っていく子供たちを手元において守りたいような気持ち。

けど子供たちは

「がんばるわ」

「じゃ、行ってくるわ」(これは次男)

と明るくゲートに入っていくのですが、母はいつも、姿が見えなくなるまで背中を追ってしまいます。

そんな私のことを、子供たちはわかっているので、何度も振り返っては手を振ってくれます。

(って書きながら涙でそう、あ、出てきた

見送って、一人帰るときの寂しさ、切なさといったらありません(笑)

 

さらに今回は、

またとない良いお話をいただいて、10日間ほど悩み抜いた末に、お断りのメールをしたのが帰りの地下鉄の中だったので

なんだか気持ちは一気にdown

 

そして帰ると、誰もいない部屋にまた一人。。。。

次男が寝ていたお布団、これから片づけて、またいつもの我が家に戻して、明日からまたいつもの毎日です。

幸いなことにこの週末、色々用事があるので、ぐずぐず言ってはいられません。

 

子供たちがそれぞれの場所で頑張っているのだから、感謝意外、何もないのですから

 

それに、私にはまだ

「ただいま~、おなかすいた~、なんかない?」

と帰ってきてくれる末っ子がいてくれるのですから

 

classroom

最後です

英語Terakoyaです。

3学期です。

末っ子、中学生最後の学期です。

春節もあるのであっという間でしょうし、クラスメートたちは入試のためにみんながそろうことももうないでしょう。

卒業式に出れない子もいるようですし。。。

この上海の地で、出会って、一緒にすごした、というのはどれだけの確率のことでしょう。。。。

そう考えると、縁あって知りあった仲間たち。

皆との残り少ない中学生活を一日、一日、大事に過ごしてほしいなあ、と思います。

 

親の私にとっても、子供の学校に出向いて行事をみたりするのは中学までがメインですし、本当にこれが最後の学期になると思うと、寂しいです。

その時々は、とても大変ですが、後になってみると、子供はあっという間に大きくなります。。。。

皆さん、お子さんとの”今”を大事にしてくださいね。

いずれ自分の元を巣立ち離れていきます。その時に気付くのです。そばに居て、何かしてやれることがどれだけ親としてみたされることかというのを。

3人送りだした今だから言えることです

子供と過ごせる日々を慈しんでくださいね

胸キュンのおもてなし

英語Terakoyaです。

長女、長男が来海中は、ちょうど末っ子の塾はお休み。

とはいっても受験生。

だけど、来てくれる二人に何か自分なりの気持ちを示したかったようで、彼女なりに考えたのが、

「みたらし団子を作る!」

ということ。つい最近、学校の家庭科で作ったところで、しかもおいしくできたようです。

「う~ん、だけど、勉強した方がよくない?」

と私。でもそんなちょっとの間だしね、ということに。

結果,かたさもお味もとてもよい、おいしいみたらし団子ができました!

お姉ちゃんもお兄ちゃんも

「めっちゃおいしい!」

と言ってくれて、末っ子とても嬉しかったようです

私はこの子の、自然に人を思いやったり、それを表現できる、とても気の利く、そして優しいところを尊敬していますみたらし団子

family

念願かなうまでにあと一歩!?

英語Terakoyaです。

お正月、長男長女が来海で、ひさびさに5人のにぎやかな我が家でした。

*次男、たぶん、エクアドルあたりで年越し

こちらのひとって、よく言えば、他人のことを気にしない、

つまり、反対の言い方をすれば

他人の迷惑も考えない

の傾向がありかと。。。

 

たとえば、道を4,5人でも横になって歩いたりするわけです。

そうすると、ぬかしたくてもぬかせない、というジレンマに陥る。。。

「ほんま、邪魔やなあ。うちなんか家族全員揃ったら負けへんし」

と以前主人がつぶやくのを私は聞き逃しませんでしたよ

 

Gメン(世代がわかる💦)のように6人で横に並んで歩く、。。。

なんていうことは実際できませんが、今回は5人までそろいましたからね

 

次はみんなで会えるのいつかなあ、夏かなあ~

が、次男の夏休みの予定はまだ未定なのです。

上海なのか、関西なのか、東京なのか、はたまたまたどっかの国なのか・・・・

 

一番おとなしくで控えめすぎて心配だった子が、今やひものきれた凧のようにどこかへ飛んで行ってしまっている状態です。

みなさん、子供が、将来、どんなふうにかわっていくかなんて、まったく想像できませんからね😉