華麗なる❓私の役員遍歴

英語Terakoyaです。

私、くじ運最強なんです、それは代理くじを引いてもらっても衰えることはありません

香港にいる間は、末っ子が乳幼児ということで免除でした。

さらに、長女、次男は中高一貫だったので、どちらも小学部からあがってくるやる気ある方方が、知ら無いうちにひきうけてくださっているので、そこもやらずに済みました。

今回の役員で、いよいよ終わりだと思うので、振り返ってみました。私の役員履歴(笑)

 

(4人分混ぜてます)

幼稚園―副会長

*常に下の子がいたので、免除の時も多かったのですが・・・

小学校―学童副会長、学級委員長、人権∼部部長、登校班の長

中学校―バス委員

高校ーサッカー部の役員+α

長がついていないのはバス委員ぐらいだったかな、よくもよくも、これだけ引き当ててきた、でもまだあったような気もするけど。。。もはや、年月たち過ぎて、正確には思いだせない状態(笑)

長女が入園してから22年、学校役員、ようやってきたと思います。

自分にお疲れ様、といってやりたいです

次回は、今思うことについてー

JKの会話って。。。

英語Terakoyaです。

あれはまだ奈良で子供達4人と暮らしていた頃のこと。

彼らの会話の中にしばしば出てくる”JK”

「JKって何?」

と聞いたら

「えー、知らんの?」

確か今から10年ほど前です、長女がJKだった頃なので。

 

それからも若者の間では次々と新しい言葉が生み出され、おばちゃん、キャッチアップするの精一杯

 

洗濯物をたたみながら、

「うん?なんかこればかり履いてるけど、新しいパンツ何枚もあるよね?こんな伸びてるのはかなくても」

と思い、末っ子に聞いてみた。そしたら

「PKやし」

は?サッカーのPKではないのは文脈からしてわかるとして???

*こんなこと書いたらあかんでブログのお品が下がる、と末っ子に注意されたのですが笑「P=パ△△、K=〇〇〇〇」です

「みんな学校で言ってるもん、”あ、PKきた!”って」

だそうです。なんかその様子が頭に浮かんできて笑ってしまいましたが。

 

JKは楽しい時代ですもんね

 

しかし、

あんなにたくさん新しいのあるのに、PKで履かない、って勿体無いやん!

ほら、またそうやってマンゴーシェイクやらタピオカミルクティー飲むからやろ

苦しい時、あなたならどうする?

英語Terakoyaです。

我が家の上の二人は社会人。

そして次男もこの夏は、インターンシップで、ちょっと”会社で働く”ということを経験。(いやいや、それはもう大変でしたよ、しばらく

そんな3人の会社での、色々なことのとらえ方や、それにどう対処するのか、など当然ですが、それぞれ違うんですよね。

気持ちをこのように持っていこう、と思っても、なかなかそんなすぐにうまくできないですよね。

するとストレスもたまる。。。

行動をとるのも、時期というのもあるので、すぐに、というのもむずかしいこともある。

結果、いかにうまくストレスと向き合い、それを解消していくか、というのがかなめになると思うのです。

 

そんな3人の中で、いつも一番崖っぷちでいつもいつも手を焼かされた長男が,意外にも”ストレス解消”をうまくやっている感じです。。。

ずっとサッカーをやってたたかれ続け、ストレス耐性はかなり高い(私と一緒で人の分まで怒られるタイプなんで、なおさら

*彼を見ていると、企業が体育会を好む理由もわかります(笑)かくいうわたしもそうでしたし、主人もそうですし

サッカーは、ぶつかられたりしたときに、大げさにいたがってみる、みたいな演技?も必要?なので、演技力もあるかと ま、それは冗談として。。。

どこで役に立つかわかりませんよね(笑)

仕事は、新規開拓営業なのでかなりきつい!

まわりからも「辛くない?」といわれるとか。。。。

 

が、週末社会人サッカーをやって、うま~く発散しているようです。

そのために、平日は夜走ったり。

 

この前、学校にいくのがつらいこと、の話をしたときに、どう思う?ときいたら

(末っ子ではありませんよ、彼女は元気に通学してます(笑)、彼が日本帰国後の中学時代、学校にいくのいやだったので))

「今だに、学校の勉強が必要かといったら、そうは思わない。基礎があればそれでいいと。(勉強嫌いだから言い訳です

社会で必要なことはすべてサッカーから学んだ

と啖呵を切りましたよ、彼は!

