interview

インタビュー

英語Terakoyaです。

末っ子、夏休みの課題に、自分がなりたい職業のひとにインタビュー、というのがありました。

ただまわりにその職業のひとがいなくて、同じような職業、ということで(同じではないと思いますが、大学での学部は同じかな?)

助産婦の友人にラインでインタビューさせてもらいました!

彼女とは香港に行きたての頃からのお付き合い。当時5か月の末っ子を連れて渡航。
(本当は生後一か月で渡航しましたが。SARSの蔓延で一週間後に家族強制帰国命令が出て再度出なおしたわけです)

そうそうに乳腺炎になってどうしよう、と思っていた時に、たまたまバスストップで一緒のお母さまから紹介していただいたのが彼女でした。

”初めまして”の時が、マッサージだったので、最初から裸のつきあい

本当に素敵な方で、私、大好き!お互いひどく共感できる間柄

帰任した場所も違うし、私はまたこちら、ということで会うことはほとんどないし、連絡もたま~にしかしないけど

それでも、会えば、時間も場所も超えたかわらぬ会話ができる方。

 

そんな彼女からのインタビューの返信は

*日本はお盆休みということで、ラインで都合のいい時に返信してもらいました

200%の内容の返信感激!

彼女が、仕事に誇りをもって臨んでいるのもよ~くわかりました。

そして、高校生の今しておくといいこと、というアドバイスは本当に本人にすぐにひびいたのではないかとおもいます。

 

本当にありがとう!

”こんな完璧なインタビューもらえてるひと、いないかも!”

と末っ子もめちゃくちゃ感激

 

彼女のインタビューを見ながら、やはり特別なスキルを持っておくことの大切さ、スキルと経験をつんでいたからこそ、

ながい駐在帯同期間を経ても、これだけの任務をまかせてもらえる仕事ができるんですよね。

”そこに自分のサポートを必要としている人がいる”

という思いが原動力になっているのだとと思います。

個人の置かれている状況があまりにも格差があり、多様化しているために、病院側でサポートする側も、色々な方面から、色々な知識を駆使して、様々なところと連携して、対処していかねばならないようで

いやあ、この仕事は、絶対にAIにもっていかれることはないです。

尊敬です!

 

次会った時は、彼女からじかに色々聞けるといいねえ

そのお願いも快諾してくれました、本当にありがとう!

summer

三か国語は当たり前!

 

英語Terakoyaです。

最近、私の周りはハイスペックな方々が多くて(~_~;)

国際結婚だと、両親の言語、プラス 英語、だったり、中国語だったり、

ここはアジアなのに、三か国語が当たり前

 

ほら、欧米だと、三か国語どころか、5,6か国語、というのも珍しくないらしいけど、いやはや、すごいわ~

うち、このままではあかんやん、と変な錯覚してしまいそうです。。。。

(ま、そもそもめざしている次元が最初から違うので、他人事とおもっておけばよいのですが(笑))

 

あかんやん、といってもどうにもできないのですが、

高校生活、一学期があまりに行事が詰まっていて、通学になれるのも、とかいっているうちに、野放しのまま、一学期が終わってしまっとことを反省した次第です。

 

というわけで、夏は、ちょっと手入れ?をしようと思います

問題なのは、私の気力がもつか、というとこですが。

(自分もやらねばならないことが山積みなので、ついついそっちに気がいってしまう。。。)

が、私の未来より、これから先のながい末っ子の未来の方が大事なのですから、

残りひとりの子供、ちゃんとみてやらねばならない、と自分に言い聞かせます

(上の子たちに教えたことは皆無なので初志貫徹できる自信が。。。。ないかも

BMI とIBM

英語Terakoyaです。

主人と、年末の家族旅行の話をしていた時のこと。

(11年ぶりなので、夫婦してとっても楽しみ

「そうやなあ、それまでにBMIが標準にならないと参加禁止にするか?」

え、長女次女は大丈夫として、

子豚注意報発令中の我が家の坊主二人ピンチ!

そして、

「あいつらの身長やと何キロが標準や」

というので、

「そんな、ネットで調べたらでてくるよ」

と私。

するとすぐしらべだす主人

「長男182cm,次男176cmぐらいよ」

と私。

そして、その画面を、ファミリーチャットへ送信した!

すると、すぐに坊主たち反応

「毎日走って、落ちてきてるから、年末まで余裕!」

と長男

「(主人が想定していれた体重に対し)そんなにないし」

と次男。

二人とも、夜走っているようです。

そもそも走っている動機も違い

長男は、サッカーをやめて筋肉が脂肪に変わり、入社してからはおっちゃんたちに

のめやくえや、と飲み会で無理やり勧められ、

社会人サッカーも始めてさすがにやばい、と走っています。

次男は、アメリカ大学生活まだ半分あるので、ここらでどうにかしとかねば、というのと

8月トランジットで上海に一泊する時に、大好きなものをおなかいっぱい食べれるように、

という理由。(そもそもここからして発想がデブ!)

 

主人がいきなり、BMIの画面を送ったので

「旅行までに標準BMIになれだって」

と送りました。

するとすぐに

「BMIだよ」

と長男。?と思って自分の送信をみると

“IBM”

となっているではないか?大爆笑!

 

とにかく、末っ子から

「二人とも昔はイケメンだったのに、今は恥ずかしくて友達に

会わせられない」

と、もう言わせないようにしてほしいと思う母でした。

 

年末は元に戻った姿で😉

49B6D2F7-E0A7-4B36-A858-377E19EDE424

長女VS次女 1


英語Terakoyaです。

長男VS次男があったら、女子版も!?

ところが・・・

三つ違いの坊主と違って、この二人は10歳違い

数年前までは、子供と大人、ぐらいな違いで、比較することすら無理。

 

末っ子も高校生になったので敢えて考えてみました(笑)

坊主二人が180度違う対照的な二人なのに比べて、

女子二人は、年齢の差、ということを外しても、全く違う二人。

ただそれは男子二人が正反対なのとは、また違います。

 

まず長女

小さい頃は、なんでもひとにゆずってしまうような、

こちらがみていて、”もう少し前に出たらいいのに”と

いつももどかしく思うほどの

おとなしい子。

(そうはいっても、私も小学生の頃は、そういう子だったので、人のことは

いえませんがね)

第一子ということもあって、私も新米ママで余裕なく、

自分の理想を押し付けて(笑)いたところもあり、

彼女もそれにこたえ、優等生的。

でも自分の意見は言えない。。。

が、彼女が、変わることになったきっかけが、小学校低学年で起こった!

 

同じクラスの後ろの席の子が、かなりの意地悪で、

朝学校に行ったら、

「これ、ランドセルから出して、机にいれて!」

と命令してきたそう。

「なんで?」

と聞くと

「それはあなたの仕事だから」

といった!はあ~???

小学校一年、入学早々、こんなこと言う子いるのか?

もちろん、辛くて、怖くて、(たぶん)泣きながらそのことを話してきたと思います。

 

その時に、

”自分がまちがってないなら、ちゃんと自分の意見を言えないといけない。

そうしないと、自分が困る場面がこの先たくさん出てくるから。

ちゃんとそれを言える勇気を持ちなさい”

と話したのを覚えています。

 

それでも怖いので、不安がる長女に、

友達にも一緒に言ってもらうことを提案して、何とか相手には伝えたようでした。

 

と、書いていると、その時に、腹立たしさや、私自身も

この先の長女のことに漠然とした不安を抱いた、あの時の気持ちがよみがえってきます。

もう、19年前ですが。。。

 

そして、その時以来、彼女は変わり始めました。。。。

もちろん、何かあるたびに、私も声掛けをしていきましたが、

それを行動に出すか出さないかは、彼女自身ですからね。

 

小学校高学年、中学、とどんどん積極的になっていきました。

が、、、

 

やはり、子供というものは、どこかで変わってくるもので、また次なる

変貌期を迎えました。

 

と長くなったのでまた続きは今度

brothers

長男 VS 次男

 

英語Terakoyaです。

我が家の坊主二人は正反対。年とともに顔は似てきたけれど(笑)

まず長男

小さい頃からとにかく腕白!幼稚園の先生から

「腕白四天王(あと三人いたんです、同じようなこが)」と

呼ばれていました。

ほら、棒きれ振りまわして”探検!”とかやってる小僧ですよ!

小学校のある日の下校時、余りに帰ってこないので、逆走して迎えにいくと、

向こうから、骨のおれた傘の上に長靴をつきさして、つまり、片方ははだしのままあるいてくる、なんとも、ワイルドな子がいるではありませんか!

はい、そいつです!(すでに、その時、入学3か月目で、傘を6本ほどダメにしていました。だって、友達ママが

「この前、帰りに用水路で、傘使ってザリガニすくいしてたよー!」と教えてくれましたもん

そしてとにかくサッカー大好きな小僧が、そのママ大人になった感じ

サッカーだけは、本当に、どれだけひどいけがをしても、後遺症が残ってまでも頑張り抜きました。

が、人間、全部全力投球は無理?なのか・・・・

当然?、

勉強は大きらい!いつも、無駄だと知りながら

「勉強しなさい!」と言い続けてきた。。。。。

大学4年生まで38単位も残して、最後までハラハラさせてもらいました。

卒業式2週間前に、無事卒業が決まった時に、

「いつもいつも崖っぷち、生きた心地がしない」

という私に

「崖っぷちで生きてやる!」

と謎の言葉を吐いたやつです

 

一方、次男

小さい頃からハム太郎で遊んでた(笑)たしかあれは長女にかったんだけど長女はこれまた、りかちゃん人形や、シルバニアではほとんど遊ばず

次男がシルバニアで遊んでいた気がします。

(我が家、基本的に、女子二人のほうが男前ですから

長男と同じサッカーチームに入れてみましたが、そんな人にぶつかりながら先に進むんなんてできない子、

相手を大きくよけて前に行こうとするものだから、コーチからおこられる

足は速いけど、性格がまったくあってなくて、やめました。そして、水泳や陸上で活躍

次男には一度も勉強しなさい、や、ピアノの練習しなさいといったことがありません。

あ、我が家は4人共ピアノをやっていたので、つまり腕白小僧の長男もやっていたのです。当然、「練習しなさい!」と言い続けてました(~_~;)

次男は、こんなに、なんもいうことがないなんてかえって心配だ、とおもっていたほどでした。

 

10代は、挫折だらけだった長男と、挫折はほぼない(上海の高校に編入するのに苦労はしましたが)次男

 

そのままいくと思いきや・・・・それじゃ、人生面白くありませんよね

続きはまた今度