そうよね、あなたの中高時代は、本当に色々ありすぎて、お母さんもすり減って、ぼろ雑巾みたいになってたもの。。。でもいま、社会人となって

朝もちゃんと一人でおきて遅刻することなく、やめることなく、会社に勤めている、

ぁの頃を思ったら、それだけでも夢のようですもの

 

つらい経験は、その先で必ず自分の身を助けれくれます

辛い経験は、自分がステージアップするのに必要だからおこってくるのだと思います。

その時はわからなくて、後から振り返ると、そうなっているものです。

 

だから・・・

 

わが子達には、それぞれ、自分のやり方で、歩んでいってほしいと願います。

私たち両親は、それを見守り、ときに、話を聞いてあげることぐらいなんですよね、もうできることは。

でもいつでも子供たちの一番の応援団であることにはかわりないので(私はうるさすぎていやがられるほどです)、困ったらいつでも頼ってきて欲しぃ。

子供が幼いころと比べて、してやれることは本当になくなって。。。

だからこそ、心配性の私には、ほかに打ち込むことがあることは、自分のためにも必要なんです。

 

この夏は、そんなことを強く感じています。

今年の上海は去年の42度続きと比べるとましですが、日本は猛暑でした。

 

夏の疲れを出さないように、健康管理に気を付けてやっていってほしいと、願います。

 
いつもお読みいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村

社内ムービーに出る

英語Terakoyaです。

長男、

「今度社内ムービーに出るし。この前撮影があった」

え??なんで?

「入社1〜3年目までで、これは、という人が出る」

え?あんたが?????ほんまかいな?

「どういうことで出るの?」(怖いなあ〜by 母)

 

一年目から新規開拓をやっている、ということで、らしい。

何を語ったのか見たいもんだけど

「無理だよ、社内ムービーの配信だから」

と言われる。

 

まあ、なんでもいいよ、頑張ってるみたいだし

いつもお読みいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村

interview

インタビュー

英語Terakoyaです。

末っ子、夏休みの課題に、自分がなりたい職業のひとにインタビュー、というのがありました。

ただまわりにその職業のひとがいなくて、同じような職業、ということで(同じではないと思いますが、大学での学部は同じかな?)

助産婦の友人にラインでインタビューさせてもらいました!

彼女とは香港に行きたての頃からのお付き合い。当時5か月の末っ子を連れて渡航。
(本当は生後一か月で渡航しましたが。SARSの蔓延で一週間後に家族強制帰国命令が出て再度出なおしたわけです)

そうそうに乳腺炎になってどうしよう、と思っていた時に、たまたまバスストップで一緒のお母さまから紹介していただいたのが彼女でした。

”初めまして”の時が、マッサージだったので、最初から裸のつきあい

本当に素敵な方で、私、大好き!お互いひどく共感できる間柄

帰任した場所も違うし、私はまたこちら、ということで会うことはほとんどないし、連絡もたま~にしかしないけど

それでも、会えば、時間も場所も超えたかわらぬ会話ができる方。

 

そんな彼女からのインタビューの返信は

*日本はお盆休みということで、ラインで都合のいい時に返信してもらいました

200%の内容の返信感激!

彼女が、仕事に誇りをもって臨んでいるのもよ~くわかりました。

そして、高校生の今しておくといいこと、というアドバイスは本当に本人にすぐにひびいたのではないかとおもいます。

 

本当にありがとう!

”こんな完璧なインタビューもらえてるひと、いないかも!”

と末っ子もめちゃくちゃ感激

 

彼女のインタビューを見ながら、やはり特別なスキルを持っておくことの大切さ、スキルと経験をつんでいたからこそ、

ながい駐在帯同期間を経ても、これだけの任務をまかせてもらえる仕事ができるんですよね。

”そこに自分のサポートを必要としている人がいる”

という思いが原動力になっているのだとと思います。

個人の置かれている状況があまりにも格差があり、多様化しているために、病院側でサポートする側も、色々な方面から、色々な知識を駆使して、様々なところと連携して、対処していかねばならないようで

いやあ、この仕事は、絶対にAIにもっていかれることはないです。

尊敬です!

 

次会った時は、彼女からじかに色々聞けるといいねえ

そのお願いも快諾してくれました、本当にありがとう!